K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

定期保険の活用法(コンバージョン)〜その2「保険期間延長」

公開日: : 最終更新日:2017/01/03 保険用語・基礎, 保険の基礎, ライフプランニング

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は「定期保険の活用法(コンバージョン)」についてお話しようと思います。

この「定期保険」の活用法は全部で3種類の方法をご紹介しますが、今日は2つ目の「保険期間延長」です。

*「コンバージョン」とは?

*定期保険の活用法(コンバージョン)〜その1「変換」

*定期保険の活用法(コンバージョン)〜その3「保険期間短縮」

 

ではまず簡単に「定期保険」についておさらいしておきましょう。

定期保険

 定期保険は字の通り「期日に定まりのある保険」というもので、保険期間を10年間、20年間という期間で定める年満了と、60歳、65歳など終了する年齢を定める歳満了があり、歳満了の中には98歳とか100歳まで保障する長期定期保険と呼ばれる定期保険もあります。

では具体的に30歳の男性が保険金1,000万円の定期保険に60歳まで加入する場合の保険内容を詳しくみてみましょう。この場合、30歳から60歳までの保険期間中に死亡した場合に1,000万円の保険金が支払われますが、60歳を過ぎると保障は無くなります。

定期保険図

次にこの保険の保険料支払いと解約返戻金について見てみましょう。下記のように定期保険の仕組みでは保険期間の途中で解約返戻金は少しありますが、保険期間終了時にはゼロになります。このため定期保険は他の種類の保険と同額の保障額を得ようとした場合に割安で、一般に「掛け捨て」と呼ばれています。

定期メリット表

 

保険期間延長

このように「定期保険」では契約当初、年または歳で期日を定めているのですが、長い人生何があるかなんてその時点ではわかりませんよね?契約から何年、また何十年もすれば、ライフサイクルも変わり「やっぱりもう少し保障を長くしておきたいなぁ」と思うようになるかもしれません。または、60歳満期の定期保険に加入していた方が、59歳で「がん」になってしまい余命1年と宣告されたとします。もし60歳までに亡くなれば遺族は保険金を受取ることが出来ますが、もし宣告から1年以上生き延びた場合、保険は60歳の契約応当日で消滅していますので遺族は1円たりとも保険金を受取ることはありません。ところが、59歳で「がん」の方が加入できる保険などありません。このように、もし病気などとなると、新たに保険加入出来なくなってしまいますが、この「変換」の制度を使うことで現契約の保険金額以下の保険金額であれば無審査・無告知で「保険期間の延長」をすることが出来ます。(保険金額を減らして延長する場合は、一部解約をしてから同額の保険金額で期間延長となります)

 

イメージ

30歳の時に60歳満了の定期保険に加入し、50歳の時に100歳定期保険に「保険期間延長」

延長定期保険

Point

・保険料は契約時の被保険者の年齢で再計算されます(上記であれば30歳の時の100歳定期保険の保険料が50歳からの保険料となります)

・元の契約と期間延長後の責任準備金の差額を一括で清算(追徴)する必要があります。

・元の契約を健康体料率などで契約していた場合、変更後はそれらの割引がされません

・概ね、元の契約期間満了2年前であれば期間延長が出来ます(各保険会社により取扱は異なります)

・保険会社によって保険期間延長できる会社と出来ない会社があります(外資系、損保系子会社の多くが可)

・その他、払済、特別条件付契約、保険料免除特約が適用されているなど、各社規定により延長できない場合があります。

 

ライスサイクルなどに応じて柔軟に対応できる制度ですね

*http://海外生命保険相談.com/domestic/

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

生前贈与〜その1「必要性と非課税枠」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日から数回に渡り『生前贈与』についてお話したいと思い

記事を読む

「お〜い、みんなぁ大丈夫ですかぁ〜?」金融資産なし世帯30.9%(2016年 家計の金融行動に関する世論調査)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「家計の金融行動に関する世論調査 2016年結果

記事を読む

「払込猶予期間」「自動振替貸付」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「払込猶予期間」「自動振替貸付」についてお話した

記事を読む

金融庁発表の金融レポート『貯蓄から資産形成へ』

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、金融庁発表の『金融レポート』についてお話したい

記事を読む

「更新」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「更新」について簡単にご説明したいと思い

記事を読む

『インフレ率は0%』と設定している皆さんへ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「インフレ」についてお話していきたいと思います。

記事を読む

公務員定年、65歳へ延長 年金開始引き上げに対応@朝日新聞

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『年金開始引き上げ』についてお話したいと思います

記事を読む

「生活設計に関するデータ」〜生活編①【貯蓄・育児出産】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 私はこれまで多くの方の保険の見直しや相談を頂き

記事を読む

「老後」について〜その2【老後の実際】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日も引き続き“老後”をテーマにしたお話し〜その2です

記事を読む

年金不安な割には準備している人が少ない?「生命保険の意識調査と実態」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「生命保険の意識調査と実態」についてお話

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑