オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

「住宅ローン」「保険」・・・固定のものが良いか?変動のものが良いか?

公開日: : ライフプランニング, 裏話

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。

今日「確定・固定のもの」「不確定・変動なもの」についての考え方についてお話をしたいと思います。

 

保険相談の中には「住宅ローン」に関する質問に及ぶこともよくあります。

保険の加入や見直しのタイミングのビッグ3が「結構」「出産」「マイホーム」だからです。

で、よく質問されるのが

「住宅ローンの変動金利と固定金利、どっちが良いでしょう?(得でしょう?)」

「わかりません」

それぞれにメリット・デメリットがあり、どっちかが明らかに”お得”なら皆さんそれを選ばれ、とっくにどちらかの商品はなくなってるでしょうね。

ですので皆さん、住宅ローンに関しては「固定のもの」か、「変動なもの」かに頭を悩ましているわけですが、結果的には「どちらが得で、どちらが損か」は15年〜35年すべてローンを支払ってみないとわからないんです。

 

では次に「保険」です。

保険の場合、例えば

「100支払って25年後に120になるもの」

「100支払って25年後に200になるかもしれないけど、50になるかもしれないもの」

となると、住宅ローンの時よりも割りと簡単に答えを出します。かなり多くが「100を支払って25年後に120になるもの」を選ぶ傾向にあります。

これは何故か?

「100支払って25年後に120になるもの」は”損はしてない”と、考えるからです。

これは日本人の金融リテラシーの低さを見ればよく分かりますが、多くの皆さんの考えの中に「インフレ」という概念が無いためです。インフレ率にもよりますが、仮にインフレ率が2%であれば、20年後には最低でも30%、30年後には45%以上くらい増えていなければ実質、元本割れです。

*日本人の「金融リテラシー」

 

実は私達の日常にある値段というものは「不確実、不確定」なものばかりです。

例えば「ガソリン代」

車に普段乗られる方はよ〜くご存知だと思います。

次に「食べ物」

毎日の野菜などの価格は主婦の方は詳しくお分かりになるのではないでしょうか?

これらの「不確実、不確定」はどうしようもありませんから、受入れる他ないですね。

原油価格を皆さんがどうこうしようがありませんし、食べ物の豊作や不作、つまりお天気をどうもしようもありません。

金利もそうです。皆さんがどうにもしようがありません。日銀のゼロ金利政策をどうにもしようがありません(あなたが総裁になったら話は別ですが…笑)

 

ですから、私たちはその時その時によっって臨機応変に、またその時の市場や情勢や、広くは世の中の流れの中で価格変動というものを受け入れながら対応するしかないんです。

かと言って、「すべて変動・不確定なものが良く、固定・確定のものが良くない」という短絡的な話ではなくバランスです。皆さんの試算や収入などを含む生活水準などによってもその選択肢は変わってきます。

特に「保険」という商品においては圧倒的に確定のものを好む傾向にありますが、この考えはぜひ変えるようにして下さい。これは、長らく続いたデフレ経済によって”インフレで負けた”経験を持っている方がほとんどいないためであると私は考えています。恐らく、このブログをお読み頂いている皆さんの両親や祖父の時代の人達はインフレを経験しているはずですから、お聞きになってみるのも良いかもしれませんね。

保険もバランスが大切です。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

”保険は保険・貯蓄は貯蓄” なぜ「ユニット・リンク」や「バリアブルライフ」に加入してはいけないのか?【保険は貯蓄も兼ねません】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は、なぜ「ユニット・リンク」に加入してはいけない

記事を読む

『インフレ率は0%』と設定している皆さんへ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「インフレ」についてお話していきたいと思います。

記事を読む

ある保険セールスの方との雑談「三大疾病保険」どの商品をススメる?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「三大疾病保障保険」のお話し・・・と、いうより保

記事を読む

アクサ生命「ユニット・リンク」の契約理由・第1位【老後資金】・第2位【学資資金】〜それ入っちゃダメです

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日はアクサ生命「ユニット・リンク」の契約理由第1位

記事を読む

プレジデント『保険は3月までに入らないと損をする』@何をアホなことを。。。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はプレジデントオンラインの記事『保険は3月までに入

記事を読む

苦情はここへ”Go”〜「金融ADR(Alternative Dispute Resolution)制度」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日のテーマは、「金融ADR(Alternative

記事を読む

「確定拠出年金(401K)」の税効果を利用した「海外積立年金プラン」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「確定拠出年金(401K)」の税効果を利用した

記事を読む

「預金金利しか受取っていない人」「信じれるのは預貯金のみの人」の末路

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日「預金金利しか受取っていない人」「信じれるのは預

記事を読む

”保険大好き日本人”の保険加入率が低下

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は日本の保険加入率低下に関するお話です。 

記事を読む

娘さんを「東洋英和女学院」に通わせるといくらかかる?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日も引き続き具体的な教育資金についてお話。

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑