ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

「生活設計に関するデータ」〜介護編【各種データ・費用】

公開日: : ライフプランニング

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

シリーズ「生活設計に関するデータ」

今日は最後に介護編です。

 

介護にかかわるデータ

・介護が必要となった主な原因

スクリーンショット 2015-08-18 14.42.16

*出典:厚生労働省「平成25年 国民生活基礎調査の概況」

 

・介護期間

スクリーンショット 2015-08-18 14.42.32

*出典:公益財団法人生命保険文化センター「平成24年度 生命保険に関する全国実態調査」

 

・自分の介護に対する不安の内容

スクリーンショット 2015-08-18 14.42.57

*出典:公益財団法人生命保険文化センター「平成25年度 生活保障に関する調査」

 

・要介護状態になった場合の経済的備え

スクリーンショット 2015-08-18 14.43.14

*出典:公益財団法人生命保険文化センター「平成24年度 生命保険に関する全国実態調査」

多くの方が・・・不安だけど準備はしていない

 

介護にかかわる費用

世帯主が要介護状態となり、収入が無くなったり、減ったりしても支出額は減りません。

・世帯主が就労不能となった場合に必要な世帯主年齢別生活資金月額

スクリーンショット 2015-08-18 14.43.37

*出典:公益財団法人生命保険文化センター「平成24年度 生命保険に関する全国実態調査」

 

・どのくらいの費用が必要?

スクリーンショット 2015-08-18 14.43.55

*出典:公益財団法人生命保険文化センター「2014年8月作成 介護保障ガイド」

 

・介護保険はどんな保険?

公的介護保険制度では40歳未満は保険適用外です。また、40歳以上65歳未満でも交通事故や転倒などが原因で要介護状態になった場合は給付は受けることができません。

スクリーンショット 2015-08-18 15.08.57

 

 

・要介護度の区分と支給限度月額(在宅の場合)利用できるサービスの目安

スクリーンショット 2015-08-18 15.09.25

*出典:公益財団法人生命保険文化センター「2014年2月改定 定年GO」

 

・高額介護サービス費

公的介護保険で利用できるサービスは、要介護に応じた1ヶ月あたりの利用限度額が設定されています。サービス利用料の1割は自己負担ですが、自己負担額(世帯合計額)が所得に応じて定められた上限額(15,000〜37,200円)を超えた場合は超えた額が申請により支給されます。

 

・高額医療・高額介護合算制度

世帯内で同一の公的医療保険に加入している方で、公的医療保険と公的介護保険の両方の自己負担額(高額療養費および高額介護サービス費の給付を受ける場合には、その額を除く)を合算し、一定の限度額を超えた場合に、その超えた金額が給付されます。

 

さて、シリーズ「生活設計に関するデータ」いかがでしたか?

生活・万一・老後・医療・介護の5つに分けてご紹介してきましたが、こうして改めて数字にすることより、具体的にどの部分にリスクを感じ、またどの部分にプライオリティをおいて保険に加入するべきか等の目安になったのではないでしょうか?

保険は確率論で加入するものではありませんが、こうした数字も参考にしながら、皆さんが本当に必要なものをムダのないよう「保険」という商品を利用して下さい。

[直接相談]

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

「老後」について~その5【日本の個人年金保険で用意するには?】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日も引き続き“老後”をテーマにしたお話し〜その5、今

記事を読む

保険セールスから「保険に入らないほうが良い」という選択肢を提案されていますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日のテーマは「そもそも保険加入の必要性がない」という

記事を読む

シリーズ資産形成 【第4回】分散について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 「資産形成」4回目の最後は「分散について」です

記事を読む

公務員定年、65歳へ延長 年金開始引き上げに対応@朝日新聞

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『年金開始引き上げ』についてお話したいと思います

記事を読む

「老後」について〜その2【老後の実際】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日も引き続き“老後”をテーマにしたお話し〜その2です

記事を読む

「インターナショナルスクール」に通わせるといくらかかる?

あなたの生命保険を無料診断(所要3分) ↓↓↓   皆さんこんにち

記事を読む

「貯蓄」は全ての”万能薬”

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「貯蓄はすべての万能薬」についてお話したいと思い

記事を読む

積立期間中に毎月「円高が進み続けたら?」「円安が進み続けたら?」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は積立期間中に毎月「円高が進み続けたら?」「円安が

記事を読む

「生活設計に関するデータ」〜生活編②【教育・結婚・マイホーム】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 シリーズ「生活設計に関するデータ」 今日は生

記事を読む

「子どもNISA(ジュニアNISA)」は学資保険の代わりになるか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は「子どもNISA」についてお話したいと思

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑