K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

ぶっちゃけ、セールスレディの人って”あんな商品”を正気で売ってるの?

公開日: : 最終更新日:2016/07/31 裏話

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日はちょっと裏話をしてみようかと。。。

 

先日、某外資系保険会社の方とお話する機会がありました。その方は、直接保険をセールスすのではなく、保険代理店などのセールスをサポートしたり、まだ取扱のない代理店に対し、新たに自社も取扱ってもらうような代理店新規開拓の仕事をしている男性社員で、業界では「ソリシター」と言います。

実はこの方、以前は某国内大手生命保険会社の幹部職員として働いていたそうで、当時は新人のセールスレディの研修や、セールスレディと同行し営業などもしていたそう。

で、聞いてみました。

「ぶっちゃけ、セールスレディの人って”あんな商品”を正気で売ってるの?」

(”あんな商品”とは私の個人的見解です)

 

彼は笑いながら答えました「人によるんですよ、でも3つか、4つくらいのパターンですかねぇ。。。」

1.)他社の商品など良く知らず”保険とはだいたいどこもこんなもんだ”と思って売ってる

彼いわく、新人研修ではわざわざデメリットになるような他社との比較なんて教えないそうです。だから、良い商品か悪い商品かもわかってないで販売している人がこのパターン。

 

2.)”良くない商品”とわかっていても生活(お金)のために売ってる

ある程度キャリアを積めば、自ずと他社との違いはわかってきます。どんなに良くない商品だったとしても、それはそれで”商売”と割りきって販売する人がこのパターン。

 

3.)”こんな商品”さすがに個人客には売れないと、法人営業だけしている

やぱり”こんな商品”と気付いてしまい、良心の呵責を感じて個人客には販売できないと思う人がこのパターン。で、法人商品だけ販売する人がいたそうです。確かに法人向けの商品、例えば総合福祉団体定期、逓増定期などでは一定の競争力のある良い商品があります。しかし、このパターンの場合”営業力”のある人じゃないと生き残ってなかったようです。

そう思えば、私がかつて代理店に所属していた際に、国内大手生保も複数取扱っていましたが、どのソリシターも個人向けの商品をススメてくることはなく、法人向商品ばかりでしたね(時期によっては個人年金保険や学資保険などが他社より良かった時期もありましたが)

 

4.)本当に良い商品だと信じきっている

稀にいるそうです。

 

皆さんの担当者が1、2の方ではないことを願うばかりです。。。

 

追記

これすべて個人的見解です。

でも、こうゆうこと書くと、ものすごい勢いで反論して書き込んでくる方がいるんですよね。

でも、それってちゃんと根拠立て、

◯◯生命の◯◯という商品は、競合他社の同じような保険と比較して、何が、どう、どれくらい、他社より優れているのか?

ってことを、もちろん業法的なこともあるでしょうから匿名でも構わないので、アピールした方が健全だと思うんですよね(アレ?ひろゆき風?)

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

日本人の「金融リテラシー」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は日本人の「金融リテラシー」に関するお話です。&n

記事を読む

某外資系保険会社は日本から撤退しょうとしている。。。かも

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「某外資系保険会社、日本撤退か?」の話題です。 

記事を読む

海外で病気になったら!?オススメ海外旅行保険【三井住友海上 ネットde保険@トラベル】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。さて、日本ではいよいよゴールデンウィークですね。先日

記事を読む

ライフネット生命は「安いのか?」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。最近は何でもインターネットの時代。確かにこのブログもイ

記事を読む

「定期特約付終身保険」を解約し、新契約を見直すテクニック

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、当時私が行っていたセールス手法をお話します。前

記事を読む

”老後資金に「ユニット・リンク」”をススメられたらこの質問「ご自身でも入ってますか?ぜひ証券見せて下さい」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日のテーマは、”老後資金に「ユニット・リンク」”を

記事を読む

「米ドル建」と「円建」終身保険どっちが得?①【月払2万円で比較してみる】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。先日、「外貨建の保険を案内するセールスは20%くらい

記事を読む

「預金金利しか受取っていない人」「信じれるのは預貯金のみの人」の末路

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日「預金金利しか受取っていない人」「信じれるのは預

記事を読む

クイズ:「差額ベッド代」がかかるのはどのケースでしょう?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「差額ベッド代」に関するお話です。 ま

記事を読む

「死亡する確率」「老後を迎える確率」「入院する確率」どれを優先して保険をかけるべきか?

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「死ぬ確率」「老後を迎える確率」「入院する確率

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑