K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

「私はこれをされたら人を信用できない」を3つあげてみて下さい

公開日: : my life

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は『私はこれをされたら人を信用できないについてお話したいと思います。

 

あるビジネスの会に参加した際にテーマになったこの話題について、皆さんにも共有してみたいと思います。

皆さんも一緒に考えてみて下さい。

 

あなたがビジネスをする上で「”これ”をされたら、その人を信用できない(またはできなくなる)」の、”これ”を3つあげてみて下さい

 

 

 

 

 

さて、皆さんの答えはいかがでしたか?

それぞれあると思いますが、一番多かった回答が

 

 

 

約束の時間を守れない(遅刻)

 

 

でした。

3つの中のひとつに、これあげた人は多かったのではないでしょうか?

多くの皆さんが『やっぱりね』って思ったことと思います。

 

でも、これをあげる人が多いということは、ウラを返せばそれだけ『時間を守れない(遅刻する)人がそれなりにいる』ということでもありますね。

 

ここで言う『時間を守れない』というのは、一度二度ならず”度々に渡って”とか”いつも”時間を守れないという意味です。

私のまわりで思い起こしてみると『時間を守れない(遅刻する)人』って、ほぼ同一人物です。決まってその人達が『遅刻』します。で、その人達というのはたいてい、5分・10分・15分程度の遅刻をしてませんか?確かに、例えば「ある人」と待合せをすると、その「ある人」との待合せの時は必ず私が待っている側で、「ある人」は時間に遅れて来ます。恐らく常にそうゆう行動パターンが染み付いているのでしょうね。

 

時間に間に合っていてもこんなことがあります。

例えばこうです。

 

私が朝の10:00に「ある方」と駅前で待合せだとします。「ある方」は自分よりも目上の方です。

「ある方」は9:50に既に待合せ場所で待っています。そこへ私が9:58に到着します。待合せの10:00には間合っています。私は決して問題はありません。でも、私は

「スイマセン。お待たせしました」

と言います。皆さんもそうではないでしょうか?

 

そして、これがもし”毎回”だったとします。

私よりも目上の「ある方」は私のことをどう感じるでしょう・・・

 

では、もうひとつのケース

私が朝の10:00に「ある方」と駅前で待合せだとします。

私は9:50に待合せ場所で待っています。そこへ「ある方」が9:58に到着します。待合せの10:00には間合っています。「ある方」は何の問題はありません。

 

そして、これがもし”毎回”だったとします。

「ある方」は私のことをどう感じるでしょう・・・

 

最初の例ではあえて「年上のある方」が待っている設定にしました。これ、実際に私の経験からです。ビジネスにおいては年の上、下は関係ないことは承知していますが、やはり目上の方との約束で、年下の私が毎回こんなことをしていたらどうでしょう?


2つのケースとも時間通りに間に合っていますから、本来の「約束」の意味では何も問題はありません。

がしかし、明らかに後者の「ある方」のほうが、私に対して好意的な印象(「信用」できる印象)を持つと思います。そして、それがいずれ「信頼」へとつながっていくものだと思います(もちろんその他のことも伴ってのことですが)

 

海外でこのブログを見て頂いている日本人の方もいらっしゃるのですが、もしかしたら「外国人だったら遅刻でも来るだけマシだよ」なんて思う人も中にはいるかもしれません。しかし、”郷に入っては郷に従え”とは言ったもので、そうゆう人達とのお付合いはそれで良いのだと思います。その国ではそうして下さい。恐らく相手よりいつも10分15分早くに来て「相手を待たせない」ことがマナーや信用に繋がっていくと思っていない人達だからです。

 

しかし、ここ日本という国の日本人の多くが

時間を守れない(遅刻)人は信用できない

 

と、考えているようです。

特に、私達よりもさらに目上の人たちにはこのように感じる人は少なくないはずです。

 

これからは加速的に、機械やロボットなどのAI化で”人”のする仕事や作業が減っていくと言われています。すなわち「アナログ」を必要とする部分が、まさに”人”にしかできない重要な部分です。

「相手を待たせない」ことは「相手の時間を奪わない」=「相手のビジネスチャンスを奪わない」ことになります。

そして、10分・15分相手よりも早くに行動するだけで、少しでもポジティブに「信用」が得られることへ寄与するのであればすごくお得なことですし、そもそも特に損をすることでもありませんからね。

改めて、自分自身に言い聞かせる機会になりました。「相手の時間」への尊重が必要ですね。

 

 

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。
あなたの生命保険を無料診断(所要3分)

↓↓↓

リアルタイム無料コンサルティング

関連記事

そんな商品があるなんて知らなかった@ある保険代理店のFPの方

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『そんな商品があるなんて知らなかった@ある保険代

記事を読む

海外に行く人も多いですね@GW

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「海外に行く人も多いですね@GW」のお話をした

記事を読む

今後は日本国内だけではなく海外の商品も含め選択できる時代が来る@米国生命保険に加入した日本人のペナルティ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『今後は日本国内だけではなく海外の商品も含め選択

記事を読む

あなたの保険担当者は”説明員”ですか?”アドバイザー”ですか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「あなたの保険担当者は”説明員”ですか?”アドバ

記事を読む

Aloha〜in Honolulu Hawaii

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。日本はゴールデンウィーク後半となってきましたが、皆さ

記事を読む

保険屋さんから嫌われる(”イラッ”っとされる)お客さん像

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『保険屋さんから嫌われるお客さん像』についてお話

記事を読む

『今は働いてるから払えるけど、これから何十年も払えるかどうかわからないよね〜』老後資金について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「老後資金の準備のタイミング」についてお話したい

記事を読む

私なら「MDRTから保険に加入したくない」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。私はこのブログの中であまり個人的な感想を書くことはな

記事を読む

知識レベルに格差がありすぎると「普通に話しているだけ」なのに相手にとっては「バカにされている」ように感じる @ を読んで

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、あるFacebookの投稿についてお話しようと

記事を読む

「教育資金」娘の入学を通して感じたこと

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「教育資金」につて少しお話したいと思います。&

記事を読む

Message

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑