ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

法人加入の損害保険の見直し方法

公開日: : 体験記, 法人保険, 裏話

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は『法人加入の損害保険の見直し方法についてお話したいと思います。

 

「生命保険」と「損害保険」

ますはおさらい。

保険は大きく「生命保険」と「損害保険」の2つに分ける事ができます。

「生命保険」は主に人の生死や病気・ケガによる入院などを保障する保険で、事故や災害、病気の原因を問わず、亡くなれば死亡保険金が支払われます。入院や手術をした場合も、入院給付金や手術給付金が支払われます。漢字では「保障」と書きます。

一方「損害保険」は偶然の事故や災害によって発生した損害を補償する保険です。対象はモノや財産が基本ですが、人の身体を対象とする傷害保険もあります。ただし、傷害保険の補償内容は、偶然の事故や災害などのケガによる死亡・入院などで保険金が支払われます。漢字では「補償」と書きます。

また、保険金の支払われ方はも生命保険の「定額払」とは違い、損害保険の場合は実際の損害額が基本となっています。この支払い方を「実損払い」または「実損てん補」と言います(傷害保険の死亡・入院などの保険金は、定額払)

 

「生命保険」の値引き交渉と「損害保険」の値引き交渉

実際にはちょっと違いますが、一般の人にわかりやすく「値引き」と書きました。

例えば、某社で現在契約中の損害保険会社A社の100万円の年間保険料だったものを、B社に見積もらせて「80万円くらいにできないかなぁ」といった交渉が商品によってできたりします。そしてさらにB社が「80万円の見積」を提出すると、それをC社に見せると「75万円の見積」を提出してきたりします。いわゆる”値引き合戦”が始まります。これは各損害保険会社によって損害率やリスクのとり方が違っているために、各社の許容度で保険料が違ってきているからです。

一方、生命保険では”ある一定の人數”以上の団体に対しては「団体割引」が適用される場合などはありますが、このようなことはできません。

 

実は各損害保険会社によって、A社・B社は自動車、C社・D社は労災、E社・F社は火災が強い(保険料を安く出来る)とか弱いといった傾向があるので、複数の保険会社を取扱っている乗合代理店では、どの商品の場合にはどこの損害保険会社に見積を取れば良いかのおおよその想像がついてます。

*大幅経費削減@労災上乗せ保険

 

これを社長自身、または会社の人事総務などの保険担当者がそれぞれで損害保険各社の見積を取付け、値段交渉をするのも大変だと思いますので、このような交渉も含めて”チカラになってくれる保険セールスやFP”とお付合いするのが、企業にとって最も良い方法ではないかと思います。

そういう意味においても「生命保険」「損害保険」「海外の保険」をワンストップで、クライアントニーズに合わせて提案できるのが私達の”強み”です。もちろん、私たちは選択肢を提供、アドバイスするものであって、最終的な判断はクライアントさん自身が最もベストだと思うものを選んで頂きます。

これまであまり「損害保険」の見直しをされてこなかった経営者の皆さん、または保険担当者の方はぜひ見直しをされてみてはいかがでしょうか?それなりにインパクトのある経費削減ができるかもしれませんよ。


わからないことはお気軽にご質問・ご相談下さい。

『世界中からベストな保険を』K2Assurance 皆さんのオーダーメイドがここにはあります

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

日本人の76%はパスポートを持っていない

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は日本人のパスポート保有率ついてお話をしたいと思

記事を読む

「個人保険」「法人保険」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「個人保険」「法人保険」についてお話したいと思い

記事を読む

法人向け全額損金の商品ならこれ〜AIG富士生命「生活障がい定期保険」2016年3月発売

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日はAIG富士生命「生活障がい定期保険」について解

記事を読む

保険会社の退職金@週刊ダイヤモンド(2016.10.22号)から

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険会社の退職金」について少しお話したいと思い

記事を読む

自分達の都合で外貨預金をススメる日本の銀行の”えげつなさ”

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「外貨預金をススメる日本の銀行」についてお話し

記事を読む

法人向け生命保険市場に関する調査(2016年)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『法人向け生命保険市場に関する調査(2016年)

記事を読む

”老後資金に「ユニット・リンク」”をススメられたらこの質問「ご自身でも入ってますか?ぜひ証券見せて下さい」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日のテーマは、”老後資金に「ユニット・リンク」”を

記事を読む

こんなに安い!米国生命保険「一時払保険料の比較」

皆さんこんにちは米国生命保険の研修から戻ってきました「保険アドバイザー和田」です。今日から、今回の研

記事を読む

『インフレ率は0%』と設定している皆さんへ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「インフレ」についてお話していきたいと思います。

記事を読む

3月末迄ラストスパート「駆込み保険セールス」いよいよ大詰め@加入スルベカラズ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「駆込みセールス保険」についてお話したいと思いま

記事を読む

Message

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑