ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

今後は日本国内だけではなく海外の商品も含め選択できる時代が来る@米国生命保険に加入した日本人のペナルティ

公開日: : my life, 裏話

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は『今後は日本国内だけではなく海外の商品も含め選択できる時代が来る@米国生命保険に加入した日本人のペナルティについてお話したいと思います。

 

先日、米国生命保険のエージェントの方とゆっくりお話する時間がありました。

ちょうどトランプ大統領の来日のタイミングということもあり、日米間の政治や安保といった話や他の国々の中での日本についての話、もちろん生命保険についての話もしました。そして、日本人の生命保険の商品選択については今後はますますボーダレスの時代になり、米国商品だけではなく他の国も含めた海外生命保険商品をより多くの方が選択する時代になるだろうということの共通認識を改めてより強く確認できました。これだけインターネットが普及した現代においては止められない時代の流れです。

 

思えば私が生命保険業に身を転じた20数年前、保険セールスの多くが一社専属、つまりどこかの生命保険会社に籍を置き、その会社の商品だけの販売するのが当たり前の時代でした。その後、複数の保険会社を扱う「乗合代理店」と呼ばれるビジネススタイルが徐々に広がり、私は割りと早い時期から”次はこうなる”と思っていましたので、複数の保険会社の商品の中からベストと思われるものを提供してきました。当時は乗合代理店の少なかったのですが、今は当たり前の時代です。ついこの前まで、こんなことが当たり前の時代になるとは多くの保険セールスは思っていなかったはずです。

そして今

『今後は日本国内だけではなく海外の商品も含め選択できる時代が来る』

と私は感じています。もしかしたら、時代より少し早いのかもしれませんが、私の中では確信があります。

 

そんなことを後押しするような話がありました。これまで、米国生命保険の高額契約のクライアントで、多くの人が「国税」の税務調査を受けているとのことです。そしてその国税当局は「海外生命保険」に加入していることは把握、理解しています。しかし、、、加入している人の中から、何もペナルティを受けた人はこれまでに誰一人もいません。

*【保険業法第337条】海外の生命保険に契約した個人は最大50万円の過料…さて、どこに支払うか?

 

推して知るべし

とはこうゆうことです。

あなたの財産を守るためではなく、日本の生命保険会社を守るためには海外の保険を「善し」とは言えないのです。

*そもそも、なぜ海外の保険が規制されているのか?

 

さらに当局は「海外生命保険」の方が税収にとってもプラスであることもわかっています。

例えば同じ保険料を支払ったとして、日本の生命保険だと保険金が1億円なのが、海外生命保険だと保険金が5億円になり、そこに相続税が課税できるわけです。同じ保険料で、税収が何倍にもなり、それも海外から獲得できるんです。今の日本の財政事情からするとむしろWELCOMEなことです。

 

海外の金融商品に関してはいろいろなことを言う人がいます。特に「違法性」について。

皆さんが何を調べ、何を信じ、どのような選択をするのかはご自身の判断ですが、それほど遠くない未来に「海外の生命保険に加入」するのが、ごく普通なことになると私は信じています。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

「定期特約付終身保険」を解約し、新契約を見直すテクニック

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、当時私が行っていたセールス手法をお話します。前

記事を読む

映画「グランド・イリュージョン見破られたトリック」と「マジックバー」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。日本はシルバーウィーク真っ只中、皆さんいかがお過ごしで

記事を読む

完全実力主義!?「保険営業のコミッション」について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険営業のコミッション」につて少しお話したいと

記事を読む

おみやげ買ってて遅れそうで割込み!? @空港保安検査場にて

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、保険とは全然関係ないお話をしようかと。。。飛行

記事を読む

社長さんやその家族の方「保証人」と「連帯保証人」は違うって知ってますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「保証人」と「連帯保証人」の違いについてお話を

記事を読む

明治安田生命「じぶんの積立」のギミックな販売方法

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は明治安田生命の「じぶんの積立」についてお話しよう

記事を読む

プレジデント『保険は3月までに入らないと損をする』@何をアホなことを。。。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はプレジデントオンラインの記事『保険は3月までに入

記事を読む

”保険は保険・貯蓄は貯蓄” なぜ「ユニット・リンク」や「バリアブルライフ」に加入してはいけないのか?【保険は貯蓄も兼ねません】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は、なぜ「ユニット・リンク」に加入してはいけない

記事を読む

「MDRT」もいろいろ〜保険会社の手数料基準で違う「MDRT」のなりやすさ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は、「MDRT」のなりやすさについてお話したいと

記事を読む

「死亡する確率」「老後を迎える確率」「入院する確率」どれを優先して保険をかけるべきか?

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「死ぬ確率」「老後を迎える確率」「入院する確率

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑