K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

日本生命保険「マスミューチュアル生命保険」買収で交渉中

公開日: : 最終更新日:2017/10/10 保険のニュース, 時事ネタ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日はちょっと寄り道なお話『日本生命保険「マスミューチュアル生命保険」買収で交渉中についてお話したいと思います。

 

さて、今回はこんなニュースを。。。

 

2015年末には、皆さんもよくご存知の「ほけんの窓口」のグループの乗合代理店「ライフプラザパートナーズ(LPP)」を買収、三井生命保険と経営統合、2016年には豪州生命保険会社MLC Limited を子会社化するなど、傍目からすると第一生命保険に保険料等収入の首位を奪わて躍起になっているように勘ぐったりもするのですが、今度は「マスミューチュアル生命」をお買上げのご様子です。

*”ご乱心”日本生命「ライフプラザパートナーズ(ほけんの窓口グループ)」をお買上げ

 

マスミューチュアル生命

CMなどもやっていませんし、あまりご存知ない方も多いのではないでしょうか?保険業界の方はよく「マス」と呼んでいます。

 

マスミューチュアル生命は米国の総合金融グループ、マスミューチュアル・フィナンシャル・グループの一員の生命保険会社で、 旧・平和生命保険を前身とし、エトナヘイワ生命保険を経て、2001年から「マスミューチュアル生命」として現在に至ります。

2009年頃までは多くの保険会社のように外交員や営業担当職員による一般販売も行なっていましたが、現在は個人への直接販売から方針転換をし、銀行、証券会社、乗合代理店などを介して販売する代理店販売のみに特化しています。

個人向けでは個人年金保険・終身保険・生前給付保険、法人向けでは新逓増定期保険・終身がん保険・養老保険などの商品があり、私も乗合代理店に在籍時代は同社の商品も取扱っていましたが、個人向け商品の販売はほとんど扱いがなく、法人向けの逓増定期を販売しているケースが多かったので、特に個人の皆さんへの認知度も低いかと思います。

また、乗合代理店に在籍時代は他の保険会社のような専任担当者(ソリシターと言います)がいるわけではなく、設計書や申込書の作成など必要な書類はもちろん、何かあれば代理店専用ダイアルに電話してすべての対応を取るという徹底ぶりです。一見すると、代理店としては不親切のようにも感じるのですが、箸にも棒にもかからない所謂”使えない”担当者(ソリシター)が多くなってきた中においては、そんな担当者よりもよほど優れた対応をしてくれていました。

 

今回の買収による日本生命の狙いは「外貨建」の商品ラインナップの強化でしょう。現在日本生命で扱っている外貨建商品としては2015年に経営統合し三井生命の商品を引き継いだ「一時払外貨建養老保険 ドリームロード」くらいだったと思います(他にもいくつかあるようですが)ご存知のように超低金利の影響で円建商品ではまったくお金を殖やすことが出来なくなった今、生命保険会社各社で販売しいているのは「外貨建」か「変額」の商品。その意味で日本生命はかなり出遅れているわけですが、もしこの買収が合意されると、一気に外貨建商品のラインナップを手に入れられることになります。

 

ただし。。。

これまでの「ニッセイレディ」の販売方法から考えると、いくらラインナップが増えたところで「外貨建商品」をきちんと理解し販売できるのかどうか?については甚だ疑問ではありますが、そんなこちらの思いとはウラハラに『いつも通り・これまで通り』お客さんの理解なんぞは”お構いなし”のセールスをするんだろうなぁと思う次第です。

あなたの生命保険を無料診断(所要3分)

↓↓↓

リアルタイム無料コンサルティング

関連記事

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「特定疾病保障支払事由改定」4月2日〜@イイね

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の「特定疾病

記事を読む

損保でも貯蓄性商品は販売停止へ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は損害保険関連のお話です。 以前、ブログ

記事を読む

公務員定年、65歳へ延長 年金開始引き上げに対応@朝日新聞

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『年金開始引き上げ』についてお話したいと思います

記事を読む

「年金受給資格」 25年から10年に短縮 改正法成立

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「年金受給資格短縮」のニュースについてお話しよう

記事を読む

2017年4月〜取扱開始『海外個人年金』(無料入門書もできました)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『海外個人年金』についてお話したいと思います。こ

記事を読む

10月2日リニューアル〜オリックス生命 緩和型医療保険「新 CURE Support(キュア サポート)」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は10月2日リニューアル「オリックス生命 医療保険

記事を読む

「下流老人」の次は「40代下流」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「40代下流」について少しお話したいと思います。

記事を読む

『貯蓄なし世帯が30%超「貧困化ニッポン」の実態』を読んで思ったこと

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『貯蓄なし世帯が30%超 「貧困化ニッポン」の実

記事を読む

2016年7月から「国民年金保険料納付猶予制度の対象年齢が30歳未満から50歳未満に拡大」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「国民年金保険料納付猶予制度の対象年齢が30歳

記事を読む

ソニー生命の変額終身保険「バリアブルライフ」1月から値上げ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日はソニー生命「バリアブルライフ」値上げのお話した

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑