オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

「ユニット・リンク」65歳満期と80歳満期ではこんなに違う

公開日: : 保険商品, 裏話

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日はアクサ生命「ユニット・リンク」の65歳満期と80歳満期を比較してみたいと思います。

 

私のところに多く頂く相談の保険商品「ユニット・リンク」

たくさんの方が「貯蓄」を目的に契約したものの、後になって「え〜〜そうだったのぉ」(時にダマサれた)ということになっています。それは、この商品は死亡保障のついた「保険」であって本来の「貯蓄」だけが目的であれば、とても非効率的な貯蓄をさせれれているからです。しかし、そのことについてはFPと言う名の保険屋さんからはそれほど説明を受けること無く契約している方が多くいるようです。

 

そして、さらに悲惨なことに、契約者の多くが「80歳満期」で契約しています。保険屋さんのセールストークはこうです。

 

満期を65歳にしておくと65歳で満期を迎えるわけですが、ちょうどそんな時にタイミング悪く”リーマンショック”のようなことが起こってしまうと、強制的に満期を迎えてしまう結果、運用損が大きく出てしまう可能性があるので、満期は最長保険期間の80歳にしておいて、運用成績などのタイミングを図りながら解約して老後資金にしましょう。契約から10年以降は解約の控除(ペナルティ)もありませんしね。

 

ってな感じになっているはずです。

でも、こんなトークはほとんどされてはいません。

 

死亡保障が仮に1,000万円だったとすると、65歳満期と80歳満期では、80歳満期の方が死亡保障に掛かる費用(コスト)が大きいので、それだけ運用にまわる金額が少なくなります。「貯蓄」の観点からはそちらの方が効率は悪くなります。

 

わかりやすくと言うと、65歳満期の1,000万円の定期保険(65歳までに亡くなる確率)と、80歳満期の1,000万円の定期保険(80歳までに亡くなる確率)であれば、80歳満期の定期保険の方が保険料は高くなります。ですから、毎月の保険料から「死亡保障」に回される費用(コスト)は80歳満期の方が大きくなり「貯蓄」への効率が悪くなるわけですが、これを皆さんが説明されることはほぼないでしょう。

 

 

では、実際に数字で見てみましょう。

同一条件)40歳・女性・保険金額1,000万円

 

65歳満期/月払保険料27,850円

 

85歳満期/月払保険料15,850円

 

ということで、同じ経過年数・同じ運用率のところを見て頂ければ、80歳満期の方が「貯蓄」としての効率が悪いことがおわかり頂けたかと思います。

これ、保険料に対してどれだけのコストが掛かっているのかと言うと・・・

 

65歳満期・65歳満期時の費用(コスト)

65歳満期時での0%運用返戻率が80.8%ですので、19.2%が保険としての費用(コスト)

 

80歳満期・65歳時の費用(コスト)と80歳時の費用(コスト)

65歳時での0%運用返戻率が69.4%ですので、31.6%が保険としての費用(コスト)

80歳時での0%運用返戻率が67.5%ですので、32.5%が保険としての費用(コスト)

 

 

「ユニット・リンク」契約者の多くは80歳満期にしていることが多いので、年齢や性別にもよりますが、ほとんどの方は保険料の30〜35%が「保険の費用(コスト)」に充てられているわけです。これが、私がこのブログでもよく書いている

「貯蓄を目的に加入してはいけません」

 

という理由です。特に契約初期の方がより費用(コスト)が大きいので、さらに投資効率としては悪くなっています。

*アクサ生命「ユニット・リンク」の契約理由・第1位【老後資金】・第2位【学資資金】~それ入っちゃダメです

 
 
最近、ほぼ同じような内容の保険で「マーケットリンク」とう商品が、東京海上日動あんしん生命から販売されていますが、こちらも理屈は同じです。

*アクサ生命「ユニット・リンク」と、あんしん生命「マーケットリンク」を比較する

*「ユニット・リンク」のパクリ商品!?東京海上日動あんしん生命「マーケットリンク」8月2日販売開始

 

保険機能がついているため投資効率としては良くない上、満期を長期(80歳)にした方が更にそれを悪化させるにも関わらず、販売する際はそれらの説明をしないのか?勘の良いこのブログ読者でしたら、理由はわかりますね?

 

65歳満期より85歳満期の方が販売手数料(コミッション)が高いから

 

です。

残念ながら、そうゆういたってシンプルなFP(と言う名の保険屋さん)が多いのです。

 

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

週刊ダイヤモンド「保険 見直すなら最後のチャンス」を読んでみた

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は週刊ダイヤモンド「保険 見直すなら最後のチャンス

記事を読む

日本人の「金融リテラシー」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は日本人の「金融リテラシー」に関するお話です。&n

記事を読む

スイス・プライベートバンクへ「実録・海外送金」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「実録・海外送金」ということで、スイス・プライベ

記事を読む

保険加入に対する「意識」は?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は保険加入の目的意識についてです。 前

記事を読む

【がんを経験された方専用】3月22日販売開始〜アフラックのがん保険「生きるためのがん保険 寄り添うDays」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は3月22日販売開始、アフラックのがん保険「生きる

記事を読む

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の終身医療保険「新・健康のお守り」〜30歳女性ランキング2位

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。2016年2月現在で、30歳女性が最も保険料の安くなる

記事を読む

個人型確定拠出年金(iDeco)「ユニット・リンク」「マーケットリンク」の手数料仕組みを比較する

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は個人型確定拠出年金(iDeco)と、アクサ生命「

記事を読む

【日本初・ステージ別で給付金額が異なるガン保険】1月2日販売開始〜マニュライフ生命のガン保険「こだわりガン保険」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は1月2日販売開始、マニュライフ生命のガン保険「こ

記事を読む

「米ドル建養老保険」個人契約と法人契約(福利厚生プラン )

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「米ドル建養老保険」につてお話したいと思います。

記事を読む

これが事実なら「このFPは懲戒解雇」あるご相談者からのメール

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は実際にご相談を頂いている方との事例で、”とても

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑