K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

公務員定年、65歳へ延長 年金開始引き上げに対応@朝日新聞

公開日: : 時事ネタ, ライフプランニング

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は『年金開始引き上げ』についてお話したいと思います。

 

先日、こんなニュースが目に留まりました。

 

ということで、日本の年金制度がそう遠くない将来に破綻(もしくはすでに破綻!?)るであろうことは、これを読んで頂いているほとんどの人がわかっているでしょうから、年金の受給開始時期が引き上げられることで、悲しいことに驚く人もいないのではないかと思う次第ですがいかがですか?もはや既定路線ですよね。合わせて受給金額自体も段階的に減るんだろうなぁと思っています。

そんなわけで、受給開始が65歳に引き上がるとなると、公務員はじめ、これまで60歳定年の人達にとっては受給開始までの空白期間は基本的には”貯蓄”を取り崩すなり、パート・アルバイトをするなりして、生活を送らなければいけないとうライフプランニングが必要でしたが、雇用期間が延長されれば、とりあえずはその”空白期間”のプランニングはそれほど考えなくても良いわけですから、少しホッとする材料ではあると言えそうです。また、これは公務員だけでなく民間企業でも同じトレンドになっていくものと思います。

 

ですから、今回のように受給開始が引き上がれば、定年年齢もそれにスライドするカタチである程度引き上がっていくと思うので

年金開始時期が◯◯歳に引き上がると。。。

を、想定したライフプランニングは今の時点であまり厳密にする必要はないと私は考えています。ザックリで構わないと思っています。

例えば、定年が65歳で年金受給開始が70歳引き上げられたら『その間の5年間は◯◯万円不足します』

なんてことを言う人もいますが、その時は定年年齢も70歳くらいになると思うんですよね(もちろん健康状態などもありますけど、平均余命は今後の医療技術によりさらに伸びると予想されます)

 

でも、もしそれを仮定した計算をするのであれば計算は簡単で

【従来の老後必要保障額+◯年✕12ヶ月✕◯◯万円】

って、だけのことです。

 

(従来の老後必要保障額の計算はこちら)

*「老後」について~その3【老後の必要保障額の考え方】

*「生活設計に関するデータ」〜老後編【生活設計・必要資金・年金】

 

例えば。。。

現時点では、公的年金や預貯金などの自己資産を考慮して、65歳からの老後必要保障額が3,000万円(A)必要だと計算した家庭があったとします。

定年65歳、年金受給70歳に引き上がった場合で、その家庭の月の生活費を30万円で計算するのであれば、

【30万円✕12ヶ月✕5年=1,800万円(B)】

つまり、3,000万円(A)+1,800万円(B)=4,800万円って感じですね。

 

もちろん、ここにはインフレの計算も加味されていませんから、向う5〜10年先の老後資金の計算ならまだしも、20〜30年先の老後資金の計算はある程度ザックリで構わないと私は考えています。

*インフレ対応していなければ、あなたの保険は吹き飛びます

 

その上で一番大切なことは、受給開始が引き上げられたり、インフレによる貨幣価値の変化が起こったりといった様々なケースに柔軟に対応するるためにも、出来るだけ早い時期から、出来る範囲の金額で構わないので、将来に向けて資産形成をすることが何よりも重要だと考えています。

余剰資金が多いに越したことはありませんからね。


*積立るなら1日でも早いほうが良い

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

週刊ダイヤモンド「保険 見直すなら最後のチャンス」を読んでみた

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は週刊ダイヤモンド「保険 見直すなら最後のチャンス

記事を読む

「円建保険」の見栄えがあまりにも悪いので「外貨建」をススメる”FP(保険セールス)”

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「外貨建をススメるFP(保険セールス)」について

記事を読む

「老後」について~その3【老後の必要保障額の考え方】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日も引き続き“老後”をテーマにしたお話し〜その3です

記事を読む

極論で言えば「保険は貧乏人が入るもの」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険は貧乏人が入るもの」についてお話したいと思

記事を読む

「生活設計に関するデータ」〜医療編①【入院実態・入院費用】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。シリーズ「生活設計に関するデータ」今日は医療編①です。

記事を読む

戸籍「豆知識」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『戸籍「豆知識」』についてお話したいと思います。

記事を読む

シリーズ資産形成 【第1回】将来について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日から数回にわけ、ちょっと”紙芝居”的な感じ

記事を読む

生前贈与〜その4「生命保険活用」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。前回に引き続き『生前贈与』についてお話したいと思います

記事を読む

「2016年度末 前年同期比2.7%増の1809兆円 」家計金融資産が最高

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『2016年度末 前年同期比2.7%増の1809

記事を読む

掛金全額所得控除「確定拠出年金(401K)」の税効果について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「確定拠出年金(401K)の税効果」についてお

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑