K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

相談事例:学業資金になるものを探し保険の窓口などに行きましたが必ず薦められるのが「円建終身」「ドル建終身」「ドル建個人年金」死亡保障などはいりません(1)

公開日: : 最終更新日:2017/08/21 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

お子さんのための学資保険を検討中で、いくつかの保険ショップに相談に行かれている方からです。

学資資金の準備を検討されている皆さんには、参考になるご相談例だと思いますので、今日、そして次回の2回に分けて、ご紹介致します。

 

【質問】

こんにちは。子供の学業資金になるものを探し、保険の窓口など何箇所かの相談所に行きました。どの相談窓口も「学資保険」というものは、もう取り扱いがないとのことで、必ず薦められるのが「円建終身保険」「ドル建終身保険」「ドル建個人年金」この三つでした。あくまでも、大学進学の際の入学金としての使用用途だけですので、死亡保障などはいりません。子供が17歳、18歳の段階で、200万〜250万の金額が用意できればと思っています。インターネットで検索すればするほど、迷ってしまい、どのように決めていったら良いか困り果てています。ご返答お待ちしています。

 

【回答】

必ず薦められるのが「円建終身保険」「ドル建終身保険」「ドル建個人年金」この三つでした。あくまでも、大学進学の際の入学金としての使用用途だけですので、死亡保障などはいりません。

◯◯さんのお考えの通り、学資資金としてお金を殖やすことが目的であれば「死亡保障」は不要ですね。その意味においては「円建終身保険」「ドル建終身保険」は、ともに終身保険ですから死亡保障のコストが掛かっていますので、学資準備としては対象外です。

*相談事例:学資保険代わりの「低解約金返戻金型終身保険」貨幣価値の変化等を考えるとどうなの?

*相談事例:3歳の息子の学資保険代わりに、月払2万円でメットライフ生命の「積立利率変動型終身保険(ドル建)」を検討しています。

 

「ドル建個人年金」については商品にもよりますが、概ね「死亡保障」は保険料支払相当額しかありませんから、通常は死亡保障としてのコストがほぼ掛かっていませんので、名前こそ「年金」ではありますが、お子さんの進学時期に合わせて加入すれば学資資金としての利用も可能です。

 

子供が17歳、18歳の段階で、200万~250万の金額が用意できればと思っています。

そこで、選択する際に重要となるのが、お子さんが17歳、18歳の時点で毎月いくら積立てれば、◯◯さんの目標とされている200~250万円になるのか?ということだと思います。出来れば、毎月の拠出はより少ない金額で目標金額になる方が良いですよね?

お子さんの現在の年齢が何歳かがわかれば、より具体的に「どのような商品」で「毎月いくら積立る」のが一番効率的なのかアドバイス出来ると思います。

現在、お子さんは何歳でいらっしゃいますか?

 

Point

超低金利下でほとんどの保険会社で販売停止になっている円建の「学資保険」や「個人年金」

これに変わるものとして、保険屋さんがススメるのは「ドル建」または「変額」の商品です。これを否定する気はありませんが、その際には死亡保障のない「NISA」「積立投信」という選択肢も説明するのが、金融庁が最近声をあげている「フィデューシャリー・デュティー」の概念なのですが、、、

ほぼこれらの話を皆さんが聞くことはないでしょう。売っても手数料が入りませんからね。

*「フィデューシャリー・デューティー」本気でやったら◯◯生命は無くなる!?(その方が良い)

 

このメールの後、回答をご返信頂きましたので、次回はそちらをご紹介します。

無料直接相談はこちらから

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

相談事例:貯蓄を増やしたいとFPに相談をし「リタイアメントインカム」を勧められました(25歳 女性 事務員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:外貨建終身保険「しあわせ、ずっと」の商品説明のブログを拝見しこちらへ辿り着きました。外貨建保険について教えて頂きたいのですが(女性 26歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:未婚です。まだ結婚の予定はありません。老後が不安です。資産形成をしていきたいと思っています。(男性 23歳 公務員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:数年後海外移住予定 医療保険の見直しを検討(47歳 男性 胃がん経験あり)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は実際に相談依頼を受けたお客様の事例を紹介

記事を読む

相談事例:マニュライフ生命「こだわり終身v2」オリックス「終身保険rise」を検討中、海外保険との比較を行いたい。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

これが事実なら「このFPは懲戒解雇」あるご相談者からのメール

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は実際にご相談を頂いている方との事例で、”とても

記事を読む

相談事例:そもそも自分は生命保険・医療保険に入る必要があるのかどうか?

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼を受けたお客様の事例を紹介したいと思い

記事を読む

相談事例:今年結婚しました。生命保険に入るのが普通でしょうか?(20代夫婦)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:日本生命「生きるチカラ」更新を迎えますが持病があるため他の保険に入るのは難しい状況です(40歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:保険ビュッフェのFPから提案された商材に不安があり、ご提案いただければと思います(32歳 女性 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑