ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

相談事例:社員の福利厚生で利用する方法についてご相談させて下さい

公開日: : 最終更新日:2017/08/08 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

法人で海外積立年金を検討されている経営者の方からです。

 

【質問】

御社のメルマガやツイッターなど拝見しており、ご連絡差し上げました。

過去数回、福利厚生でのメルマガでも案内がございましたが、社員の福利厚生で利用する方法についてご相談させて下さい。

正社員2名の他はパート・アルバイトのみの中小企業です。正社員の退職金を検討中です。

現在、加入している保険は、「無配当歳満期定期保険 万が一の場合:500万円」で、正社員2名とも2011年(現在6年目)に加入しております。

1/2損金算入タイプです。

払込25年目が最も返戻率が高く、「会社/社員」が折半して月々払っています。

万が一、および退職金目的としています。

 

・46歳 8800円/月 現在払込6年目:現在払戻金52万円 返戻率81.6%/払込25年目:払戻金241万円 返戻率90.7%

退職金として、1,000万程度支給してあげたいと思っています。

 

・49歳 9400円/月 現在払込6年目:現在払戻金55万円 返戻率81.1%/払込25年目:払戻金251万円 返戻率89%

退職金として、2,000万程度支給してあげたいと思っています。

 

加入時には、勧められるがまま加入していましたが、退職金としてはもっと多く支給できるような海外積立や他プランに変更したいと考えております。

御社が過去の福利厚生で掲載されたメルマガの海外積立を拝見して質問がございます。

 

・本人名義(本人クレジット決済)の契約の上、会社は毎月の給与に上乗せして積み立て分の金額も払うとのことですが、会社名義(会社クレジット決済)では契約はできないでしょうか?

・損金として扱うことはできますでしょうか?

・現在の保険(万が一があった場合500万)を解約、その返戻金を使って海外積立プランに加入したほうがよいでしょうか?

万が一の保険は掛捨てで入り、保証は保証、貯蓄は貯蓄(退職金)で分けたほうがよいでしょうか。

・15年後に+40%(140%)確保する、元本確保型海外積立は、15年後=退職と一致していないといけないでしょうか?

・15年後の受け取り金はどのように受け取りますか?また、受け取り金は退職金目的の場合、税金はどのようになりますか?

・途中で退職となってしまう場合(15年に満たない場合)は、どのようになりますか?

・退職とは異なる目的(会社に何かがあったときのために入れる保険)で、会社名義で入れる保険などはありますでしょうか?

・76歳でも加入できる海外投資はありますでしょうか?

 

たくさんと質問してしまい恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

【回答】

本人名義(本人クレジット決済)の契約の上、会社は毎月の給与に上乗せして積み立て分の金額も払うとのことですが、会社名義(会社クレジット決済)では契約はできないでしょうか?

法人契約だと法人関係書類を英訳したりする必要がありますが、可能です。

ただ、面倒なので皆さんしていません。

会社名義のクレジットカード決済は、100%株主だという証明書をもらえれば、名義が違ってもできるかもしれません。

 

損金として扱うことはできますでしょうか?

出来ません。

 

現在の保険(万が一があった場合500万)を解約、その返戻金を使って海外積立プランに加入したほうがよいでしょうか?

現在の契約は1/2損金ですので、税効果まで含めて考えると、どちらが良いのかは現時点では断定は出来ませんが、積極的に殖やしたいのであれば、その方法が良いかと思います。

 

万が一の保険は掛捨てで入り、保証は保証、貯蓄は貯蓄(退職金)で分けたほうがよいでしょうか。

個人の場合はその方が良いと思いますが、上記でも記載の通り、法人の長期定期保険では1/2が損金算入出来ますので、利益が出ている企業、出ていない企業にもより、どちらが良いと断定が出来ません。

 

15年後に+40%(140%)確保する、元本確保型海外積立は、15年後=退職と一致していないといけないでしょうか?

満期時には満期金が戻ってくるだけですので、退職時期に合致していなくても、保険会社側では特に問題はありません。

 

15年後の受け取り金はどのように受け取りますか?また、受け取り金は退職金目的の場合、税金はどのようになりますか?

私は税理士資格を持っていないため、個別での回答は法律上出来ないので、詳しくは所管の税務署または税理士さんにご確認頂く必要がありますが、一般的な考え方では、御社の経理処理としては満期時に課税が生じます。ただし、損金算入していませんので、益金部分のみがその対象となります。

退職金として受取る場合の退職金所得の計算【(退職一時金の額-退職所得控除額)×1/ 2】は、その財源が何であっても同じです。

 

途中で退職となってしまう場合(15年に満たない場合)は、どのようになりますか?

仮に法人で契約し解約した場合、解約時点で利益が出ていれば税金がかかり、その後は法人の資金となります。解約せずに退職金としてこの契約を、退職者へ引き継ぐのであれば利益確定にはならないと思いますが、こちらはその時税理士に確認の上決めて下さい。解約返戻金相当額を退職金として支給したとするのが一般的な経理処理になるかとは思います。

個人で契約している場合は、退職後に継続するのかどうかを退職者自身が決めれば良いと思います。

 

退職とは異なる目的(会社に何かがあったときのために入れる保険)で、会社名義で入れる保険などはありますでしょうか?

海外でも終身保険がありますので、そちらであれば死亡保障と退職金の両方の目的として使う事が出来ます。

会社の倒産防止などの「会社に何かがあったとき」を目的とする企業補償の海外の保険は取扱っておりません。

 

76歳でも加入できる海外投資はありますでしょうか?

はい、一括投資のオフショアファンドでしたら、年齢に関係なく投資頂けます。

 

◯◯さんがどれくらいの期間で、どれくらいの年率(何%)のリターンを目標にされるかをご回答頂ければ◯◯さんに良いと思われる商品をいくつかご案内します。または、下記の投資ヒアリングシート(リンク先)よりお答え下さい。

※『投資ヒアリングシート』はこちら

 

Point

個人の保険だけではなく法人も含めて、日本、海外の商品の中からプランニングすると様々な選択肢がありますから、その中から一番ニーズにあった方法で加入すると良いですね。

 

日本の保険が悪い、海外の保険は良いということではありません。

あくまでも、その方のニーズに合っているのが一番良い加入方法です。

 

『世界中からベストな保険を』K2Assurance 皆さんのオーダーメイドがここにはあります

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

相談事例:今まで都民共済に入っていたが、保障内容が減っていくこと、85歳までしか加入できないことが気になってきた

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:積立利率変動個人年金保険(レグルスⅢ:米ドル建2005)について教えて下さい

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:明治安田「NewグランドスラムEタイプ」保険見直し中でいろいろと見ています(45歳 男性 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:目標は子供の教育費2000万円、老後の生活費7000万円(29歳 会社員 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:メットライフのプランナーに「サニーガーデンEX豪ドル建」「ドルスマート」を勧められました(42歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:加入している住友生命の10年更新が迫っていて転換を薦められています(54歳 男性 自営)

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思いま

記事を読む

相談事例:「海外積立年金」をしたいと考えてますがプランを分けて投資することは可能でしょうか?分けることでデメリットがありますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:1,000万円を投資して5年後くらいに受取れるものはありますか?(女性 39歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:マニュライフ生命の「未来を楽しむ終身保険」を検討。第一フロンティア生命「外貨建個人年金ダブル・フロンティア」とも差異を比べたい

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:住友生命「たのしみワンダフル」という個人年金保険を薦められています(男性 18歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑