ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

『貯蓄なし世帯が30%超「貧困化ニッポン」の実態』を読んで思ったこと

公開日: : 最終更新日:2017/06/30 時事ネタ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は貯蓄なし世帯が30%超 「貧困化ニッポン」の実態についてお話したいと思います。

 

先日、ネットを見ていたらこんなニュースが目に留まりました。

 

これについては、各調査元によっても少し違ったデータにもなっているようですが、いずれにしても数%程度の違いですから、大きなトレンドとしては同じです。

*「お〜い、みんなぁ大丈夫ですかぁ〜?」金融資産なし世帯30.9%(2016年 家計の金融行動に関する世論調査)

 

また、日本の人口は減少傾向にあるにも関わらず、世帯数は増えていることも考えれば単に「単身世帯」の数が増加し、その結果として貯蓄の無い世帯数の押し上げになっているとの見方も出来るようで、現に日銀が6月27日に発表した資金循環系統でも、家計の金融資産自体は微増ながらも増加しています。

*「2016年度末 前年同期比2.7%増の1809兆円 」家計金融資産が最高

 

で、貯蓄ゼロの世帯が30%ってことは、逆を言えば70%の世帯が貯蓄をしているわけですから、これが諸外国と比べると「まだマシ」なんてことも言えるのかもしれません。

この30%の世帯が貯蓄ゼロだといことに関しての意見は人それぞれ考え方があると思いますので、それをここで論じることはしませんが、私は保険の観点で、このデータを見て感じたのが「保険大好き日本人」の生命保険加入世帯は約90%、つまり数字的には

 

「10世帯のうち9世帯が生命保険に加入」

しています。

*”保険大好き日本人”の保険加入率が低下

 

で、貯蓄で言えば

 

「10世帯のうち7世帯が貯蓄している」

わけです。

ってことはですよ、

 

「10世帯のうち2〜3世帯は貯蓄はないけど保険は加入している」

ことになるのでは。。。

これで合ってます?私の理解で?(最大公約数でしたっけ?)

 

ともあれ、保険自体その意義目的に関して言えば『相互扶助』の観点からも広く社会性の高い商品であり、必要不可欠なものであることは言うまでもありませんし、加入を否定する気もありませんが、私としては

 

優先順位を見直した方が良いと思う

わけです。

保険は損得だけのことではありませんので、保険に加入していたことで“本当に良かった”という方もいらっしゃいますが、使うか使わないかわからない方を優先して、その結果”貯蓄ゼロ”は、本末転倒で私はオススメ出来ません。まして、その加入自体も「良くわからないけど」「ススメられたから」「みんな入っているものだから」といった理由で加入している可能性が大きい思うと、どれだけ身を削って保険屋さんを儲けさせたいんだろうってことです。

*「死亡する確率」「老後を迎える確率」「入院する確率」どれを優先して保険をかけるべきか?

*極論で言えば「保険は貧乏人が入るもの」

 

Point

「いつかやろう」ではなく「今すぐやろう」

 

本当に生活が困窮し「蓄え」どころではない方がいるのも承知していますが、

「給料が少ないから」「この先どうなるかわからないから」「支払がいろいろあるから」。。。

と、何かと”やらない言い訳”を作る人も多いように思います。

何か出来る方法を考え、すぐに実行にうつせるかどうかの違いで、”貯蓄ゼロ”の結果になっているとこれまでの経験では感じます。

現に20〜30%の方が、保険には加入して貯蓄はしていないようですからね。

 

『世界中からベストな保険を』K2Assurance 皆さんのオーダーメイドがここにはあります

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。
あなたの生命保険を無料診断(所要3分)

↓↓↓

リアルタイム無料コンサルティング

関連記事

大学生の内定率・定着率と従業員の退職金ニーズ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『従業員の退職金ニーズ』についてお話したいと思い

記事を読む

そう言えばそうだった『昭和の常識ランキング』

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はちょっと寄り道なお話『昭和の常識ランキング』につ

記事を読む

日本生命保険「マスミューチュアル生命保険」買収で交渉中

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はちょっと寄り道なお話『日本生命保険「マスミューチ

記事を読む

今後、成績優秀者の「海外表彰・研修」は減る(というより無くなる)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「成績優秀者の海外表彰(研修)」ついてお話しよう

記事を読む

ファミマ利用客の9割弱が現金払い

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はちょっと寄り道なお話『ファミマ利用客の9割弱が現

記事を読む

「2016年度末 前年同期比2.7%増の1809兆円 」家計金融資産が最高

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『2016年度末 前年同期比2.7%増の1809

記事を読む

公務員定年、65歳へ延長 年金開始引き上げに対応@朝日新聞

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『年金開始引き上げ』についてお話したいと思います

記事を読む

年金受給開始、70歳超も選択可能

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『年金受給開始、70歳超も選択可能』についてお話

記事を読む

内閣支持率と衆議院解散について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『内閣支持率と衆議院解散』についてお話したいと思

記事を読む

『教育無償化』について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『教育無償化』についてお話したいと思います。&n

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑