ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

相談事例:チューリッヒの「がん保険」ムダがあるような気がしますのでご指摘お願いします(72歳 男性)

公開日: : 最終更新日:2017/06/28 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

最近、がん保険ではとても人気のあるチューリッヒ生命の「3大疾病保険」に加入している方からの相談です。

 

【質問】

チューリッヒのがん保険の見直しを考えています。

主契約 終身

放射線治療給付金:100000円
抗がん剤・ホルモン剤治療給付金:100000円

特約  

ガン通院特約・三大疾病通院給付金:日額10000円   

ガン緩和療養給付金:月額100000円

 

三大疾病プレミアムです
保険料は、年払いで54270円

ムダがあるような気がします。
どこか削ったほうがよいのであれば、ご指摘お願いします。
その場合、理由もおねがいます。

 

【回答】

まず、この保険自体は保障と保険料のバランスから、私は良いものだと考えています。
 
ただし、医療保険やがん保険などの医療系の保険加入に当たっては、そもそも本当に加入が必要かどうか?を保険屋さんとは違う側面から私はご確認頂いています。
 
ご存知かと思いますが、日本は高額療養費制度という社会保障制度があり、70歳からは一般所得の方であれば自己負担は3割から2割に引下げられ、75歳では1割となり、その負担額の上限は外来のみであれば月に12,000円、外来+入院あれば月に44,400円まで引下げられます。詳しくはブログなども参考にして頂きたいのですが、ザックリ言えば◯◯さんのご年齢ですと、外来のみであれば窓口での支払は2割負担で、更に月に12,000以上支払った医療費、外来+入院あれば月に44,400以上支払った医療費は戻ってきます。ですから、ある程度の預貯金等がある方でしたら、医療保険やがん保険の加入自体がそもそも”ムダ”になります。 

*本当に医療保険が必要?@「高額療養費制度」とは


保険は損得だけのことではありませんので、医療保険やがん保険に加入していたことで“本当に良かった”という方もいらっしゃいますが、ただでさえ、国の制度によって強制的に毎月保険料を支払っているわけですから、これに加えて民間の保険会社の医療保険に加入するのであれば、それらも踏まえて考える必要があり、その最たる理由が医療保険やがん保険は保険会社の非常に儲かる商品で、確率論ではありませんが、殆どの方が支払うよりも受取る金額の方が少なくなっています。
 
一方で、私はブログなどでもよく書いていますが「貯蓄」は死亡、病気、就業不能、介護、すべての”万能薬”となると考えています。古澤さんが毎月の保険支払にどれくらい充てられるかはわかりませんが、優先順位は「貯蓄」にされると良いと思います。
 
これらも踏まえてなお、チューリッヒ生命「3大疾病保険プレミアム」に加入するのであれば、
 
・ガン通院特約 三大疾病通院給付金 日額10,000円   
・ガン緩和療養給付金  月額100,000円
 
は外し、
 
・ガン先進医療特約(既に医療保険などでご加入中でなければ)
・保険料払込免除特約
 
を付けておかれた方が良いと思います。保険料も、頂いている金額より少し安くなるはずです。
 
 
もし◯◯さんがこの保険に加入するよりも「もっと効率よくお金を増やしておいた方が良い」とお考になるようでしたら、下記ヒアリングシートへ回答の上ご連絡下さい。現在、超低金利下の日本ではお金を殖やすことが出来ませんが、世界の商品も含めて検討すれば、それほどリスクなくお金を増やしていくことが出来ますので、◯◯さんに良いと思われるものをいくつかご紹介出来るかと思います。
 
 
 

Point

保険商品自体がどんなに良いものだったとしても、そもそも加入する必要のないものであれば、それは単なる”ムダ”なものになってしましますね。
まずは、加入する必要があるのか?ないのか?そこの見極めからするようにしましょう。
 
『とりあえず何も入っていないから』
これが一番ダメなパターンですね。

『世界中からベストな保険を』K2Assurance 皆さんのオーダーメイドがここにはあります

無料直接相談はこちらから

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

相談事例:日本居住者でもアメリカで診査を受けると加入できるとあり、興味があります(39歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:現在妊娠中、不妊治療で授かることができましました。かんぽ生命学資保険加入を検討しています。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:保険の見直しを検討しています(30歳男性 独身)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:リスクがないか、少なく、25年で年利4-5%の商品はありますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:アフラックの直営の窓口で加入するのと、来店型保険相談のお店で加入するのでは、同じプランでも保険料は違いますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:三井住友海上プライマー生命「しあわせ、ずっと」解約した場合は円で支払われますか(62歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:マニュライフ生命の終身保険と医療保険に加入しました。解約すべきか悩んでます(27歳 女性 パート)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:郵便局の保険で新フリープランに加入しました。10年払っていれば確実に得をするものなのでしょうか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:これは告知する必要がありますか?告知義務に違反しますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は実際に相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。

記事を読む

相談事例:がんになりやすい遺伝子変異を持っていたことがわかりました。がん保険入れますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑