オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

7月から「ペーパレス化」メットライフ生命@イイね

公開日: : 最終更新日:2017/06/28 保険のニュース, 裏話

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は「メットライフ生命のペーパレス化」についてお話したいと思います。

 

以前にもブログでご紹介した通り、日本の保険業界は生損保問わず依然として「紙」だらけです。紙に埋もれています。

*保険業界は「紙」だらけ

 

これらの費用がどこから捻出されているかというと。。。もちろん「皆さんの支払う保険料」から

ネット社会となった最近ではこのような「紙」へのコスト削減や、ECOの目的もあり、保険業界でもペーパーレス化に以前より取組んでいて、お客さんにも営業職員にも、重くて評判の悪かった「約款」が多くの保険会社で「CD-ROM約款」になっていたり、自動車保険などでは「WEB約款」といって、オンライン上で確認してもらう方式や、保険証券すら「WEB証券」を選択ができたりしています。

また、これまでもSony生命など一部の生命保険(個人契約)では申込書類もペーパーレスで行うことができ、所定のPC端末などから電子署名することで契約ができるようになっていましたが、正直それほど普及していません。

 

メットライフ生命では2017年7月から、登録代理店すべてで「ペーパレス化」つまり、紙の申込書がなくなることになり、PCやiPadなどのタブレット端末での申込となります。おそらく、完全ペーパレスというのはメットライフが初めてではないかと思います(ライフネット生命などのインターネット保険は除く)そのため登録代理店、またその募集人は今、導入準備や研修で”ワサワサ”としているようです。

 

ペーパレス化は”紙代”という直接的な経費の削減にもつながりますし、あの大量の紙をストックしておくための保管場所も不要になるわけですから、保険会社はもちろん、保険代理店にとっても、これまで占拠していたの書類保管スペース分が少なくなれば、事務所賃料などの間接的なところでも寄与していけます。それらのコスト削減によって、契約者である皆さんの「保険料削減」に結びつくのであれば、それはとても良いことですね。

 

このブログでよくご案内している「海外積立年金」でも、もう何年も前からペーパレス化がされていて、すべてオンライン上で完結します。また保険に加入をしている方はご存知の「保険証券」ですが、これをPDFファイルにするか、実際の冊子で郵送してもらうかは契約者が選択し、PDFを選択すると初月の積立金額にボーナスとして上乗せをしてくれるような仕組みになっています。日本の生命保険会社でも保険証券をオンラインでダウンロードするか、これまでのように実物を郵送してもらうかを契約者自身が選択し、PDFを選択した人には割引をすれば、もっとペーパレス化が普及して良いと思うんですよね。。。

 

いずれにしても、今回のメットライフ生命の経営方針には賛成です。

ただし、、、このペーパレス化が皆さんの保険料に寄与するのか保険会社のフトコロに寄与するのか。。。

期待はするものの、何となく答えはわかっているような気もしますが…ガンバってメットライフ!

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

日本人の76%はパスポートを持っていない

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は日本人のパスポート保有率ついてお話をしたいと思

記事を読む

ソニー生命の変額終身保険「バリアブルライフ」1月から値上げ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日はソニー生命「バリアブルライフ」値上げのお話した

記事を読む

日本にはない海外の「共同名義」の口座・契約とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は「共同名義」の口座・契約についてお話したいと思い

記事を読む

「2016年保険業界」大きな変更点【比較推奨販売】とは?

皆さん明けましておめでとうございます。 「保険アドバイザー和田」です。今年もよろしくお願いします。さ

記事を読む

「定期特約付終身保険」を解約し、新契約を見直すテクニック

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、当時私が行っていたセールス手法をお話します。前

記事を読む

インフレ率2%って?「72の法則」を使ってイメージしよう

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日はインフレ率2%の世の中を「72の法則」を使って

記事を読む

「プロのファイナンシャルプランナー」ってなんだ?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『プロのファイナンシャルプランナー』についてお話

記事を読む

2017年4月〜取扱開始『海外個人年金』(無料入門書もできました)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『海外個人年金』についてお話したいと思います。こ

記事を読む

”保険大好き日本人”の保険加入率が低下

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は日本の保険加入率低下に関するお話です。 

記事を読む

「住宅ローン」「保険」・・・固定のものが良いか?変動のものが良いか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日「確定・固定のもの」「不確定・変動なもの」につい

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑