K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

『懸命に生きる子どもたち』を読んで

公開日: : 最終更新日:2017/05/23 my life

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。

今日は少し保険とは関係のないお話です。

「懸命に生きる子どもたち」という本を読んで感じたことをお話をしたいと思います。

 

著者は池間哲郎さん、国際協力ボランティア団体代表で子どもたちを支援している方です。

この本では、フィリピン、カンボジア、タイ、モンゴル、ミャンマーといったアジアの国々の貧しい現状、そしてそこで生きていく子どもたちの現状について書かれています。私はこれまで知らなかったのですが

日本のような豊かな国に暮らしている人々は世界の中のわずか20%

そしてこのわずか2割の人々で、世界の食料の7割を食べている

 

細かなことは読んで頂くとして、主に私が感じたところ、お伝えしたいことを少しご紹介します。

 

私の夢は大人になるまで生きること

小学生くらいの女の子に「あなたの夢は何ですか?」と聞いた時に返ってきた言葉です。

 

こんなご馳走は私ひとりで食べることは出来ません。家に持って帰ってお父さん、お母さんと一緒に食べて良いですか?

著者の池間さんが12名の子ども達とピクニックに行き、お昼のお弁当を配ると、幼い子どもたちは皆、飛び跳ねて喜んだそうです。

しかし、全員が何も口にしなかった。そして、4歳の女の子がこう言ったそうです。

 

帽子は親がかぶっています

カンボジアの小学生の子どもたちに黄色の帽子をプレゼントした時のエピソードです。貧しいこの子たちは今まで帽子をかぶったことはありませんから、とても喜んだそうです。

半年後・・・学校に行ってみると誰も帽子をかぶっていない。校長先生に尋ねると「帽子は親がかぶっています」と。

『自分たちは教室の中で勉強するから暑くても大丈夫。お父さん、お母さんは外で仕事をするから、暑くて大変なのでこの帽子をかぶって』

と、親にプレゼントしているのだそうです。

 

子どもが親のことをするのが当たり前

日本では親が子どものために何かするのが当たり前だと思われています。このブログでは「学資資金」の準備などもそうですね。

しかし「子どもが親のことをするのが当たり前」と考えている国のほうが圧倒的に多く、貧しい国の子どもたちは時として、親のために売られ、命を失うことも覚悟し、それを「仕方がない」と、受け入れているそうです。

 

シンナーは一番安い食事

空腹をごまかすためにシンナーを吸うそうです。神経がヤラレ、空腹感に襲われないために。

そして、やがて歯が抜け落ち、脳が溶け、ヨダレを流し痙攣しながら死んでいく。。。

 

マンホールで暮らす子どもたち

「ねずみは柔らかいところからカジリます。特に唇がやられます」

モンゴルは極寒の地です。マイナス40℃は当たり前、時にはマイナス60℃にもなるところです。

家のない貧しい子どもたちは寒さをしのぐため、お湯が通るマンホールの中で、身を寄せ合って暮らしている。真っ暗なマンホールの中は汚水が溜まり、悪臭が漂い、ねずみやゴキブリが走り回り・・・

 

まだまだお伝えしたいところもありますが、ぜひこの本を読んでみて下さい。

 

著者の最後の言葉「3つのお願い」

・知ることも大切なボランティア

・少しだけ分ける

・自分自身が一生懸命生きる

http://www.okinawa-acs.jp/shoseki.html

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

おみやげ買ってて遅れそうで割込み!? @空港保安検査場にて

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、保険とは全然関係ないお話をしようかと。。。飛行

記事を読む

あなたの保険担当者は”説明員”ですか?”アドバイザー”ですか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「あなたの保険担当者は”説明員”ですか?”アドバ

記事を読む

保険屋さんから嫌われる(”イラッ”っとされる)お客さん像

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『保険屋さんから嫌われるお客さん像』についてお話

記事を読む

厚労省が飲食店など建物内の原則禁煙を検討〜愛煙家だった私が禁煙できたわけ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は先日出ていました、厚労省の禁煙の話題と合わせ、私

記事を読む

日本人の「保険好き」は ”遺伝的なもの” なのかもしれない。。。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は日本人の「保険好き」が”遺伝的なもの”なのかもし

記事を読む

米国生命保険研修終了 in ホノルル

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日で3日間の米国生命保険の研修をすべて終了しました

記事を読む

海外で感じる「目には見えないもの」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、私が海外で感じる「目には見えないもの」について

記事を読む

2017年『今年の抱負』

皆さんあけましておめでとうございます「保険アドバイザー和田」です。さぁ今日から2017年のスタートで

記事を読む

Mac Life

あなたの生命保険を無料診断(所要3分) ↓↓↓ 皆さんこんにちは「保険アドバイ

記事を読む

「教育資金」娘の入学を通して感じたこと

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「教育資金」につて少しお話したいと思います。&

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑