ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

相談事例:キャッシュのほとんどが銀行にあるので分散しようと思います。

公開日: : 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

この方のように、海外に行かれる方は特に米ドルをお持ちになると良いですね。

 

【質問】

現在 節税保険で所有している資産がかなりあります。それを解約返戻金で順次受け取っていく予定です。

キャッシュのほとんどが銀行にあるので分散しようと思います。

メールマガジンでご案内ただいているドル建ての積み立て型の年金も考えています

米ドルやオーストラリアドルなら、海外旅行も好きなので為替のリスク関係なしに楽しめるかなあ〜と思っています。

おすすめのものがあればご紹介ください。

□年率目標リターン 10%

 

【回答】

キャッシュのほとんどが銀行にあるので分散しようと思います。米ドルやオーストラリアドルなら、海外旅行も好きなので為替のリスク関係なしに楽しめるかなあ〜と思っています。

おっしゃる通り「円安・円高」で「儲かった・損した」という為替に関係なく、外貨をお持ちになるのはとても良いと思います。ただし、豪ドルですと運用先もないですし、今後更に円は米ドルに対して安くなることが予想されますので、まずは世界基軸通貨の米ドルにしておいて、オーストラリアに行くときは、円と米ドルの「その時高い通貨」を豪ドルに転換して使いましょう。

*それでも”円”だけを持ち続けますか?【外貨を持ったほうが良い理由】①

*保険にも関係あり!?「9/16 格付会社S&Pが日本国債を”A+”へ格下げ」

 

メールマガジンでご案内ただいているドル建ての積み立て型の年金も考えています

「海外積立年金」には2種類あります。

 

1)「変額年金プラン」

ボーナス金利を積立額に応じて1~5%/年必ずもらいながら、世界にある200本ほどあるファンドからポートフォリオを組んで積立投資するものです。ご自身でポートフォリオを組み、運用することもできますが、弊社の推奨するポートフォリオで運用することも可能です。

仮に月々1,125USD(約123,750円)を積立られる場合、海外積立年金ではボーナス金利(固定金利)5%が満期まで必ずついてきます。弊社でご紹介しているご参考ポートフォリオで積立をする場合には過去7.88%/年の運用ができているので、これまでのパフォーマンスで殖やしていければ、積立最大年数の25年後満期時には、複利運用やボーナス金利によって、手数料等すべて含め以下のようなパフォーマンスシミュレーションとなります。(*1USD=110円)

 

・25年積立総額:1,125USD(約123,750円)✕12✕25=337,500USD(約37,125,000円)

・25年後満期想定額(8%運用):1,044,461.43USD(約1億14,890,000円)

・返戻率:309.5%

 

2)「140%元本確保型年金プラン」

15年後に積立た金額の+40%を最低保証した上で、米国の株式に連動し更に殖えて受けとれることができるものです。日本の固定利率の商品で、15年の積立期間で返戻率(満期金額÷総支払額)140%まで殖やせるものはありません。

仮に月々1,125USD(約123,750円)を15年間積立た場合は(*1USD=110円)

 

・1,125USD✕12✕15年=202,500USD(約22,275,000円)

・15年後:202,500✕140%=283,500USD(約31,185,000円:最低保証)

・最低保証返戻率:140%

 

年率目標リターン 10%

現在の超低金利下の日本ではお金を殖やすことはできませんから、ある程度まとまった資金で「年率10%」を目指す運用するのであれば「オフショア投資」などの海外の商品にする以外ないと思います。この「オフショア投資」をするには2つの方法があり、ひとつはファンドへの「直接投資」もうひとつは「オフショア資産管理口座」という口座を開設して投資する方法です。

「オフショア資産管理口座」というのは少額のプライベートバンクのようなイメージです。開設最低金額はUSD75,000以上(約825万円)で、この口座を経由してオフショアファンドへの投資を行います。通常のオフショアファンドへ直接投資するよりも、こちらを経由して投資することで最低投資額が引き下げてできるようになります。更に同口座では、ご希望の方はアメックスカードの発も出来ますので便利な使い方が出来ます。

オフショアファンドも各ファンドによって最低投資額があるので、◯◯さんが一括投資できる金額にによって、運用先やポートフォリをご提案します。

 

Point

外貨建商品はすべて「為替リスク」がありますが、今の日本の状況を考えればすべての資産を「日本円」で持つこと自体がリスクだと思いますので、これからは資産の一部は外貨、特に世界の基軸通貨である米ドルを持ち、円安・円高になって儲かったとか、損をしたということではなく、通貨を分散してお持っておくことがリスク回避となります。
また、全資産を日本国内に、全資産を日本円で持つ、または形成するのではなく、「資産の一部を外貨で持つ」「資産の一部を海外に持つことも重要です。
 

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

相談事例:あと2年で学資保険が終わるので、それを自分の老後用に変えたいと思っています(48歳 シングルマザー)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:保険に入る意味ありますか?(金融資産約1億円 40代男性 独身)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:老後の貯蓄について『円建』ばかりなので「どれをやめ、誰に回せばよいか」悩んでます(42歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:プルデンシャル生命の養老保険に加入しようと思っています。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

相談事例:無料相談の会社のプランナーさんに医療保険「メディカルキットNEO」、年金保険「こだわり個人年金」を勧められています(女性 46歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:親戚にアフラックの代理店やっている人がいるのですが、がん保険の切り替えを勧めて来ます(40歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:持病でも入れる保険に加入を続けるべきか…30代シングルマザーです。

あなたの生命保険を無料診断(所要3分) ↓↓↓ 皆さんこんにち

記事を読む

相談事例:日本居住者でもアメリカで診査を受けると加入できるとあり、興味があります(39歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:『ほけんの窓口』で見直したがこれでいいのか?不安です(33歳 女性 会社員)

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思いま

記事を読む

no image

相談事例:貴社のメルマガやブログを拝見し「海外積立年金」に興味が沸き、前向きに検討していきたいと思いました(31歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑