K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

相談事例:ほけんの窓口で三井生命「ドリームロードステップ」を提案されました。子ども(5歳)の教育費目的です。

公開日: : 最終更新日:2017/12/05 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

今後、教育費は確実に値上げされていくでしょう。

だからこそ、ちゃんと金利を付けて殖やさないと思わぬ落とし穴が。。。

*”学資保険は実質元本割れ!?”国立大学授業料「54万円」が16年後「93万円」に【現在の172%、1.7倍】

 

【質問】

子ども(5歳)の教育費目的で300万程をどのように管理したら良いか悩んでいます。これから最低10年は手をつける予定はありません。

保険の窓口で相談したところ三井生命のドリームロードステップという商品を提案されました。為替のリスクはあるものの毎年生存給付金を受け取れること、目標値を設定し目標に到達したら円に換算し受け取ることができるということで為替のリスクが軽減できるのではということでした。

今週の日曜に契約手続きにいく予定なのですがこれはいい商品でしょうか?

 

【回答】

保険の窓口で相談したところ三井生命のドリームロードステップという商品を提案されました。為替のリスクはあるものの毎年生存給付金を受け取れること、目標値を設定し目標に到達したら円に換算し受け取ることができるということで為替のリスクが軽減できるのではということでした。

まず、日本、海外含め外貨建商品はすべて「為替リスク」がありますが、今の日本の状況を考えればすべての資産を「日本円」で持つこと自体がリスクだと思いますので、これからは資産の一部は外貨、特に世界の基軸通貨である米ドルでお持ちになるのは良いことです。円安・円高になって儲かったとか、損をしたということではなく、通貨を分散してお持ちになることがリスク回避となります。

*それでも”円”だけを持ち続けますか?【外貨を持ったほうが良い理由】①

 

日本は昭和21年に「預金封鎖」と「デノミネーション」を行った過去があり、これをまたこの時代にするかどうかはわかりませんが、”するかしないか”ということと”安心”であることは別の問題です。今後の日本(特に経済面)に不安材料があることは既にお感じになっているのではないかと思いますが、不安材料がある以上、全資産を日本国内に、全資産を日本円で持つ、または形成するのではなく、一部を「海外」に「外貨」で、リスク分散しておくことだと思います。

*「預金封鎖」と「デノミネーション」

 

今週の日曜に契約手続きにいく予定なのですがこれはいい商品でしょうか?

目標値に達成するかどうかは不確定なので、確定(保証)されている条件でお話します。

米ドル建「ドリームロードステップ」保険期間10年の現在の利率は、2.45%となっていて、加入時のこの予定利率が保険期間中は保証され、毎年の生存給付金の金額が決まっている仕組みですが、実際に毎年受取る生存給付金はドル建でいくらになっているでしょうか?例えば◯◯さんの場合、一括で30,000ドルを支払って、毎年何ドルの給付金となっていますか?この金額がわかると支払った金額に対してどれくらいの利息(利回り)があったのかがわかりますね。

一方、一括で支払うタイプの海外の商品では、最もリスクの低いもので、5年満期、年2.5%の商品(定期預金のようなイメージです)があります。毎年の給付金が受取れるタイプではありませんが、こちらと比較してより多く殖やせる方が◯◯さんにとっては良いのではないかと思います。

*5年定期預金のイメージです【元本確保・預入5年・固定金利2.5%】の商品

 

また、海外の商品にする目的は「お金を殖やす」ことであると同時に「通貨分散」のために資産の一部を外貨(米ドル)を持つことと、日本国内ではなく「海外に一部の資産を持つ」ことも出来るため、上記で説明の通り、リスク分散の意味でも有効な手立てとなります。

 

Point

なにはどうあれ、学資資金の準備で一番皆さんが望むのは「お金が殖えること」ですね?日本の商品だけではなく世界を含め、広い視野で商品選択をすれば、よりよい条件で殖やすことができますよ。

ご相談があればいつでもお問合せ下さい。

 

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

無料直接相談はこちらから

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

相談事例:プルデンシャルジブラルタ生命のドル建終身保険に入っています(30代 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:死亡、医療、三大疾病、介護、就業不能の保険を検討中(41歳 男性 独身)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:香港で保険契約をすれば、相当なリターンが得られるとの誘いがあり、当地に出向きもしましたが(会社役員 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:資産運用をどのようにしていくか。外貨建ての個人年金や終身保険を検討しています。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:現在中国におりますが、貴社の推奨する年金保険は可能でしょうか?(40代 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:保険見直し相談(48歳 男性 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:明治安田生命「ベストスタイル」/かんぽ生命「ながいきくん」 保険の見直しを検討(夫42歳/妻35歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:しきりに海外積立を紹介なさってますが、そんなに良いでしょうか?(36歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:投資家でもないし、預貯金もたくさんないですが相談して良いものかと思いつつ、思い切って問合わせしてみました(シングルマザー 38歳 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:老後資金と子供の教育費資金を効率よく貯めたく、ご相談させてください(男性 34歳 外資系企業勤務)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑