オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

相談事例:退職金対策で半額損金に加入しようと思いますが、損しない保険はありますか?

公開日: : 最終更新日:2017/01/06 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は相談事例を紹介したいと思います。

会社でよく使われている半額損金算入の逓増定期保険の相談ですが「なぜ半損逓増なんだろう、、、」

*法人向け商品「逓増定期保険」とは?

*「法人で加入する保険」保険を使った節税とは?

 

【質問】

社長の退職金対策として低解約型逓増定期保険への加入を考えています。
現在51歳、75歳くらいまで働く予定でいます。
退職金は報酬月額×在任年数×功績倍率で今のところ7,800万位は認められているそうなので、それ以下の金額にしようと思っています。
半額損金にできるものに加入しようかと思いましたが、損しないか不安です。
これなら損しないという保険はありますか?

 

【回答】

半額損金にできるものに加入しようかと思いましたが、損しないか不安です。これなら損しないという保険はありますか?

「損をする」というのは何をもって「損をする」と言っているでしょうか?

もし、支払った金額よりも解約返戻金の方が少ない「元本割れ」の意味でおっしゃっているとすれば、被保険者51歳の条件で、現在販売されている半額損金(以下、半損)の商品では「元本割れ」つまり支払った金額よりも解約返戻金の方が多くなる、つまり返戻率が100%を越える商品はありません。これを単純返戻率と言います。しかし、法人契約においては全額、半損、1/3、1/4の損金算入が認められている商品がありますので、節税効果を含めた返戻率では100%を超えるものがあり、これを実質返戻率と言います。51歳の年齢で半損の逓増定期保険ですと、最も単純返戻率の高いもので、マニュライフ生命の逓増定期保険が契約から13年目、64歳時にピークを迎え返戻率約98%、実質返戻率で最も高くなるのが14年目の約125%となりますが(弊社調べ)いずれも73歳で満期を迎えるため、75歳前後で返戻率をピークとする目的には向いていません。

もし、75歳前後で実質返戻率を100%以上にするのであれば、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命などの長期定期保険(半損)、または三井住友あいおい生命の1/4逓増定期が良いでしょう。特に1/4逓増定期であれば実質返戻率が3年目から30年以上に渡って100%を越え、単純返戻率も8〜23年目で100%を越えています。保険としての保障も得られ、契約から8年以降は単純に支払った保険料よりも解約返戻金の方が多く、1/4の損金算入による効果を加味すれば3年目以降から100%以上の実質節税効果も得られていますので、「保険」としての機能を無視し、キャッシュの流れのみで確実に損をするとすれば4年目以内の解約となります。

 

Point

51歳の経営者の方が75歳の退職予定に向け、退職金を準備する。

もしこの方のニーズであれば、目的に適しているのは恐らく長期定期保険か1/4逓増定期です。

ではなぜ半額損金の逓増定期を提案されたのでしょうか?

勘の良い方ならもうおわかりですね?

保険セールスの手数料(コミッション)です

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 15年後に140%(元本+40%)が保証
  • 毎年5%の固定金利
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

にほんブログ村

関連記事

相談事例:AIG富士生命「E終身」と「半年複利0.5%」ではどちらが有利ですか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

相談事例:みずほ銀行で勧められた「第一フロンティア生命 600万一時払い豪ドル死亡保険」について教えて下さい。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:今は終身保険(死亡保障)を買うタイミングでないですか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。この問題意識があ

記事を読む

相談事例:月4万でおすすめプランありますか? 目的は「老後資金」や「学資保険」です

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:課税される預金を非課税の生命保険に移すだけで相続税の節税メリットがあるのでは?と考えている(63歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:妊娠した為、学資保険加入を検討

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:主人が6歳の娘のために三井生命「ドリームフライト」という外貨建個人年金に加入

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談事例を紹介したいと思います。恐らく三井住友銀

記事を読む

相談事例:金融庁のしばりで知られていないだけで、富裕層から庶民まで利用してる海外の積立に興味があります

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:今、医療保険とガン保険に入ろうと思っているので、その相談をしたいです(30代前半 ご夫婦)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:老後資金目標金額は最低1,200万円以上。余裕をみると3,000万円以上必要かもしれません(39歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
    海外口座相談バナー
    shinshutsu.jpg
PAGE TOP ↑