ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

証券分析事例:旧AIGエジソン生命「特定疾病保障付ドル建とく割終身保険」の見直し(38歳 女性)

公開日: : 証券分析事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は証券分析事例を紹介したいと思います。

 

簡単にこの方のプロフィールです。

【39歳 女性 現在休職中】

家族構成

夫40代前半

子2人(長男・長女)

この方は、弊社主催のセミナー後、現在の契約内容が今の自分に合ってるのかどうか確認したいとのことで証券分析の依頼を頂き、以下の質問もありました。
 
現在、旧AIGエジソン生命の特定疾病保障付ドル建とく割終身保険に加入しています。お葬式代、もしくは老後の年金用としても使えます、とFPさんに勧められ契約しました。契約は2010年10月。60歳払済み。初回に一部一時払い7300ドルと一回分保険料95.68ドルを支払。以後、毎月95.68ドル支払中。60歳になると払い戻し率は133.6%。老後の備えまたはお葬式代として、このまま継続した方がいいのでしょうか。

では、分析結果です。
**********************************
 
 
 
◯表全体の見方として
死亡保障・医療保障・老後(年金)に分け、それぞれの区分で加入年順に上から並べています。
ご加入中の保険は特約で三大疾病の診断給付金が支払われるタイプですが死亡保障と区分しました。
青の数字は少しご説明のいる部分で、下記で説明をしていますので参照下さい。
尚、米ドルは緑の文字で表記し、日本円で換算する場合は(*1USD=110円)として計算します。
 
 
◯証券分析
1.)AIGエジソン生命「特定疾病保障付ドル建とく割終身保険」
・2010年加入(33歳)
・死亡保険金:100,000USD(約1,100万円)
(ドル建終身70,000USD+特定疾病給付金30,000USD)
・保障期間:終身
・一時払保険料:7,300USD(約803,000円)
・月払保険料:95.68USD(約10,500円)
・払込期間:27年(60歳)
・払込総額:38,300.32USD(約4,213,000円)
・解約返戻金(60歳):51,193.69USD(約5,631,000円)
・上記返戻率:133.7%
 
死亡保険金70,000USDの米ドル建終身保険に、特約で特定疾病給付金30,000USDが付いた保険です。
この特約では特定疾病で所定の状態になった場合、または亡くなった場合に30,000USDが支払われます。
特約部分が低解約返戻金型となっているため、払込終了までの解約返戻金は低く抑えられ、払込終了後に立上がっています。
また、『特定疾病診断保険料免除特約』が付いていますので、特定疾病給付金の受取事由に該当すると以降の保険料の払込は免除されます。
尚、上記の一時払保険料は*1USD=110円で計算していますが、2010年10月当時の為替レートでは*1USD=84円前後でしたので、実際には7,395.68USD(73,000+95.68)=約62万円くらいの入金ですね。
 
◯アドバイス&ご提案例
1.)AIGエジソン生命「特定疾病保障付ドル建とく割終身保険」→ 死亡保障が必要であれば「継続」 or 保障よりもお金を殖やすのが目的であれば「払済」
 
前回もお伝えのように、生命保険加入にあたっての一般的な考え方である、◯◯さんに万が一があった場合に「どなたが」「どれくらい」金銭的にお困りになるか?この「必要保障額」についてザックリで構いませんので、計算してみて下さい。
 
必要保障額の考え方はこちらを参考にして下さい。

*「万が一の必要保障額」ってどれくらい?

 
その上で、約1,000万円の死亡保障が必要ということであれば、この商品自体は悪いものでありませんので、そのまま継続されるのが良いと思います。
1,000万円の死亡保障ががそれほど必要ないのであれば「払済」にされ、毎月の保険料を積立ていかれた方が良いでしょう。
 
老後資金など「お金を殖やす」目的には「海外積立年金」で殖やしていかれることをオススメします。
「変額年金プラン」では最低100USDから、「140%元本確保型年金プラン」では最低200USDから積立ることが出来ます。
 

Point

その後、このようなお返事を頂きました。

 

お蔭様でまず自分は何のためにお金を必要としているのか、ということがはっきり致しました。
終身保険でお葬式代をまず確保し、あとは教育費や老後の為にお金を貯めたいと目標がクリアになりました。

そして早速保険会社に連絡し、払済みの手続きを致しました。
三万ドルが死亡保障として支払われる、とのことでした。

これから先生のブログなどで勉強し、資産を増やせる様にやりくり出来たらと思います。

メルマガ、楽しみにしております。
この度は有り難うございました。

 

「良かったなぁ」と思う言葉です。ありがたいです。

「証券分析」ご希望の方はこちらからご依頼下さい。
(いくつ保険に加入していてもすべてまとめて3,000円で診断します)

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

証券分析事例:日本と海外の保険に契約されている方の事例です(60代 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は証券分析事例を紹介したいと思います。 簡単にこの

記事を読む

証券分析事例:20歳の時に、ニッセイ「みらいのカタチ」へ加入した女性からの相談です

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は証券分析事例を紹介したいと思います。ではまず、こ

記事を読む

証券分析事例:「ほけんの窓口」に訪問し、メットライフ「USドル建IS終身保険」アクサ生命「ユニット・リンク」をススメられましたが、こちらで保険見直し

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は証券分析事例を紹介したいと思います。(*ご本人か

記事を読む

証券分析事例:プルデンシャル 5契約、海外積立年金 Hansard社「Aspire」の証券分析(39歳 男性 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は日本のプルデンシャル生命と、海外の積立年金Han

記事を読む

証券分析事例:来年お子さんが生まれるのを機に、合計16本に加入中の保険見直し

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は証券分析事例を紹介したいと思います。(*ご本人か

記事を読む

証券分析&契約事例:加入中の20本の保険を見直し「海外積立年金」「オフショア投資」をされた方(50代 会社員 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は国内の保険に計20本加入していた方が「証券分析」

記事を読む

証券分析事例:「海外積立年金」で老後準備されている方の「医療保険」見直しの事例【47歳 女性 会社員】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は証券分析事例を紹介したいと思います。(*ご本人か

記事を読む

証券分析事例:現在、プルデンシャル生命「リタイアメント・インカム」に加入されている方の分析(23歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は証券分析事例を紹介したいと思います。 

記事を読む

証券分析事例:保険も入りたいのと老後資金を増やしたいこともあり、両立が悩ましいところです(36歳 男性 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は証券分析事例を紹介したいと思います。 

記事を読む

証券分析事例:前回のご主人に続き、奥さまの加入している4つの保険の見直し

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は証券分析事例を紹介したいと思います。(*ご本人か

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑