オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

相談事例:アメリカの生命保険の方が色々いいと聞いて入りたいのですが(シカゴ在住 女性)

公開日: : 最終更新日:2016/12/04 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

お陰さまで、海外にいる方からもご相談があります。

 

【質問】

シカゴに駐在で滞在ですが、アメリカの生命保険の方が色々いいと聞いて入りたいのだが、日本政府が許可してないから入れないと聞きましたが・・無理でしょうか?

 

【回答】

米国の生命保険は、日本の生命保険に比べて利率も高く、加入後も柔軟に設計をアレンジすることも可能ですので、多くの優位点があります。駐在の日本人の方でしたらビザを持たれていると思いますので、米国人とまったく同じとは言えませんが、直接契約できる保険会社は結構あります。ビザの種類を教えて頂けますか?

また、保険業法上は「日本にない海外の保険会社が日本に居住する日本人から保険契約を受けてはいけません」と、なっていますが加入スキーム自体は違法性はないものと考えています。

*何だか妙な日本の保険に関する法律

*【保険業法第337条】海外の生命保険に契約した個人は最大50万円の過料…さて、どこに支払うか?

 

 

◯◯さんは具体的のはどのような保険を検討されているのでしょうか?

より詳しくアドバイスをご希望の場合、以下の質問へのご回答をこちらのメールに返信、 または保険ヒアリングシート(リンク先)からお答え頂ければ、一般的なアドバイスはできるかと思います。

 

・ご年齢

・喫煙の有無

・健康状態

・家族構成(ご家族、それぞれの年齢)

・職業

・年収(税引き前)

・預貯金額(含む投資商品)

・現在加入中の保険(含む年金保険)

・保険に加入した理由

・その他、人生においてどのようなことを目標としているか、何が不安か、などあればなんでもお聞かせください。

※保険ヒアリングシート(無料)

 

Point

海外の保険は多くの面で日本の商品よりも優れている部分も多いですが、それぞれの状況に合わせて日本と海外とをアレンジしながらプランニングしましょう。

いつでもお気軽にご相談下さい(無料です)

*http://海外生命保険相談.com/domestic/

無料直接相談はこちらから

海外生命保険入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の金利が低く、手数料が高く(保険マンや接待費に支払っている)、利便性も低い保険に入っている方のために、米国生命保険をわかりやすくまとめました。

  • 解約返戻金が高い
  • 死亡保険金も高い
  • 手数料が低い
  • 利便性が高い(保険料が支払えない時はスキップできる)

生命保険に入りたい方はぜひご覧ください

ちなみに私(現35歳)が保険に100万円加入すると、私が死亡した時に1.1億円出てきます。明日にでも。

関連記事

相談事例:将来、老後の資金を貯めたい(24歳 女性 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:「割高な金額を払っているのでは?」現在『未来デザイン1UP』を契約しております(24歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:日本の保険会社のドル建保険を検討していましたが、海外積立年金の条件が良い事を無料入門書で知り考えてます(50歳 会社員 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:職場で勧められるまま契約しました。見直したいと思っています(33歳 男性 公務員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:出産前に医療保険含め、全てを見直したいです(38歳 非常勤講師)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:ユニットリンクを検討してこちらのホームページにたどり着きました。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:学資保険は入った方がいいですか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

相談事例:クレジットカードを持っていませんが「海外積立年金」を始められますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:プルデンシャル生命の養老保険に加入しようと思っています。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

相談事例:今まで都民共済に入っていたが、保障内容が減っていくこと、85歳までしか加入できないことが気になってきた

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑