オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

相談事例:マネーセミナー後の無料相談で、FPに言われるがまま契約してしまいました(30歳 女性 既婚)

公開日: : 最終更新日:2017/01/03 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は相談事例を紹介したいと思います。

それにしても、多いですね〜女性をターゲットにした「マネーセミナー詐欺」(と、私は命名しています)

 

【質問】

保険について疑問があり質問いたしました。

30歳女性既婚、共働きで子供はおりません。

結婚を機に今後の生活設計を考えようとFPのマネーセミナーに出席、その後の無料相談で、FPの経歴や自信に満ち溢れた態度に心を奪われ、その場で言われるがまま保険に契約してしまいました。

 

1.生命保険:アクサ生命のユニットリンク月1万円

2.個人年金:マニュライフ生命のこだわり個人年金外貨建て 豪ドル月1万円

 

契約後からモヤモヤした気持ちが拭えず、自分なりに勉強したところ以下の疑問が湧き、保険を解約をすべきか悩んでいます

1.ユニットリンクについて。

FPからは保険の税制上のメリットと、10年で払済みにし、景気の波を越えて好景気の時に解約すればよいと言われました

それならばNISA口座で積立投信のインデックス投資で十分でないか

 

2.個人年金 豪ドル積立

こちらも10年で払い済みをすすめられました。でも10年で払い済みなら個人年金の意味は…と思っています

豪ドルより米ドルにしておけば…とも思っております。

 

保険の内容に疑問を覚え、信頼していたFPを全く信用できなくなりました。

今解約してしまい数万円を捨てるべきか、10年で払い済み解約なら得は少なくも損をする事もないのかもと悩んでおります。

 

【回答】

まず、それぞれの商品についてコメントします。

1.アクサ生命「ユニット・リンク」

この商品はあくまでも死亡保障の付いた「保険」で、保険以外の何ものでもありません。「保険」という機能に一部、「運用」という機能が付いているもので、年齢により、毎月の保険料の約30%〜40%程度が死亡保障としてのコストとしてが差引かれ、残りの約60〜70%が貯蓄・運用に回ります。◯◯さんの場合、月々10,000円の保険料のうち6,000〜7,000円くらいしか積立(貯金)に回っていないわけです。10年後に払済の提案を受けたということは、この商品で「死亡保障」を目的としているのではなく(死亡保障が必要であれば払済にはしないので)お金を殖やすことを重視されているからだと思いますから、その目的においては、今後数十年に掛けてこのコストを支払うのはあまりにもムダです。毎月支払う保険料が運用(貯蓄)にダイレクトに運用に回された方が良いのは明らかですね。

お金を殖やす」ことを目的としては適した商品ではないにも関わらず、FPと言う名の「保険セールス」はマネーセミナーを開催して特に女性をターゲットにこの商品をモーレツに販売、契約数を大きく伸ばし、後々トラブルになるケースも最近では非常に多くなっています。

*まだどこにもない情報〜アクサ生命「ユニット・リンク」パンフレット内容変更の意味するもの

 

死亡保障が必要な場合は収入保障保険や定期保険などで準備し、「保障は保障」「貯蓄は貯蓄」で分けてお入りになる方が良いですね。何故、保障と貯蓄を分けて考えるべきなのか?など、ブログで詳しく書いていますので参考にして下さい。

*アクサ生命「ユニット・リンク」の契約理由・第1位【老後資金】・第2位【学資資金】〜それ入っちゃダメです

 

2.マニュライフ生命「こだわり個人年金」

確定利率の商品や、最低保障された利率の商品においては「円建」よりも「外貨建」の方が利率も良いですし「通貨分散」の意味においてもとても良いわけですが、この商品も、実は

かなりヒドイ商品です

こちらの数字をご覧下さい。

1年目:37%

2年目:65%

3年目:75%

4年目:80%

17年目:100%

実はこれ

『積立比率』

というものです。この積立比率は30代半ば男性のシミュレーションですが、毎月支払う保険料、すなわち

毎月の積立金額の何%が実際に積立にまわされているかの比率です。

仮に、毎月10,000円を積立たとすると、1年目は3,700円(37%)しか積立にまわっていません。2年目で6,500円(65%)、3年目が7,500円(75%)。

支払った10,000円が100%積立にまわるのは、なんと17年後。。。

これだけ差っ引いてるので、販売する側の手数料(コミッション)も高いわけです。

 

他にも、パンフレットをよくみると基準積立利率はマニュライフが−1.0%から+1.5%も増減させて良いことになってますから、『場合によっては−1.0%』になる可能性もあります。

*こりゃヒドイ「マニュライフ生命 こだわり個人年金保険」

 

また、「豪ドルより米ドルに」とのご指摘に関してですが、今の日本の状況を考えればすべての資産を「日本円」だけで持つこと自体がリスクだと思いますので、これからは資産の一部は外貨にし「通貨分散」しておくことはリスク回避として重要であると考えています。◯◯さんが、資産の一部を既にいくつかの通貨でお持ちであれば「豪ドル」の選択肢も悪いものではありませんが、最初の分散先としては世界の基軸通貨である米ドルでお持ちになるべきだと思います。

 

どちらの商品も、契約前にこれらの説明(ディスクローズ)受けましたか?

恐らくクーリングオフの期間は過ぎているかと思いますので、この契約を破棄する(なかったことにする)方法としてはカスタマーセンターや、生命保険相談所(金融ADR)へ報告してみると良いでしょう。契約までのやり取りが文書などで残っていれば、契約を撤回できる可能性があります。

*苦情はここへ”Go”~「金融ADR(Alternative Dispute Resolution)制度」とは?

 

いずれにしても、円建だろうがドル建だろうが、日本の保険会社の提供する商品で「お金を殖やす」ことは考えないほうが良いでしょう。

もし、どうしても「国内の商品」という場合は「NISA」よりも「確定拠出年金(401K)」

ただし、殖やすことは期待せず「定期預金」で積立るぐらいで良いでしょう。殖えもしませんが、減りもしません。「税効果」だけで十分です。

*日本国内の商品で老後資金を作るならこれ「個人型確定拠出年金(401K)」

*掛金全額所得控除「確定拠出年金(401K)」の税効果について

 

これから10年という期間を無駄にするよりは、多少の損失はあっても「解約」された方が良いと思います。何よりも今の「モヤモヤ」とした気持ちで10年も過ごすことの方が、お気持ち的に良くないのではないでしょうか?

 

お金を「殖やしたい」のであれば「海外積立年金」がオススメです。

「海外積立年金」

 

・積立金額によって1〜5%のボーナス金利が必ずもらえる

・世界中にある優良な投資先が200以上ある

・積立期間 – 10年、15年、20年、25年から選択可能

・共同名義人が設定可能 

・積立開始2年以上経過後は一部引出や支払の一時停止が可能

・通貨の分散

・日本以外の国での資産の保全

 *「預金封鎖」と「デノミネーション」

 

多くのアドバンテージがあります。

Point

 

できれば、加入前に私のブログを読んで頂けていたら。。。

FPと言う名の「保険セールス」には気をつけて下さいね。

*FPと名乗る「ポジショントーク」に振り回されではダメ!~「ポジショントーク」とは?

*保険セールスから「保険に入らないほうが良い」という選択肢を提案されていますか?

 
 

何か疑問に思うことがあればお気軽にご相談下さい。

*http://海外生命保険相談.com/domestic/

 

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

相談事例:「ユニット・リンク」に入ってます。年金の積立て感覚だったので正直騙された感じがあるのですが

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:現在加入している保険の見直しを考えています(45歳 サラリーマン 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に診断依頼を受けたお客様の事例を紹介したいと

記事を読む

相談事例:保険料控除等を利用するため、少額払いで「ユニット・リンク」や「変額個人年金」を利用するのはアリですか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:『ほけんの窓口』で見直したがこれでいいのか?不安です(33歳 女性 会社員)

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思いま

記事を読む

相談事例:第一子出産予定の為、学資を貯める保険を検討しています(33歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:高血圧と高コレステロールのため現在服薬中。持病があっても加入出来ますか?(60歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:定期保険で99歳満期に設定すると、100歳まで生きると死亡保険金は出ないってことですよね?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:480万円払って10年後500万円になって戻ってくる「一時払養老保険」はお得でしょうか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:積立利率変動個人年金保険(レグルスⅢ:米ドル建2005)について教えて下さい

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:保険見直し相談(48歳 男性 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑