ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

皆さんは「清め塩」してますか?

公開日: : my life

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

 

数日前、あるクライアントの通夜に参列してきました。保険業界に身を置く20年以上前、かつて私がサラリーマン時代に精密機器の商社で働いていた頃からお付き合いのある方で、まだ50代半ばでの死でした。奥さまのお話では朝目が覚めた時には体が冷たくなっていたそうで、亡くなった原因はまだその時点では不明とのことでした。最後にお会いしたのは2〜3年前、ご夫婦と一緒に焼き鳥屋さんで一杯飲んだ時だったと記憶しています。しばらくご無沙汰してしまってことが今となっては悔やまれます。酒とタバコが大好きな明るい方で、よく「和田ちゃん、和田ちゃん、、、」と可愛がってもらい、保険業界に身を置く以前から、まだ社会人として半人前の私にいろいろ教えてくれた先輩のような存在でした。

 

通夜に参列し焼香を済ませ、その後以前から予定が入っていた食事会に向かいました。

「真っ黒のスーツ着て、今日はお葬式かなんかだった?」

「そうそう、お世話になった方のお通夜だったんですよ」

「塩、お清めした?」

「いえ、してません。と、いうか私しないんで・・・」

 

一般的に「清め塩」というのは「穢(けが)れたものを清める」意味の塩で、子供の頃両親からも、家にそのまま不幸を持ち帰らない、外で清めてから家に入るんだ、と教えられました。しかし、保険の仕事を始めたのもキッカケとなり、その風習は私の中からなくなりました。私は亡くなった方の通夜や葬儀を”穢れ”だと思っていないからです。それは亡くなった方に失礼だと思うようになりました。

 

その後、自宅に帰宅し香典返しの袋の中を見るとこのような紙が一枚入っていました。

清め塩

 

なるほど、この考え方って浄土真宗の考え方なんですね。

 

しかし、一方でまた違う解釈もあるようです。

「ケガレ」は「穢れ」と書き、また「汚れ」とも書きますので混同しがちですが、穢れとはそもそも「気が枯れた状態」「気枯れ」つまり、生気が衰えた状態「木枯れ」であって、キタナイもの=ケガレではく、そのような異常な状態から「平常な状態」にもどすことが「祓(はらへ)」ということでもあるようで、「平常に戻るために心を清める」清め塩はそんな意味もあるんですね。

 

宗教や宗派によって「死」に対して様々な解釈や、しきたりがりますが大切なのはあるひとつの考え方にとらわれるのではなく、世の中には多種多様な考え方があるのだということと、何よりも亡くなった方に思いを馳せ、心から手を合わせることなんだと思います。

 

ー心からご冥福をお祈り致します。ありがとうございましたー

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

海外に行く人も多いですね@GW

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「海外に行く人も多いですね@GW」のお話をした

記事を読む

日本人の「保険好き」は ”遺伝的なもの” なのかもしれない。。。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は日本人の「保険好き」が”遺伝的なもの”なのかもし

記事を読む

iPhone7+ おサイフケータイ + Apple Watch = ”欲しい”

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「iPhone7」のお話。「iPhone7」と「

記事を読む

販売するものがどんどん無くなる保険屋さんたちの悲鳴

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険セールス」の方に向けて少しお話したいと思い

記事を読む

『今は働いてるから払えるけど、これから何十年も払えるかどうかわからないよね〜』老後資金について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「老後資金の準備のタイミング」についてお話したい

記事を読む

「地酒祭り 春の陣2015」に行ってきました

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 日曜日いかがお過ごしですか?今日はちょっと寄り

記事を読む

私なら「MDRTから保険に加入したくない」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。私はこのブログの中であまり個人的な感想を書くことはな

記事を読む

ある保険トップセールスの『マニュライフ生命・こだわり個人年金』へのホンネ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『ある保険トップセールスの『マニュライフ生命・こ

記事を読む

あなたの保険担当者は”説明員”ですか?”アドバイザー”ですか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「あなたの保険担当者は”説明員”ですか?”アドバ

記事を読む

海外で病気になったら!?オススメ海外旅行保険【三井住友海上 ネットde保険@トラベル】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。さて、日本ではいよいよゴールデンウィークですね。先日

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑