ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

「解約」「トラブル」「クレーム」の対処ほどより迅速に、丁寧に

公開日: : my life, 裏話

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

 

「解約」「トラブル」「クレーム」の対処ほど迅速に

この業界の方がもしこれを見ていて、少しアドバイスをするなら「解約」や「トラブル」「クレーム」の対処ほど迅速に行うべきです。特に自分の手数料などのために”ウソ”をついてまで、解約を阻止しようとする保険セールスがいるようですが、クライアントから解約の理由を聞き、その理由に誤解や間違った解釈がないのであれば、すぐに手配を進め対応しなければいけんません(もちろん、ある年月の中で解釈に誤りがあり、それを改めて正しく説明しても解約になるケースもありますが)また、クライアントの中には「解約理由」を言いたくない方もいるかもしれませんが、それはそれで先方にも何か言いにくい理由、言いたくない理由(例えば経済的な理由など)があるわけですから、それ以上聞いていけません。「契約をもらう」とはそうゆうこと。それも含めて受けるんです。

 

保険業界のコミッション(手数料)

業界以外の方ですと、ご存じない方もいると思いますので少し説明しますが、一般的には保険セールスはフルコミッション、またはそれに準ずる報酬形態で働いています。つまり「やったら、やっただけ」給料に反映されるわけです。このコミッションは保険会社や保険商品、さらに商品ごとに契約年齢や契約期間、保障金額などにより細かく規定されています。このコミッション(手数料)規定の中にはクライアントによる「解約」などのルールもあり、多いのが2年、または3年以内に解約(部分解約含む)があると、その金額や経過年数に応じてコミッションを保険会社に返還しなければいけません。業界ではこれを戻入(れいにゅう)と言い、各会社の商品ごとに「戻入規定」というものがあります。稀にこの「戻入規定」のない、つまりいつ解約されてもコミッション(手数料)を返還する必要のないような商品もあります(ソニー生命の商品に多いですね)

また解約は、業界では「IQA」や「MOF」という契約継続率の数字に影響し、この数字が悪く、つまり継続率が悪くなるとコミッションレートが悪くなったりボーナスに影響したりしてきます。同じ契約を取っても、コミッション(手数料)が少なくなってしまうわけです。

 

主にこのような理由のため保険セールスは、特に契約から2〜3年以内の解約には躍起になって”阻止”を試みるわけです。時には”ウソ”をついてまで、解約阻止しようとします。どんな業界だろうと”ウソ”の説明はいけまんが、特にお金を扱う仕事をしている人のやることではありません、やってはいけないトンデモナイことなわけです。

 

新しい良い商品が出ましたので下取りしませんか?

それでいて、契約から2〜3年を超えると今度は手のひらを返すの如くセールスレディは見直しをススメにやって来ます。

そう「転換」と呼ばれるものです。

実は多くの保険会社で、契約から2〜3年を超えると今度は「新契約」として、再度コミッション(手数料)の支払対象になるからなんです。

クライアントを”オモチャ”にするのもいい加減にしろ!といった感じです。

*ご注意ください!!保険の下取り「転換」とは?

 

「契約の時だけ”良い顔”して」

クライアントからそんな風に言われてはいけません。

ましてや、解約などで暴言を吐くような輩は呆れてものが言えない。。。セールスである以前に人としての問題です。

 

しかし、クライアントの方にも一言

自分はお客さま

こうゆう方も中にはいますよね?自分はお客さまで「お金を払っているんだ」という人、これもこれでダメ。

セールスもクライアントもお互い”人”ですから、やはりこれでは良い関係は出来ません。保険のような長くに渡って信頼関係を築くには尚更です。

どの商品、サービスにもその対価としてフィー(料金)を支払う、保険のアドバイスや投資のアドバイスだってそう。

プロが持っている知識や情報、サービスを提供するために、プロは時間やお金を使い、経験を積み、皆さんにそのサービスを提供しています。弁護士や税理士、医師、看護師、美容師、エンジニア、プログラマー、料理人、なんだってそうです。その人達が持っている知識や情報、技術やサービスに敬意を払い、それに対する対価を支払うのは当然ですね。

お互いに良い関係を作るとはそゆうことが原点にあるということをセールスもクライアントもお互いに理解し、尊重することが必要ではないでしょうか?

20、30年以上の長くに渡って活躍しているセールス達は、それぞれのスタイルはありますが、どこかこの根底の部分は同じではないかと思います。

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

「遺伝子検査」の結果を見て、保険加入するという方法はどうか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「遺伝子検査」について少しお話しようかと思います

記事を読む

”保険大好き日本人”の保険加入率が低下

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は日本の保険加入率低下に関するお話です。 

記事を読む

おみやげ買ってて遅れそうで割込み!? @空港保安検査場にて

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、保険とは全然関係ないお話をしようかと。。。飛行

記事を読む

完全実力主義!?「保険営業のコミッション」について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険営業のコミッション」につて少しお話したいと

記事を読む

『今は働いてるから払えるけど、これから何十年も払えるかどうかわからないよね〜』老後資金について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「老後資金の準備のタイミング」についてお話したい

記事を読む

iPhone7+ おサイフケータイ + Apple Watch = ”欲しい”

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「iPhone7」のお話。「iPhone7」と「

記事を読む

私なら「MDRTから保険に加入したくない」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。私はこのブログの中であまり個人的な感想を書くことはな

記事を読む

実は「海外積立年金」をやっている保険屋さんも多い

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「海外積立年金」をやっている保険屋さんが多いこ

記事を読む

日本人のお客を”◯◯”にする!?18年連続「MDRT」会員数第1位「プルデンシャル生命」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「プルデンシャル生命」について少しお話したいと思

記事を読む

保険を売りたい人の思考回路を理解しておこう

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、先日ご紹介したYahoo知恵袋での相談事例につ

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑