K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

契約事例:ジブラルタ生命、日本生命の保険を見直し、海外積立年金&オフショア投資を始められた方の事例

公開日: : 最終更新日:2016/11/08 契約事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は提案されていた保険、加入されていた保険を見直し、海外積立年金とオフショア投資を始められた方の事例を紹介したいと思います。

(*ご本人からは個人を特定できないことを前提に、ご了承の上紹介させて頂いています)

 
簡単にこの方のプロフィールです。

【東京都 会社員 31歳 男性】
最初にこの方から頂いたご相談は

現在、アクサ生命のユニットリンク保険(有期型)を薦められており、死亡保障と興味のあった投資信託の2つが同時に出来るため申し込みを考えており、月額保険料4万円80歳満了で死亡保障金約3千万円が提案されました。ただネットで色々と調べていくうちに海外積立年金がある事を知りました。

 

このブログでもだいぶお馴染みのアクサ生命「ユニット・リンク」です。これ、老後資金を目的に入ってはいけない保険でしたね。

その後、現在加入されている保険についてもご相談があり、加入していたのが


1)ジブラルタ生命:リタイアメント・インカム
2)日本生命:年金名人EX(個人年金保険)


1)を4年弱、2)を5年支払ってきました。

詳細は過去のブログでも紹介しているので、そちらを読んで頂ければわかりますが、1)はある時期に「払済」にした方が返戻率が良くなるので、この方は6ヶ月分の保険料を前納して「払済」にしました。
2)は支払い続ければ続けるほどマイナス額(損失)が拡大するので、すぐに解約

相談事例:貴社のメルマガやブログを拝見し「海外積立年金」に興味が沸き、前向きに検討していきたいと思いました(31歳 男性)


今回の見直しにより、若いうちに(支払い期間が短いうちに)もっと効率よく殖やすことのできる商品に乗り換えたほうが得だと判断をされました。

その商品が・・・


1)変額年金プラン(海外積立年金):300ドル(月)×25年
ボーナス金利を積立額に応じて1~5%/年必ずもらいながら、世界にある200本ほどあるファンドからポートフォリオを組んで積立投資するもの。ご自身でポートフォリオを組み、運用することもできますが、弊社の推奨するポートフォリオで運用することも可能(2016年8月現在8.06%/年)

2)140%元本確保型年金プラン(海外積立年金):200ドル(月)×15年
15年後に積立た金額の+40%を最低保証した上で、米国の株式に連動し更に殖えて受けとれることができるもの。


これで、今契約されたいた保険よりも「多く」「早く」老後資金を用意できることになります。


更に、現在持っているまとまった資金の運用先として、少額(USD 30,000)から開設できるようになったオフショア資産管理口座経由で、

世界学生寮ファンド:USD10,000(約100万円)
英国介護不動産ファンド:USD10,000(約100万円)
マイクロファイナンスファンド:USD10,000(約100万円)


の運用を始められました。
これで年8%くらいの平均リターンとなりそうです(複利)

 

Point

ご相談頂く方の中には「いつかやろう」「今度やろう」という方も残念ながらいらっしゃいます。

この方は非常に理解と決断が早く、私からのアドバイス後すぐに加入中の保険見直しの対応を行い、次の行動(積立、運用)にうつされました。

これは金利同様に「時間」という武器を味方にするためにとても大事なことです。

積立るなら1日でも早いほうが良い

 

一部の方が未だ持っている「海外」とういう間違った偏見をなくし、世界を含めた広い視野で商品の選択をすれば、皆さんにとっても非常に有利な資産形成ができるはずです。

皆さんもぜひ「行動」にうつしてみてはいかがですか?「無料相談」受付中です。

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

契約事例:ソニー「バリアブルライフ」・アクサ「ユニットリンク」の契約を見送り「海外積立年金」を始める(セラピスト 30代後半 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は提案されていた保険を見送り、「海外積立年金」を始

記事を読む

契約事例:最初のお問合わせから幾つかの質問の後すぐに「海外積立年金」を始められた事例(38歳 会社員 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、最初のお問合わせから幾つかの質問の後すぐに「海

記事を読む

証券分析&契約事例:加入中の20本の保険を見直し「海外積立年金」「オフショア投資」をされた方(50代 会社員 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は国内の保険に計20本加入していた方が「証券分析」

記事を読む

契約事例:児童手当を使った「学資資金」の15年積立

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はお子さんの出産を機に「海外積立年金」を始められた

記事を読む

契約事例:ある法人で契約していた損金保険の出口戦略

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は契約事例として『ある法人で契約していた損金保険の

記事を読む

契約事例:退職金と今後の収入を使って、2つの「海外積立年金」を始められた事例(54歳 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は提案されていた保険を見送り、「海外積立年金」を始

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑