ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

2016年7月から「国民年金保険料納付猶予制度の対象年齢が30歳未満から50歳未満に拡大」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。

今日は「国民年金保険料納付猶予制度の対象年齢が30歳未満から50歳未満に拡大」についてお話したいと思います。

皆さん「国民年金保険料」払ってますか?

 

ではまず「国民年金」について

国民年金

ご存知の通り、20歳以上60歳未満の日本国内に住む国民全員が加入する年金制度です。

国民年金には「第1号被保険者」「第2号被保険者」「第3号被保険者」と3種類があり、どの制度に加入するかにより、保険料の納め方が異なります。

第1号被保険者:自営業者、学生、フリーター、無職などの人

第2号被保険者:厚生年金保険の適用を受けている事業所に勤務する人、つまりサラリーマンの方や公務員など

第3号被保険者:第2号被保険者の配偶者で20歳以上60歳未満の人。ただし、年間収入が130万円以上で健康保険の扶養になれない人は第1号被保険者になります。

 

国民年金加入により

 

原則65歳になると「老齢基礎年金」

障害者になると「障害基礎年金」

死亡すると遺族に「遺族基礎年金」

が支給され、2016年度の基礎年金額は40年間加入の場合「月額65,008円」で、同年度の保険料は16,260円となっています。

この、皆さんの支払った保険料は日本政府系の「年金積立金管理運用独立行政法人(通称GPIF)」という団体によって運用されています。GPIFは厚生労働大臣から寄託され年金資産の運用・管理を任されていて、現在の運用資産額は約124兆にまで上り、世界最大の年金運用機関と言われています。このGPIFが「運用で◯◯億円損失」とかいうのが、時々ニュースや新聞に取り上げられ、だ〜れも責任取らない体質なんかが問題になったりしているわけですね。

 

この保険料「16,260円」ですが、いくら国民の義務とはいえ、給料ダウンや失業したりして所得が少なくなってしまうと、支払うのが困難となるので、これを考慮して「保険料免除制度」や「保険料納付猶予制度」というのが設けられています。

実際に受取るためには国民年金の納付期間と免除期間、厚生年金に加入していた期間によって受取る年金額は異なり、合算して25年以上の保険料の支払いが必要でしたが、平成29年4月かたらは受給資格期間を25年から10年に短縮する予定になっています。

 

保険料免除制度

所得が少なく本人・世帯主・配偶者の前年所得が一定額以下の場合や失業した場合など、国民年金保険料を納めることが経済的に困難な場合は、本人から申請書を提出し承認されると保険料の納付が免除になります。免除される額は、全額、4分の3、半額、4分の1の四種類です。

 

保険料納付猶予制度

本人・配偶者の前年所得が一定額以下の場合には、本人から申請書を提出し承認されると保険料の納付が猶予されます。

で、この猶予制度の対象年齢が平成28年6月までは30歳未満でしたが、2016年7月以降は50歳未満の人が納付猶予制度の対象となりました。

 

なんで?

それにはこんな背景があるからだと思います。

 

納付率の推移

スクリーンショット 2016-08-11 12.36.30

【*厚生労働省(平成25年6月)】

新法施行以降、平成8年度までは80%を超える納付率だったのが、平成9年度以降は80%を割り込み、平成14年度からは60%台、平成22年度はついに50%台となり、最新の24年度の数字では59%になっています。

この59%を年齢帯でさらに詳しく見てみましょう。

 

年齢階級別納付率

年齢階級別納付率

【*厚生労働省(平成25年6月)】

20〜49歳の人達が60%以下なのがわかりますね?

これ、まさに

払った分も貰えない

と、言われている世代です。

恐らくこのあたりの数字などもふまえ、猶予制度の対象を50歳未満にまで引き上げたのではないかと思います。

で、サラリーマンなどの第2号被保険者はなかなかそうはいきませんが、第1号被保険者の中には保険料を「払えなくて払ってない」人だけではなく「払いたくないから払わない」人も実際は結構いるのではないでしょうか?

もちろん、支払う義務があるとはいえ”貰えるんだか貰えないんだかわからないもの”に「払いたくない」という気持ちは理解するところではありますが、なんせ日本の年金制度自体、賦課(ふか)方式と言われる「現在の高齢者に対する年金給付を、現役世代の保険料収入」でまかなう方式ですから『最低でも自分の払った分くらいは受け取ろう』ということ自体、論点がズレていることになります。ただ、現時点で既に1,000兆円を超える国の借金事情で、この年金制度が今後もいままで通りに継続されるわけがありませんから、20歳〜49歳のこの世代が『現在されている約束すらこの先どうなるかかなり怪しい』わけですね。

 

Point

「国民年金」

2015年度と2016年度だけを比較しても月額で670円、年額で8,040円の値上げになり、今後も”値上げ”はあっても”値下げ”は考えにくいですし、年金支給年齢が”遅くなる”ことはあっても”早まる”ことは考えにくいのは、ほぼ全ての皆さんも想像に易いところだと思います。

実際に支払った分以上に貰えるのか貰えないのか?こればかりは、この先なってみないとわかりませんが、いずれにしても”アテ”にはなりそうにありませんから、自助努力で準備する他なさそうですね。

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

「お子さんのために」ご両親が保険料を支払う契約はご注意下さい

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は注意して頂きたい保険の契約形態ついて少しお話した

記事を読む

「円建保険」の見栄えがあまりにも悪いので「外貨建」をススメる”FP(保険セールス)”

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「外貨建をススメるFP(保険セールス)」について

記事を読む

5月29日スタート【保険比較推奨販売】で”何か変わった?変わってない?”

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は5月29日スタートした「比較推奨販売」につい

記事を読む

このブログの読者は「老後破綻(破産)」しちゃいけない

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「老後破綻(破産)」に関するお話をしたいと思い

記事を読む

確定拠出年金法改正「主婦と公務員も個人型確定拠出年金(401K)に加入できます」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「個人型確定拠出年金(401K)」についてお話

記事を読む

Yahooニュース「宙に浮く保険金 生保、未払い対策急ぐ 郵便局と連携も」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はYahooニュースの「宙に浮く保険金 生保、未払

記事を読む

「ほけんの窓口って評判どうですか?」という質問への回答

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「ほけんの窓口って評判どうですか?」という質問

記事を読む

12月2日販売開始〜AIG富士生命の医療保険「医療ベスト・ゴールド」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は12月2日から販売開始、AIG富士生命の医療保険

記事を読む

「預金金利しか受取っていない人」「信じれるのは預貯金のみの人」の末路

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日「預金金利しか受取っていない人」「信じれるのは預

記事を読む

生前贈与〜その4「生命保険活用」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。前回に引き続き『生前贈与』についてお話したいと思います

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑