オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

相談事例:『お葬式代、老後用としても』と勧められ、AIGエジソン生命「特定疾病保障付ドル建とく割終身保険」を契約しました(38歳 女性)

公開日: : 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は実際に相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。

FPと言う名の保険セールスの使う常套句「お葬式代としても使えますし」

皆さんはどれだけ”豪華”なお葬式をあげたいとお考えですか?

 

【質問】

□ご年齢:38歳

 

□家族構成

夫 43歳

妻 38歳

長男 5歳

長女 1歳

 

□職業:(休職中)

 

□年収(税引前):夫700万円  妻0

 

□預貯金額(含投資商品):夫1000万円  妻300万円    

 

□現在加入中の保険

夫: 福祉団体定期保険 生協 新医療保険

妻:ジブラルタ生命 特定疾病保障付ドル建特割終身保険  

 

□保険に加入した理由:死亡時に家族にお金を遺す為(お葬式代も含め)

 

□その他、人生においてどのようなことを目標としているか、何が不安か、など

現在、旧AIGエジソン生命の特定疾病保障付ドル建とく割終身保険に加入しています。

お葬式代、もしくは老後の年金用としても使えます、とFPさんに勧められ契約しました。

契約は2010年。60歳払済み。

初回に一部一時払い7300ドルと一回分保険料95.68ドルを支払。以後、毎月95.68ドル支払中。

60歳になると払い戻し率は133.6%。

老後の備えまたはお葬式代として、このまま継続した方がいいのでしょうか。

下の子供が小学生位になったら、仕事を再開したいと考えています。

子供には、希望すれば出来るだけ教育費等は出したいと思います。

まず子供の教育費の準備をある程度したいと思います。

そして、老後の備えも少しずつできたらと。

 

【回答】

現在、旧AIGエジソン生命の特定疾病保障付ドル建とく割終身保険に加入しています。老後の備えまたはお葬式代として、このまま継続した方がいいのでしょうか。

まず、生命保険加入にあたって一般的な考え方ですが、生命保険の死亡保障というのは、万が一があった場合「誰が、金銭的にどれくらいリスクがあるか?」平たく言えば「誰がどれだけ金銭的に困るのか?」で、加入するべきものです。◯◯さんに万が一があった場合に「どなたが」「どれくらい」金銭的にお困りになるか?ということですね。頂いている情報だけで申し上げますが、もし◯◯さんがお亡くなりになった時に、◯◯さんの「お葬式代」の金銭的リスクがご主人にありますか?情報を拝見する限りでは、よほど豪華な「お葬式」ではない限り、ご主人がお葬式代で困るようには思いませんがいかがでしょう?一度、下記ブログを参考に「必要保障額」についてもザックリで構いませんので、計算してみて下さい。

*生命保険が不必要な人

*「万が一の必要保障額」ってどれくらい?

 

また、証券を拝見しないと詳しくはわかりませんが、頂いている情報だけで申し上げますと、2010年(◯◯さん32歳)加入し、2038年(60歳)で返戻率133.6%は、現在日本の生命保険会社の提供する商品と比べても、商品自体は悪くはないと思いますので、そのまま継続されても良いのですが、◯◯さんもご承知の通り、この保険は死亡保障の付いた「保険」なので、毎月の保険料から死亡保障のコストが引かれ、その残りの部分が運用に回っていますから、この死亡保障にまわっている保険料は「ムダ」になっている可能性があります。であれば「払済」にされ、現在の毎月の保険料から死亡保障のコストが差引かれずにその金額を積立ていく方が、もっと効率よくお金を殖やせると思います。

*保険の見直しはいろいろあります「解約」「減額」「払済」「延長定期」「コンバージョン」

 

ご加入中の保険に関して詳しく分析をご希望の場合は『証券分析』をされてみてはいかがでしょうか?

保険の契約数にかかわらず、まとめて3,000円で承りますので、下記リンクでご決済頂き、保険証券や設計書のコピーなどをお送り下されば、加入されている保険を一覧表にまとめ、ケースバイケースですが見直しの代替え案をご提案します。

※証券分析お申込みはこちら(3,000円/回)

*過去の証券分析事例一覧

 

子供には、希望すれば出来るだけ教育費等は出したいと思います。まず子供の教育費の準備をある程度したいと思います。そして、老後の備えも少しずつできたらと。

お子さんの教育資金やご自身の老後資金の準備には「海外積立年金」をオススメします。

「海外積立年金」には次の2種類があります。

 

1)「変額年金プラン」

ボーナス金利を積立額に応じて1~5%/年必ずもらいながら、世界にある200本ほどあるファンドからポートフォリオを組んで積立投資するものです。ご自身でポートフォリオを組み、運用することもできますが、弊社の推奨するポートフォリオで運用することも可能です。

 

仮に月々300USD(約33,000円)を積立られる場合、海外積立年金ではボーナス金利(固定金利)2%が満期まで必ずついてきます。弊社でご紹介しているご参考ポートフォリオで積立をする場合には過去10.2%/年の運用ができているので、過去のパフォーマンスで殖やしていければ、積立最大年数の25年後満期時には、複利運用やボーナス金利によって以下のようなパフォーマンスシミュレーションとなります。(*1USD=110円)

・25年積立総額:300USD(約33,000円)✕12✕25=90,000USD(約9,900,000円)

・25年後満期想定額(10%運用):359,946.79USD(約39,594,000円)

・返戻率:399.9%

 

2)「140%元本確保型年金プラン」

15年後に積立た金額の+40%を最低保証した上で、米国の株式に連動し更に殖えて受けとれることができるものです。

お子さんが高校〜大学を私立に通うと考えると約1,000万円ほどは最低でも用意しておきたいところだと思います。

*「生活設計に関するデータ」〜生活編②【教育・結婚・マイホーム】

 

仮に、約1,000万円を15年後に確保するためには、月々約39,600円を積立ていけば可能です。(*1USD=110円)

・360USD(約39,600円)✕15年=64,800USD(約7,128,000円)

・15年後:64,800✕140%=90,720USD(最低保証 約9,979,200円)

・返戻率:140%最低保証

 

Point

やはり効率的にお金を殖やすには、まずは”ムダ”を省くことですね。

皆さんも余計な死亡保障はカットして、効率よくお金を殖やしていくようにしましょう。

わからないことがあればお気軽にご相談下さい。

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

相談事例:母子家庭なので、死亡保障と貯蓄を兼ねたくて保険で貯蓄をしてきました。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:1,000万円をドル建で老後資金の為に運用するとして,おすすめの商品を知りたいです(40歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。

記事を読む

相談事例:長生きしてしまったら老後どうやって暮らすのか?今からでも何か始めたい気持ちはやまやまです(女性 49歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:2000年加入のアリコ「シリウス(米ドル建個人年金)」に預けたままの資金を振替て運用すべきか?(53歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:22歳大学4年生です。28年3月「ひまわり生命 一生のお守り」に加入 ”毎月13,600円は、お高い”(22歳 女子 大学生)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:個人国債を購入するか、個人年金保険に入るか、どちらにするか迷っています

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

相談事例:投資家でもないし、預貯金もたくさんないですが相談して良いものかと思いつつ、思い切って問合わせしてみました(シングルマザー 38歳 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:第一生命「5年ごと配当付終身保険・順風人生」見直しについて(36歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

こだわりが強すぎてアドバイスに耳を傾けて頂けなかった数少ない相談事例です

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:海外生命保険に興味を持ちましたが 有名な会社なのでしょうか?日本のように倒産する可能性はあるのでしょうか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑