K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

「確定拠出年金(401K)」の税効果を利用した「海外積立年金プラン」

公開日: : ライフプランニング

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。

今日は「確定拠出年金(401K)」の税効果を利用した「海外積立年金プラン」についてお話したいと思います。

 

以前からお話している通り、日本国内の商品で老後資金を検討される方は、確定拠出年金(401K)が一番だと私は思います。

殖やすことはあまり考えず「税効果」を利用するだけで十分です。

*日本国内の商品で老後資金を作るならこれ「個人型確定拠出年金(401K)」

*確定拠出年金法改正「主婦と公務員も個人型確定拠出年金(401K)に加入できます」

 

ではまず、おさらい。

確定拠出年金(401K)とは、将来給付される年金額が運用次第で変動する年金でしたね?そして、確定拠出年金には企業型と個人型の2種類があり、これまでの個人型確定拠出年金では、自営業者と会社員のうち勤め先に企業年金のない人(会社員の約6割)が「任意」で加入する制度です。そして2016年5月24日、改正確定拠出年金法が衆院本会議で可決成立し、これにより主婦や公務員などが新たに対象に加わり、2017年からは個人型確定拠出年金に原則、誰でも入れるようになりました。対象は約6,700万人に拡大、低所得で国民年金の保険料が免除される人たちを除き、実質的に全ての現役世代が確定拠出年金を使えるようになったわけです。

*確定拠出年金法改正「主婦と公務員も個人型確定拠出年金(401K)に加入できます」

 

で、この「確定拠出年金(401K)」にはいくつかのメリットとデメリットがあります。

メリット

1:毎月の掛金(保険料)は全額所得控除

2:複利運用 

3:受取時の税控除

デメリット

1:60歳まで解約できない(引き出せない)

2:手数料(運営会社によって異なる)

 

今回は「確定拠出年金(401K)」最大のメリットとも言える「掛金全額所得控除」を利用し、その税効果で”浮いた分”の金額を「海外積立年金」のひとつ「140%元本確保型年金プラン」で殖やすというスキームです。

 

その効果をわかりやすく”ザックリ”と、ケーススタディで比較してみます(手数料など細かな設定はここでは省略します、イメージだけ捉えて下さい)

なお「確定拠出年金(401K)」は「変額年金」ですから、将来給付される年金額は自身の運用次第で殖えることもあれば減ることもあるので”不安”に思う方もいるかと思いますが、毎月の積立は「定期預金」で積立てます。ご存知のように現在のマイナス金利下の「定期預金」ですから、限りなく運用0%です。まったく殖えません。しかし、運用が仮に0%だったとしても、全額所得控除による節税効果で、実質利回りで置き換えて考えると、タンス預金(銀行預金)や生命保険会社の個人年金保険よりももっと利回りが良くなりますので、それも合わせて見ていきましょう。

 

【前提】45歳/年間所得600万円/積立期間15年/確定拠出年金運用0%/1USD=100円計算

・Case1)タンス預金(銀行でもほぼ同じですね)

・Case2)確定拠出年金(401K)個人型最大月額68,000円で加入

・Case3)確定拠出年金(401K)個人型最大月額68,000円で加入+毎月200USDで「140%元本確保型年金プラン」に加入

図で表すとこんなイメージになります。表示金額は年額です。

401K比較

 

タンス預金(Case1)を、確定拠出年金(Case2)にしたことで節税効果分である「24.5万円/年」が手取で浮いたので、この「24.5万円/年」を使い、「140%元本確保型年金プラン」に加入しました(Case3)

これにより(Case1)と(Case3)の毎年の手取り金額はほぼ同額ですが、15年後は

(Case1)1,224万円

(Case3)1,724万円

511万5,000円も多く受取ることが出来ます(110%)

また、(Case2)の受取総額と比べても144万円多く受取ることが出来ます。

さらに「140%元本確保型年金プラン」では15年後に積立た金額の+40%を最低保証しながら、米国の株式に連動しますので、これ以上多く受け取れる可能性も大きいわけです。

 

そして、より積極的に殖やしていこうという方は「変額プラン」が良いでしょう。

「変額プラン」では

・積立金額によって1〜5%のボーナス金利が必ずもらえる

・世界中にある優良な投資先が200以上ある

・積立期間 – 10年、15年、20年、25年から選択可能

・共同名義人が設定可能 

・積立開始2年以上経過後は一部引出や支払の一時停止が可能

 

このように、

「殖やすこと」において「海外積立年金」は多くのアドバンテージがあります。

 

また、

・通貨の分散

 *それでも”円”だけを持ち続けますか?【外貨を持ったほうが良い理由】①

・日本以外の国での資産の保全

 *「預金封鎖」と「デノミネーション」

 

という意味においても「海外積立年金」は非常に有効な手段となります。

 

Point

くれぐれも「生命保険料控除があるから」という理由で日本の生命保険会社の「個人年金保険」に加入することのないようにしましょう。ここ十数年の予定利率ではまったく殖えないのももちろん、「生命保険料控除」での節税効果は「確定拠出年金(401K)」と比較して、とても見劣りのする少額なものです。

*”生命保険料控除があるから保険に加入”はNG〜「生命保険料控除」とは?

 

税制面でのメリットも上手に使い効率よく「お金を殖やすこと」していきましょう。

皆さんもぜひご相談下さい。

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

1,000円を「損したくない」と思う時、「それくらい」と思う時

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日はお金に関する人の心理についてお話をしたいと思い

記事を読む

「生活設計に関するデータ」〜老後編【生活設計・必要資金・年金】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。シリーズ「生活設計に関するデータ」今日は老後編です。&

記事を読む

公務員定年、65歳へ延長 年金開始引き上げに対応@朝日新聞

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『年金開始引き上げ』についてお話したいと思います

記事を読む

個人型確定拠出年金(iDeco)「ユニット・リンク」「マーケットリンク」の手数料仕組みを比較する

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は個人型確定拠出年金(iDeco)と、アクサ生命「

記事を読む

「老後」について〜その1【老後とは?】

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。生命保険のひとつに「個人年金保険」という商品がありま

記事を読む

「平均」で考えれば医療保険は本当に必要か?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『医療保険』についてお話したいと思います。&nb

記事を読む

「保険証券分析サービス」のご案内

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険証券分析サービス」のご案内をしたいと思いま

記事を読む

このブログの読者は「老後破綻(破産)」しちゃいけない

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「老後破綻(破産)」に関するお話をしたいと思い

記事を読む

”学資保険は実質元本割れ!?”国立大学授業料「54万円」が16年後「93万円」に【現在の172%、1.7倍】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「国立大学授業料値上げ」についてお話をしたいと

記事を読む

シリーズ資産形成 【第2回】お金について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 「資産形成」2回目の今日は「お金について」です

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑