K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

相談事例:夫35歳、妻33歳(8月出産予定)のドクター夫婦からのご相談

公開日: : 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

ご夫婦共にドクターで、かなり具合的なビジョンをお持ちの方です。

 

【質問】

米国生命保険に加入する場合、渡航回数や頻度はどのくらいでしょうか。加入時のみの1回で良いのでしょうか。

海外の生命保険に対して、利率のよさは比較にならないほどいいですが、正直少しハードルの高さを感じてしまうのですが、万一、保険金の支払いを要求することになった場合、日本の生命保険と変わらず、受け取りはスムーズに行くものなのでしょうか。実際のところ、夫がなかなか休みが取れませんので、生命保険は現時点では日本のもので加入しておいて、いつか機会があれば米国のものも検討する、という方向になりそうです。

学資保険や終身保険など現在の日本の貯蓄性の保険は、やはりおすすめされないということですので、万が一の際も教育資金や老後資金を変わらずに貯めていけるよう、死亡保障を、夫の収入が現在、手取りで月額約100万円ですので、日本の収入保障保険で用意するとした場合、保険期間を65歳までで月額受取額を100万円で設定しようと思いますがいかがでしょうか。また、収入保障保険の保険期間が終わった後は、1,000万円程度の葬儀費用、死後整理用などで最低限の死亡保障が終身保険などで用意しておいた方がいいのでは、と思っておりますが、こちらはいかがでしょうか。(日本のものでジブラルタ生命のドル建終身保険などを考えました)

現在の収入からは、無茶があると思うのですが、教育資金は、子供が2-3人の予定として、15年-20年後までに1億円、老後資金(25-30年後)として1億円を準備できれば、子供のことも老後のこともしっかり備えられると思いますが、何かこれに近づけるご提案をお願いできますでしょうか。

教育費の不足分は、私と、夫の収入増、お互いの両親からの援助資金、(現段階ではどれほど頼れるか分かりません)などで補っていくしかないと思いますが、仮に上記の額で目標設定した場合の、教育資金と老後資金の作り方のご提案とそれぞれ必要な月額を教えて頂けるとありがたいです。(毎月の実際に捻出できる上限金額とどれだけギャップがあるかを知りたいので)

ちなみに「海外積立年金」のひとつ【140%元本確保型年金プラン】では15年後に満期金140%が最低保証されている、とのことですが、仮にこれを20年、30年と寝かしておいた場合は、140%以上に増えていく仕組みなどあるのでしょうか?

 

【回答】

米国生命保険に加入する場合、渡航回数や頻度はどのくらいでしょうか。加入時のみの1回で良いのでしょうか。

米国生命保険の加入に際しては健康診断や契約のお手続きのため、最低でも1回はハワイ、または米国本土へ渡航する必要がありますが、それ以上の必要はありません。また、加入前・加入後ともご相談に関しましてはこちらのメールで随時受付けておりますが、米国生命保険の専門の者が年に3~4回来日しますので、その際にもご相談頂けます。

 

万一、保険金の支払いを要求することになった場合、日本の生命保険と変わらず、受け取りはスムーズに行くものなのでしょうか。

日本の生命保険と同様に、必要書類さえご用意出来ていれば、滞りなく手続きは完了し保険金は支払われます。

 

実際のところ、夫がなかなか休みが取れませんので、生命保険は現時点では日本のもので加入しておいて、いつか機会があれば米国のものも検討する、という方向になりそうです。

私は約20年ほど保険業界に携わり、なかでもDrのクライアントが多くいるので、お仕事柄の”忙しさ”は多少なり理解しているつもりです。失礼を承知でお話ますが「いつか機会があれば」ですと、Drのような多忙なお仕事の方々は「決してその機会は訪れない」と思います。「時間がない」のであれば是非「時間を作る」ことをお願いしたいと思います。

何故なら、生命保険はこれから20年、30年以上にも関わる、”非常に高い買い物”だからです。また、ご存知のように生命保険は年齢が若いほど金銭的にも有利ですし、健康状態によっては加入すらできなくなることもあります。

これまで、保険の見直しなどを通じ、20年から30年もの期間をかけて”ムダ”な保険料を支払っている方を多く見てきました。◯◯さんには是非、そのようにならないよう、またご主人に万が一があった場合に、◯◯さん自身やこれからお産まれになるお子さんの為にも、きちんと時間を作って検討されることをオススメします。「とりあえず今は時間がないからこれで」は良くないですね。

まずは必要保障額の算出をし「米国生命保険」「収入保障保険」または両方を組み合わせるという設計を行い、保険会社の選定をしていきましょう。

 

死亡保障を、夫の収入が現在、手取りで月額約100万円ですので、日本の収入保障保険で用意するとした場合、保険期間を65歳までで月額受取額を100万円で設定しようと思いますがいかがでしょうか。

必要死亡保障額の設定としては少し違っています。

*「万が一の必要保障額」ってどれくらい?

 

こちらに詳しく記載していますが、まず

1)現在からお子さんが大学卒業までの生活資金の合計(学費含まず)

おおよそ現在の生活費の70%で計算します。

2)お子さんが大学卒業以降から、◯◯さんの87歳(女性平均余命)までの生活費

おおよそ現在の生活費の50%で計算します。

3)別途費用

賃貸の場合は住居費用、葬式代、お子さんの教育資金や結婚資金など

 

この1)~3)の合計から、ご主人が亡くなってから見込める収入

・遺族年金などの社会保障

・お勤めの時は死亡退職金、弔慰金など

・預貯金などの自己資産

・◯◯さんが働いた場合の収入

これらを引き、その差額が生命保険で用意するべき必要保障額です。

収入保障の月額100万円で設定すると、初年度の死亡保険金額は【30年✕12ヶ月✕100万円=3億6,000万円】となり、多過ぎるのではないかと思います。

また、お子さんが増えた時は、改めてその時に必要な分だけ加入するようにしたり、住宅を購入した際に「団体信用生命保険」に加入した場合は、死亡保険金額の減額をしたりといった見直しをします。

 

収入保障保険の保険期間が終わった後は、1,000万円程度の葬儀費用、死後整理用などで最低限の死亡保障が終身保険などで用意しておいた方がいいのでは、と思っておりますが、こちらはいかがでしょうか。(日本のものでジブラルタ生命のドル建終身保険などを考えました)

伺っている限りの◯◯さんの情報から察すると、1,000万円程度の費用をわざわざ保険で用意しなくても、預貯金で用意できるのではないでしょうか?

保険が大好きな日本人は、とかく生命保険で用意しようと思いがちですが、生命保険で用意するべきは「不足している」または「不足しそう」なリスクの部分です。ムダな保険料を支払わず、その分を積立てておけば、葬儀費用や死後整理資金は準備できると思います。

ジブラルタ生命のドル建終身保険は、現在日本で販売しているドル建終身保険の中では一番良い商品だと思いますが、この保険に支払う保険料を【140%元本確保型年金プラン】で積立ると、15年後には死亡保険金分以上の積立が可能です。ブログに詳しく書いていますので参考にして下さい。

*保険に入らなくても死亡保険金が海外積立年金で用意できちゃう?

 

15年-20年後までに1億円、老後資金(25-30年後)として1億円を準備できれば、子供のことも老後のこともしっかり備えられると思いますが、何かこれに近づけるご提案をお願いできますでしょうか。

15年後~25年後に1億円を用意するシミュレーションです(1USD=110円計算)

【変額年金プラン】では運用利率によって違ってきます。

 

【140%元本確保型年金プラン】月々3,600USD(約396,000円)を15年間積立

・15年積立総額:3,600USD✕12✕15年=648,000USD(約71,280,000円)

・15年後満期金:648,000✕140%=907,200USD(約99,792,000円:最低保証)

・最低保証返戻率:140%

 

【変額年金プラン】月々2,250USD(約247,500円)を15年間積立

・15年積立総額:2,250USD(約247,500円)✕12✕15=405,000USD(約44,550,000円)

・15年後満期想定額(10%運用):917,186USD(約1億890,460円)

・返戻率:226.5%

・15年後満期想定額(6%運用):662,071USD(約72,827,810円)

・返戻率:163.5%

 

【変額年金プラン】月々1,250USD(約137,500円)を20年間積立

・20年積立総額:1,250USD(約137,500円)✕12✕20=300,000USD(約33,000,000円)

・20年後満期想定額(10%運用):917,191USD(約1億891,010円)

・返戻率:305.7%

・20年後満期想定額(6%運用):580,630USD(約63,869,300円)

・返戻率:193.5%

 

【変額年金プラン】月々730USD(約80,300円)を25年間積立

・25年積立総額:730USD(約80,300円)✕12✕25=219,000USD(約24,090,000円)

・25年後満期想定額(10%運用):906,493USD(約9,971,430円)

・返戻率:413.9%

・25年後満期想定額(6%運用):498,252USD(約54,807,720円)

・返戻率:227.5%

 

超低金利の日本国内の金融商品であればこれよりも更に厳しい条件になりますので、現状では「海外積立年金」をオススメします。

 

【140%元本確保型年金プラン】では15年後に満期金140%が最低保証されている、とのことですが、仮にこれを20年、30年と寝かしておいた場合は、140%以上に増えていく仕組みなどあるのでしょうか?

15年後に満期を迎えますが、この満期金をそのまま海外の資産管理口座(イメージ的には普通預金口座のようなもの)に置いておくことができます。

また、その口座から日本にはない、世界中の運用商品に投資することも可能です。

 

Point

皆さんもぜひ一度”きちんと”保険について、考える時間を作って下さい。

今後のライフプランにおいてとても大切な時間です。

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

相談事例:メットライフ「外貨建変額養老保険」と「ドルスマート(10年払込)」を勧められた方のその後(47歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:明治安田生命「ライフアカウントLA」という保険について解約を考えております

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:将来、老後の資金を貯めたい(24歳 女性 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:これは告知する必要がありますか?告知義務に違反しますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は実際に相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。

記事を読む

相談事例:出産前に医療保険含め、全てを見直したいです(38歳 非常勤講師)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:プルデンシャル担当者から「診査を受けた場合クーリングオフできない、払ったお金も戻らない」と言われました

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:ご相談メールの翌日はクレームメール?@初めての相談ケース

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:子供も生まれるので学資保険的(短期貯蓄型)なものと年金的なもの。死亡保険(貯蓄型)があるも(23歳 主婦)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:加入中の保険を払済に見直したいと考えております(39歳 男性 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。円だけ

記事を読む

相談事例:保険アドバイザーに勧められ、アクサ「ユニット・リンク」に個人年金のつもりで加入しましたが非常に困ってます。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑