オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

相談事例:マニュライフ生命「未来を楽しむ終身保険」この保険どう思いますか?

公開日: : 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は相談事例を紹介したいと思います。

 

【質問】 

マニュライフ生命の未来を楽しむ終身保険をご存知の方、この保険どう思いますか?

メリット、デメリット教えて下さい。

 

【回答】

マニュライフ生命の通貨選択型建変額終身保険「未来を楽しむ終身保険」は契約時に運用通貨を2種類の外貨(米ドル・豪ドル)から選択し、運用期間満了時に、一時払保険料を外貨建で最低保証する「定額部分」と、リスクをとりながら運用によって”殖やす”ことを目指す「変額部分」により、積立金を運用していく外貨建の一時払変額終身保険です。

*マニュライフ生命 通貨選択型変額終身保険「未来を楽しむ終身保険」

 

この保険は「ターゲットタイプ」と「定期引出タイプ」の2つのタイプがあり、それぞれのタイプにより10年後または15年後の満期時に、支払った保険料の元本、またはそれ以上の金額で最低保証されているところがメリットだと思います。

この保険の「ターゲットプラン」と似たようなタイプの商品では第一フロンティア生命「外貨建個人年金ダブル・フロンティア」とアクサ生命の「アップサイドプラス」があります。もし、このマニュライフ生命「未来を楽しむ終身保険」を含む3商品で選ぶのであれば、期間10年で最低保証が「100%」「105%」「115%」の3種類で選択できる第一フロンティア生命「外貨建個人年金ダブル・フロンティア」の方が良いと私は思います。ただし、変額部分の運用次第ではありますので、あくまでもプラットホームとしての評価ですが…

*第一フロンティア生命「外貨建個人年金ダブル・フロンティア」についてはこちら

*9月1日販売開始〜アクサ生命「外貨建変額終身保険 アップサイドプラス」

 

いずれにしても、仕組みを理解するのも難しい商品ですし、どれくらい売れているかはわかりませんが、銀行でも販売していますので、日本人の大好きな”元本保証”という言葉を武器にそれなりの契約数になっているのではないでしょうか。

特にターゲットプランで言えば、そもそも為替手数料を支払って外貨建の保険に加入したにも関わらず、また再度為替手数料を支払ってまで日本円に替える必要はないと思います。今後は資産のすべてを日本円だけで持つことのほうがリスクですから、通貨分散の意味でも外貨、特に世界基軸通貨である米ドルを資産の一部として持つことが必要です。

*それでも”円”だけを持ち続けますか?【外貨を持ったほうが良い理由】①

 

日本にはない海外の保険会社には5年後の満期時に約115%が確定保証されている、固定金利3%の商品もありますし

*元本確保・固定金利3.0%の商品

 

例えば、40歳で1,000万円の保険料を一括で支払うと65歳から年金受取総額が3,000万円以上になるような個人年金保険もあります。

海外の商品を含めて検討されてみてはいかがでしょうか?

 

Point

”未来を楽しむ”ためにはもっと別の選択肢ですね。

皆さんも、できればご加入前にご相談下さい(無料)

無料直接相談はこちらから

海外個人年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

老後に確実に増えてまとまった年金が受け取れる方法です。

  • 40歳で1000万円が65歳から3000万円に
  • 年金受取額保証
  • 健康診断不要

ご自身の年金が不安、投資で増やそうと思っても増やせる自信がない、という方はすぐにこの入門書をご一読ください。

関連記事

相談事例:マネーセミナー後の無料相談で、FPに言われるがまま契約してしまいました(30歳 女性 既婚)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。それにしても、多

記事を読む

相談事例:65歳の定年後に月100万円の収入があるようにしたい(42歳 医療関係従事者)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:「私はMDRT会員・COT会員で、2時間2万円の相談料のFPです」と言うFPさんに提案されています(女性 35歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:保険料控除等を利用するため、少額払いで「ユニット・リンク」や「変額個人年金」を利用するのはアリですか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:マニュライフ生命「こだわり個人年金保険」アクサ生命「ユニット・リンク」メットライフ生命「USドル建終身保険」で迷っています

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:海外の保険ということで病気の時とか、英語がわからないので不安な面があります

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:0歳の子供がいます。ソニー生命の学資保険三型を検討していますがどうですか?

あなたの生命保険を無料診断(所要3分) ↓↓↓ 皆さんこんにちは「保険アドバイ

記事を読む

相談事例:運用をトータルで見てもらいたい

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:日本居住者でもアメリカで診査を受けると加入できるとあり、興味があります(39歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:税金対策で保険を検討。サラリーマンの時は控除上限がありましたが法人ではどうですか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑