K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

保険屋さんのファッション

公開日: : 最終更新日:2016/09/28 体験記, 裏話

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は「保険屋さんのファッション」についてお話したいと思います。

たまにはやわらかいお話はいかがですか?

 

保険屋さん

同業者のニオイとでも言うのでしょうか、これ不思議と見た目でわかります。

これは保険セールスではない方もわかるのだろうかと疑問に思い聞いたことがありますが、同業者ではない方に言わせると”わからない”そうです。皆さんはどうですか?「あの人保険屋さんだろうなぁ。。。」ってわからないものですか?

 

何でわかるのか?と考えると、やはり”ファッション”なんですよね。保険レディであればメイクも含めての”ファッション”です。

例えて言えば、最近では一般の人でもファッションとして取入れられていますが、一昔前、肩からカーディガンを掛けて袖を首元でクルッと巻く「プロデューサー巻き」がテレビ関係者に多くいましたね?(石田純一さんはズーっとやり続けていましたが・・・笑)

P巻き

その他には美容師さんとかかな。割りと”美容師風”って言われると皆さんでもイメージつきませんか?

もちろん、どの業界の方でも人それぞれ好みもあり違っているのですが、職種によって一般的な傾向というのがありますね。銀行員は”白いワイシャツ”とかね。。。

 

そういえば先日、夏物のドレスシャツを買おうと、あるショップに行き『私は夏でも仕事着で”半袖シャツは着ない”』という自分のこだわりというか、ファッションルールがあり、長袖のシャツを見ていると、ショップの方いわく「長袖で腕まくり禁止」の会社があるそうです。”だらしない”のが理由とのこと。ちなみにその会社、

「半袖シャツはOK」→理由『だらしなくないから』

ファッション的には、よほど半袖禁止だと思うのですが。。。

 

さてさて

話を戻しますが、保険屋さんにもファッションの傾向があります。

男性編

特にフルコミッションで働く外資系の男性セールスは、一般的に「いいスーツ」を着ている人が多いです。「オーダーもの」を着ている人も結構います。

そして「ダブルカフスシャツ」何故だかわかりませんが、これはホント、保険セールスに多いです。

W−cuff-shirts

スーツ同様、カバンもいいものを持っている人が多く「ルイ・ヴィトン」や「エルメス」などのブランドものを持っていたり、一時期は「ゼロ・ハリバートン」率は結構高かったと思います。まぁ確かに、オーダーもののイタリアのスーツに、ジュラルミンのアタッシュは、どんな人でもそれなりに”サマに”なりますからね。

ゼロ

 

最近は男性セールスでも大きめのトートバッグや「フェリージ」などのナイロン製のブリーフケースを持っているセールスも見掛けます。

腕時計に関しては一昔前はわかりやすいような高級な時計をしている人を多く見掛けましたが、携帯が普及しだしてからでしょうか?腕時計自体をしない人も多くなりました。また、AppleWatchなどのガジェットには割りと遅れている人が多い業界だと思います。これは保険という商売の人ということではなく一般的な傾向として、今だに電話やメールなどの着信で「音を出す設定」にしているのは、ある年代以降の方々だと思います。若い人達は”着音”出しませんからね。

 

女性編

全般にちょっと派手な人が多めの印象、特にある年代以上。原色を使ったような派手な服ってわけではなく、わりとダーク系の服装の方が多いと思いますが、何故か少し派手。男性セールスのように高級品で身を包んでの派手さではありません。これ、多分メイクのせいですね。特にある年代以降の方の化粧は。。。濃いですね〜(全員ではないですよ、私の主観的にねwww)

また、アクセサリー類は”ジャラジャラ”している人は極端に”ジャラジャラ”してますが、一般的にはシンプルだと思います。

で、高級ブランドバッグではなく、大きめのトートバッグなどで、バッグがパンパンに詰まっていて、さらにサブバッグ的なバッグを持っていれば、ほぼ「保険屋さん」

保険という商売はそもそも「紙」によるところが多い中、男女問わずある年齢以降の方々はPCやタブレットなどのモバイルが苦手という人も多いので、余計に「紙」の資料や書類が多くなり、荷物が多くなる傾向があります。

*保険業界は「紙」だらけ

 

と、ここまですべて私の主観的なイメージで書き並べてきましが、ここでご紹介したのは極めて「保険屋さん」と、わかりやすい人達の例です。私が”パッ”と見で、すぐにわかる「わかりやすい保険屋さん像」です。恐らくどの業種でも”フツーの人”というのはたくさんいて「保険屋さん」にもそんな感じ”の人がたくさんいます。そのような”フツーの人”だと業種に関係なく、さすがにわかることはないのでしょうけれど、同じ業界で長い時間を過ごしていると”な〜んとなく同じニオイ”の人ってわかったりするのではないでしょうか?

皆さんの業界ではどうですか?

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

『インフレ率は0%』と設定している皆さんへ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「インフレ」についてお話していきたいと思います。

記事を読む

「お金ってどうやって殖やしたらいいの?」と、お子さんに聞かれたら何て答えますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。「お金ってどうやって殖やしたらいいの?」と、お子さん

記事を読む

やっぱりね、トリック断行?@大手5行が保険販売手数料開示

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「大手5行が保険販売手数料開示」について少しお話

記事を読む

ある保険トップセールスの『マニュライフ生命・こだわり個人年金』へのホンネ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『ある保険トップセールスの『マニュライフ生命・こ

記事を読む

クイズ「ドルコスト平均法」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「ドルコスト平均法」に関するお話。海外積立年金

記事を読む

1,000円を「損したくない」と思う時、「それくらい」と思う時

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日はお金に関する人の心理についてお話をしたいと思い

記事を読む

「ユニット・リンク」の苦情が増えているらしい件(もっと増えるなぁ、きっと)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日のテーマは、「ユニット・リンク」の苦情が増えてい

記事を読む

「預金封鎖」と「デノミネーション」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はこのブログでも度々出てくる「預金封鎖」という言葉

記事を読む

そもそも「生命保険」って?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。これから生命保険を語っていく上で、そもそも保険という商

記事を読む

完全実力主義!?「保険営業のコミッション」について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険営業のコミッション」につて少しお話したいと

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑