K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

相談事例:郵便局の保険で新フリープランに加入しました。10年払っていれば確実に得をするものなのでしょうか?

公開日: : 最終更新日:2016/06/17 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は相談事例を紹介したいと思います。

 

【質問】 

郵便局の保険で新フリープランに加入しました。

毎月16,000円を10年間払います。

そして、5年の据え置き期間があり、その後に満期で200万円入ることになります。プラス80,000円になります。

内容は死亡保障のみになります。

この保険は10年払っていれば確実に得をするものなのでしょうか?

 

【回答】

・払込保険料総額:16,000円✕12ヶ月✕10年=192万円

・返戻率:満期金(200万円)÷ 払込保険料総額(192万円)=104.2%

10年間保険料を支払い、その後さらに5年経てば、ゆうちょが破綻でもしない限り、確実にプラス8万円、得をします。

マイナス金利導入により、メガバンクでは普通預金金利0.001%の中、トータル15年かけて4.2%(8万円)殖えることは、一見悪くないようにも見えますが、結論から言いますと、このようなわずかばかりの利息のために、この保険に加入することは避けるべきでした。

*かんぽ生命の養老保険「新フリープラン」とは?( 入っちゃ・・・ですね)

 

今、日本国内販売している保険会社の利率は史上最低のもの(正確には予定利率と言います)で、15年の期間を超低金利の利率で縛られた上に、もし途中で見直そうと思っても支払中のほとんどの期間で元本割れです。

その大きな理由として、日本は現在、インフレ(物価が上がってお金の価値が下がること)方向へシフトしていますから、このような状況では金利がつかないことで、資産が目減りしていることになります。仮にインフレ率を2%だとすると、10年後は18%、20年後に約30%以上、増えていなければ実質元本割れです。少なく見積もって1%のインフレ率だったとしても10年~20年で10%~20%は増えていなければ元本割れです。

インフレの実感があまりないかもしれませんが、私達の身近なところでは既にインフレは起こっていて、「飲食料費」「学費」などなど、”ジワジワ”と来ています。夢の国も”ジワジワ”きてますね。

「ディズニーランド 1Day Passport (1デーパスポート)」

・13年:6,200円

・14年:6,400円

・15年:6,900円

・16年:7,400円

そもそも、2013年には消費税が3%UPし、これによりすべてのものが感覚的には「値上げ」状態になったわけで、言ってみれば「インフレ」同様です(消費税10%は2年半見送られましたが)

*インフレ対応していなければ、あなたの保険は吹き飛びます

*”学資保険は実質元本割れ!?”国立大学授業料「54万円」が16年後「93万円」に【現在の172%、1.7倍】

 

日本の養老保険ではありませんが、海外の保険会社の扱う似たような仕組みの保険では、積立期間15年で、15年後に積立た金額の+40%を最低保証した上で、米国の株式に連動し更に殖えて受けとれることができる商品があります。

例えば

・払込保険料総額:200ドル✕12ヶ月✕15年=36,000ドル

・満期金:36,000ドル✕140%=50,400ドル(最低保証)

・最低保証返戻率:140%

これからは超低金利の日本国内の保険から探すのではなく、世界の商品の中から検討されてみてはいかがでしょうか?

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

相談事例:さほど収入はないのですが子供の将来の為に積み立てをしたい(36歳 シングルマザー)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:老後の不足資金のためにプルデンシャル「リタイアメント・インカム」をススメられています(40歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:150万円の手元資金があります。子供の教育資金として利率の良い保険はありますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います

記事を読む

過去の見直し事例:アカウント型保険加入(24歳会社員 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は私が乗合代理店にいた時に保険の見直しのご相談を頂

記事を読む

相談事例:ライフネット生命保険ってどうなんでしょうか?本当に掛金が安く保障が厚いのでしょうか??

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:4月から保険料改正で早急に保険に入ることを勧められています(24歳 女性 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:ユニット・リンクに入りましたが「補償は補償」「投資は投資」で分けるべきか悩み中

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:現在妊娠中、不妊治療で授かることができましました。かんぽ生命学資保険加入を検討しています。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:香港で保険契約をすれば、相当なリターンが得られるとの誘いがあり、当地に出向きもしましたが(会社役員 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:「今入るのが得」と言われ、かんぽ生命【新フリープラン 】に契約。貯蓄目的で勧められましたがいかがなものでしょう?(65歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑