オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

相談事例:480万円払って10年後500万円になって戻ってくる「一時払養老保険」はお得でしょうか?

公開日: : 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は相談事例を紹介したいと思います。

 

【質問】 40歳 男性

一時払の養老保険はお得でしょうか?

私は40なのですが、10年使わずに置いておける500万円を、貯める事ができました

その貯金を元に郵便局に相談に行ったところ、一時払いの養老保険を勧められました

ざっくり説明しますと、今一括で480万円払えば、10年後500万円になって戻ってくるというものです

定額預金の利率も少ないですし、ちょっとそれには興味深々で、直ぐ契約しそうになるのをこらえていました

でも、500万円を10年使わずに置いておけるとなれば、他にもあるのかなと…

みなさんだったら元本保証で、何かありませんか?

 

【回答】

500万円÷480万円=104.2%

これを返戻率といいます。

マイナス金利により普通預金金利0.001%の中、10年預けて4.2%殖えることは、一見悪くないようにも見えますが、結論から言いますと、このようなわずかばかりの利息のために、検討されているような養老保険や、学資保険、個人年金保険など貯蓄性のある保険に加入することは避けるべきです。

今販売している保険会社の利率は史上最低のもの(正確には予定利率と言います)で、10年の期間を超低金利の利率で縛られた上に、もし途中で見直そうと思っても支払中のほとんどの期間で元本割れです。こうした低金利の時に長期の契約をするのは得策ではありません。

また日本は現在、インフレ(物価が上がってお金の価値が下がること)方向へシフトしようとしていますから、このような状況では金利のつかない日本円で持っておくだけで、資産が目減りしていることになります。
仮にインフレ率を2%だとすると、10年後は18%、20年後に約30%以上、増えていなければ実質元本割れです。少なく見積もって1%のインフレ率だったとしても10年~20年で10%~20%は増えていなければ元本割れです。

*インフレ対応していなければ、あなたの保険は吹き飛びます


また1,000兆円を超える日本の負債を考えればインフレと合わせ、「預金封鎖」や「デノミ」の不安もないとは言えません。わずか70年ほど前の昭和21年に、現実として日本はこのような政策を行った”実績”があります。預金封鎖やデノミを行うか行うかは誰にもわかりませんが、「預金封鎖しない」こと「安心である」こと、これはまた別の問題です。

*「預金封鎖」と「デノミネーション」

ですから、これからは保険も預貯金(現金)も、インフレリスクに対応し、外貨商品を含めた商品選びが必要です。
すべてを「インフレに対応するものにしましょう」、資産のすべてを「外貨で持ちましょう」ということではなく、分散することです。

*印象に残る「あるセミナー」インフレに気をつけよう・分散投資をしましょう


日本の養老保険ではありませんが、海外の保険会社の扱う同じような仕組みの保険で、預入期間5年、固定金利年3%の商品があります。
5年後に約115%(日本円換算で450万円→約518万円)まで殖やすことのできる商品もありますので、超低金利の日本国内から探すのではなく、世界の商品の中から検討されてみてはいかがでしょうか?

*元本確保・固定金利3.0%の商品

 

Point

既に、私達の身近なところではインフレは起こっています。

そもそも、2013年には消費税が3%UPし、これによりすべてのものが「値上げ」状態になったわけで、言ってみれば「インフレ」同様です。その時、皆さんはそれ以上(3%以上)に収入が上がりましたか?(消費税10%は見送られそうですが)

また、身近なところでは「飲食料費」「学費」などなど、”ジワジワ”と来ています。

回答でも書きましたが、現在の日本の保険会社は史上最低の予定利率です。このような超低金利の時に10年以上にもなる長期契約をするのは、皆さんも避けるようにしなければいけません。

 

あっ。。。

夢の国も”ジワジワ”きてますよ(笑)

「ディズニーランド 1Day Passport (1デーパスポート)」

・13年:6,200円
・14年:6,400円
・15年:6,900円
・16年:7,400円

無料直接相談はこちらから

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

相談事例:本当?保険設計する上で既契約を知らずに設計すると法律違反になると言われました

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:海外保険魅力的ですが、不安(45歳 会社員 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:契約予定の4商品、お勧め出来ない商品がありましたら助言いただきたく存じます(48歳 女性 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:投資家でもないし、預貯金もたくさんないですが相談して良いものかと思いつつ、思い切って問合わせしてみました(シングルマザー 38歳 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:メットライフ「終身医療保険」の加入を勧められましたが、説明も一方的だったため連絡致しました(30代後半 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:年金を払っていないので資産を増やさねければならないが、どのように資産運用していいかわかりません(49歳 男性 講師)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:貧乏なため、月10,000~12,000円くらいで個人年金保険への加入を検討中。どこの個人年金保険にするべきでしょうか?(34歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:「ユニット・リンク」についての助言ありがとうございました。「ユニット・リンク」には入らないことにしました(35歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

no image

相談事例:貴社のメルマガやブログを拝見し「海外積立年金」に興味が沸き、前向きに検討していきたいと思いました(31歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:2人目の子どもが生まれ保険の見直しを図りたいと思っています(夫39歳会社経営/妻35歳会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑