K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

相談事例:プルデンシャル生命のリタイヤメントインカムに加入中。あまり考えずに加入してしまったと後悔している(28歳 男性 会社員)

公開日: : 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

「何となく」「ススメられて」保険に加入してしまった方が多くいらっしゃいますが、マイホームにも匹敵するような買い物を「何となく」「ススメられて」購入してはいけませんね。

早急に見直しましょう。

 

【質問】

28歳の会社員です。約1年前から友人の勧めでプルデンシャル生命のリタイヤメントインカムに加入。現在月々約250ドル2本立て、死亡保障付で支払っている。その時は話を聞き利回りもいいし、老後のことも考え、とても良いと思いその金額で加入したが、あまり考えずに加入してしまったと後悔している。問題としては仕事の関係で月々の金額を支払い続けることが難しくなったこと。正直すぐにでも解約してしまいたいが、解約ではこの1年間支払ったものが全く無駄になってしまうので、払い済みにしようかと考えている。ただ1年での払い済みではほとんど返ってくる金額が支払ったものよりマイナスになってしまうということで、どのようにすれば話をまとめられるかを悩んでいる。

 

【回答】

プルデンシャル生命のリタイヤメントインカムに加入。現在月々約250ドル2本立て、死亡保障付で支払っている

リタイアメント・インカムについてはブログで解説していますので参考にして下さい。

*プルデンシャル生命とジブラルタ生命の「リタイアメント・インカム」とは?

 

各設定条件で試算内容は変わりますが、仮定としてザックリ試算しますと

 

・加入条件:27歳 男性

・払込期間:60歳

・月払保険料:250USD

・死亡保険金:65,000USD

・満期保険金:129,000USD

・20年確定年金月額:650USD

・確定年金受取総額:650✕12✕20=156,000USD

 

このような契約が2本、またはそれれぞれ、何か少し条件を変えて契約されたのだと思います。

 

解約ではこの1年間支払ったものが全く無駄になってしまうので、払い済みにしようかと考えている。ただ1年での払い済みではほとんど返ってくる金額が支払ったものよりマイナスになってしまうということで、どのようにすれば話をまとめられるかを悩んでいる。

おっしゃる通り、上記のような条件で契約していれば、1年目の解約返戻金はゼロだと思いますが、2年目には解約返戻金が発生します(あくまでも、上記例の場合)その際の返戻率(解約返戻金÷総支払保険料)は40%程度です。

また、「払済」という方法は、その時の解約返戻金をも元に再計算され「払済」にしますので、解約返戻金がゼロの状況はもちろん、解約返戻金があったとしても、ある一定以上の金額になっていないと「払済」にはできません。上記契約例であれば最低でも5年間支払わないと「払済」に出来ません。

*保険の見直しはいろいろあります「解約」「減額」「払済」「延長定期」「コンバージョン」

 

これらの情報は設計書にも記載があるはずですから、そちらも確認してみて下さい。また、プルデンシャルの担当の方にお聞きになるか、聞きにくいようでしたらカスタマーサービスに問い合わせると、正確な答えが得られます。

 

では、詳細な情報がない前提でアドバイス致します。

見直し方法は2つ

 

1)すぐに解約

まず、1年目で解約したほうが良いか、解約返戻金の生じる2年目で解約したほうが良いのかを上記契約例で計算します。

・1年間の支払総額:約3,000USD(250✕12✕1)✕2契約=総額約6,000USD

・解約返戻金:ゼロ

・マイナス額:約6,000USD

 

・2年間の支払総額:約6,000USD(250✕12✕2)✕2契約=総額約12,000USD

・解約返戻金:約2,500USD✕2=5,000USD

・マイナス額:約7,000USD(12,000-5,000)

このように解約返戻金が生じる2年目の方がマイナス額としては大きくなりますから、解約するのであれば早いほうが損失は小さくなります。

単純な計算ですから、ご自身の契約でも同様の計算をしてみて下さい。恐らく同じ答えになるかと思います。

ただし解約の場合、契約から2年以内の解約は保険セールスはペナルティが大きいのでそれなりの「抵抗」はあるでしょう。

 

2)減額

単純に現在の保障額を半分にすれば、保険料も半分になります。「減額」も最低限の金額がありますのでどれくらい少なく出来るかはわかりませんが、現在の半分くらいには「減額」できると思います。これも正しい答えは担当の方か、カスタマーサービスに問い合わせると良いでしょう。

「お金を殖やす」目的において、◯◯さんのご年齢から長期複利運用することは資産形成ではとても有利なことです。時間は最大の武器です。

*違い知ってますか?「単利」「複利」とは?

*積立るなら1日でも早いほうが良い

 

「海外積立年金」は最低100USDから始められますから、◯◯さんのニーズにも合っていると思いますので参考にして下さい。

「海外積立年金」には次の2種類があります。

 

1)「変額年金プラン」

月々100USD(約12,000円)を弊社でご紹介しているご参考ポートフォリオ(過去10.2%/年の運用)のパフォーマンスで殖やしていけた場合、積立最大年数の25年後満期、10年満期では、複利運用やボーナス金利によって以下のようになり、この数字は手数料などすべて含まれています。(*1USD=120円)

・25年積立総額:100USD(約12,000円)✕12✕25年=30,000USD(約3,600,000円)

・25年後満期想定額(10%運用):111,694.53USD(約13,400,000円)

・返戻率:372.3%

・10年積立総額:100USD(約12,000円)✕12✕10=12,000USD(約1,440,000円)

・10年後満期想定額(10%運用):18,146.45USD(約2,178,000円)

・返戻率:151.2%

 

2}「140%元本確保型年金プラン」

15年後に積立た金額の+40%を最低保証した上で、米国の株式に連動し更に殖えて受けとれることができるものです。

ご自身の老後資金としても、お子さんの学資資金などとしても利用ができます。(*1USD=120円)

・200USD✕12✕15年=36,000USD(約4,320,000円)

・15年後:36,000✕140%=50,400USD(約:6,048,000円:最低保証)

・最低保証返戻率:140%

 

*変額年金プラン:100USD

*140%元本確保型年金プラン:200USD

が、毎月の最低の積立金額になります。

 

Point

この方もそうですが「何となく」「ススメられて」保険に加入してしまった方が多くいらっしゃいますが、皆さんはどうですか?

心当たりのある方は”きちんと”見直しをしましょう。早ければ早いほうが良いですよ。

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

相談事例:マニュライフ生命「こだわり個人年金(米ドル建て)」月3万円と、アクサ「ユニットリンク」月5万円(死亡保障2820万円)を勧められました

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:「確定拠出年金」よりもお得で投資などわからない方におすすめと言われ「こだわり個人年金」に加入

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:150万円の手元資金があります。子供の教育資金として利率の良い保険はありますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:プルデンシャル担当者から「診査を受けた場合クーリングオフできない、払ったお金も戻らない」と言われました

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:貧乏なため、月10,000~12,000円くらいで個人年金保険への加入を検討中。どこの個人年金保険にするべきでしょうか?(34歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:学資保険か財形貯蓄?どちらが良く貯まりますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:チューリッヒの「がん保険」ムダがあるような気がしますのでご指摘お願いします(72歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:人から勧められてユニットリンクとセゾンのガン保険に入っていますが…(26歳 女性 独身)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:55才になり65歳までの老後積立資金3万円/月をどのようにするか考えています

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:480万円払って10年後500万円になって戻ってくる「一時払養老保険」はお得でしょうか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑