K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

過去最高 平均貯蓄額1,805万円「えっ、みんなこんなに持ってるの!?」

公開日: : ライフプランニング, 裏話

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は「平均貯蓄1,805万円で過去最高」のニュースについて少しお話したいと思います。

 

総務省が5月17日に発表した2015年の家計調査では、2人以上世帯の平均貯蓄残高は増加は3年連続で、前年比0.4%増の1,805万円となり過去最高です。

えっ、みんなこんなに持ってるの!?

 

と、思わずクチに出そうな数字ですよね?

それもそのはずで、これは平均値。ある一部の極端なお金持ちでその数字を押し上げているものです。

まぁともあれ、まずは調査の数字を「客観的事実」として見てみましょう。

 

貯蓄の種類別貯蓄現在高及び構成比の推移(二人以上の世帯)

貯蓄は預貯金、生命保険、有価証券などの合計で、現金の「タンス預金」は含んでいません。その内訳は定期預貯金が低金利の影響で2014年と比べ24万円減り734万円、普通貯金は14万円増え394万円、株式や投資信託などの有価証券が13万円増え264万円になっている。

 

平均貯蓄2015

*平成27年 総務省 家計調査報告 

 

世帯主の年齢階級別貯蓄高の推移(二人以上の世帯)

また、世帯主の世代が上がるほど貯蓄は増える傾向で、40歳未満の平均貯蓄が608万円に対し、60~69歳は2,402万円、70歳以上は2,389万円。

平成27年 総務省 家計調査報告

*平成27年 総務省 家計調査報告 


貯蓄・負債現在高の推移

一方、負債は住宅ローンなどを抱える人が多い40~49歳が1,068万円で最も多く、全体の平均は前年比2%減の499万円となっている。

平均貯蓄2015

*平成27年 総務省 家計調査報告 


貯蓄現在高階級別世帯分布(二人以上の世帯)

ただし、中央値は1,054万円世帯の約3分の2を占める68%が平均値以下一部の富裕層の貯蓄増が全体を押し上げている。11.1%の世帯では貯蓄が100万円未満となっている。

 

平成27年 総務省 家計調査報告

*平成27年 総務省 家計調査報告 

貯蓄現在高階級,貯蓄の種類別貯蓄現在高の構成比(二人以上の世帯)

 

平成27年 総務省 家計調査報告

*平成27年 総務省 家計調査報告 

 

平均値や中央値についてはどこにでも書いてあることですが、問題はここ。これを見ておわかりのように、預けているのはどれもこれも殖えないものばかり。もちろん、日本人の大好きな「元本保証」された商品が悪いわけではありませんが、偏りすぎです。

特に50代中盤から60歳以降の方が少しずつリスクの低い運用先へポートフォリを移していくことは必要なことだと思いますが、それ以下の若い世代ではある程度リスクを取り、インフレに対応した商品をポートフォリに組入れておかなければいけません。何度もお話していますが、インレに対応した資産形成をしないと、”実質元本割れ”となってしまいます。20〜30年以上も前に預けた預貯金や生命保険であれば利率も良い時代でしたからいいのですが、最近の超低金利の時代、特に生命保険のような中長期間、そのような超低金利で拘束されるような商品に加入してはいけません。

*印象に残る「あるセミナー」インフレに気をつけよう・分散投資をしましょう

また、日本は昭和21年に「預金封鎖」と「デノミネーション」を行った過去があります。これをまたこの時代にするかどうかはわかりませんが、”するかしないか”ということと”安心”であることは別の問題です。今後の日本(特に経済面)に不安材料があることは既に皆さんがお感じになっているのではないかと思いますが、不安材料がある以上、全資産を日本国内に日本円で持つ、または形成するのではなく、一部を「海外に」「外貨で」リスク分散しておくことです。特に世界の基軸通貨である米ドルを持つことは、通貨分散においても非常に大切なことです。また、日本国内だけではなく海外に一部の資産を持つことも、リスク分散のためにはとても重要です。すべてを海外にということではありません。分散です。
最近話題の「パナマ文書」でもお気付きだと思いますが、賛否の是非はさておき、お金持ちの多くが、その”仕組み”を使ってお金を海外に移しています。

Point


一方で貯蓄ゼロ世帯は約30%にも上ります。10年ほど前には20%台の前半で、この時点でもすでに5人に1人は貯蓄がないと話題になりましたが、2011年以降さらに増加し、現在は約3割の人は貯蓄がないことに。

今すぐ「海外積立年金」で積立てましょう。毎月100USDから始められます。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

シリーズ資産形成 【第1回】将来について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日から数回にわけ、ちょっと”紙芝居”的な感じ

記事を読む

過去の見直し事例:アカウント型保険加入(24歳会社員 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は私が乗合代理店にいた時に保険の見直しのご相談を頂

記事を読む

クイズ「ドルコスト平均法」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「ドルコスト平均法」に関するお話。海外積立年金

記事を読む

「プロのファイナンシャルプランナー」ってなんだ?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『プロのファイナンシャルプランナー』についてお話

記事を読む

これが”お宝保険”なわけがない@週刊ダイヤモンド(2017・4/29号)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は週刊ダイヤモンドの記事内から「これが”お宝保険”

記事を読む

掛金全額所得控除「確定拠出年金(401K)」の税効果について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「確定拠出年金(401K)の税効果」についてお

記事を読む

完全実力主義!?「保険営業のコミッション」について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険営業のコミッション」につて少しお話したいと

記事を読む

このブログの読者は「老後破綻(破産)」しちゃいけない

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「老後破綻(破産)」に関するお話をしたいと思い

記事を読む

保険を売りたい人の思考回路を理解しておこう

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、先日ご紹介したYahoo知恵袋での相談事例につ

記事を読む

社長さんやその家族の方「保証人」と「連帯保証人」は違うって知ってますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「保証人」と「連帯保証人」の違いについてお話を

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑