K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

相談事例:三井住友海上プライマリー生命 変額個人年金「しあわせ定期便」の加入を検討しています(61歳 女性)

公開日: : 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

 

やはり、「郵便局」の看板は絶大です。

だからと言って、商品力も絶大ということではありません。”それとこれとは別”ですね。

 

【質問】

三井住友海上プライマリー生命 しあわせ定期便 変額個人年金保険 早期受取型 3000万円加入を検討しています。

夫62才 妻61歳

65歳から夫12万円妻7万円 年金がでます。自営業です。夫婦で19万円。

終身年金で来年から年額90万円でこれに増額し夫が70歳までに1000万円増やし元本4000万円にする予定です。

そうすると月額10万円になります。

夫は、70歳まで就労するつもりです。

退職金制度に加入しています。

長生きのリスクと私達が亡くなっても、子供に毎月10万円終身受給できる事、増額したら絶対減らない事が魅力です。

欠点は、25年の運用が、1.2%で国債が45%なのでステップアップ年金は、あまり期待できない事です。

1000万円を毎月30万円としたら、33年間で取崩しとなりますが、子供にも終身年金がでるので、33年以上にはなると思いました。33年後の10万円なんてどれ程の価値になっているなんてわかりませんが、長生きのリスク、子供達に経済的な負担なく生涯を終えたいのが願いです。

退職金は、税控除になるので仕事を辞めるまで掛け続けます。

現在2700万円程です。70歳では3500万円程になります。

定期を3000万円今週中に下ろし、郵便局員に連絡予定です。

金額が私にしたら高額なのでご相談のメールをしました。

夫は、私に任せるからとの事です。

宜しくお願いします。

 

【回答】

三井住友海上プライマリー生命 しあわせ定期便 変額個人年金保険 早期受取型 3000万円加入を検討しています。

夫62才 妻61歳

65歳から夫12万円妻7万円 年金がでます。自営業です。夫婦で19万円。

終身年金で来年から年額90万円でこれに増額し夫が70歳までに1000万円増やし元本4000万円にする予定です。

そうすると月額10万円になります。

*郵便局で60歳以上の方に販売(しちゃダメでしょ)三井住友海上プライマリー生命「しあわせ定期便」

三井住友海上プライマリー生命「しあわせ定期便」

加入時:3,000万円✕3%=90万円(年金額)

70歳までに増額:1,000万円✕3%=30万円(年金額)

90万円+30万円=120万円(10万円✕12ヶ月)

このように計算をされているようですね?

 

私達が亡くなっても、子供に毎月10万円終身受給できる事

ここの理解は間違えているのではないかと思います。◯◯さんがお亡くなりになった後にお子さんが毎月10万円を終身年金で受取ることはできません。

親子間でこの年金をリレーすることは出来ますが、契約時にお子さんが60歳以上でなければいけません。

「しあわせ定期便」のパンフレットを添付します(*しあわせ定期便_ケーススタディ)事例の一番下、3番のケースです。

 「しあわせ定期便」

 

欠点は、25年の運用が、1.2%で国債が45%なのでステップアップ年金は、あまり期待できない事です。

1000万円を毎月30万円としたら、33年間で取崩しとなりますが、子供にも終身年金がでるので、33年以上にはなると思いました。33年後の10万円なんてどれ程の価値になっているなんてわかりませんが、長生きのリスク、子供達に経済的な負担なく生涯を終えたいのが願いです。

改めて、「しあわせ定期便」を簡単にご説明しますと、この保険は一括でお支払いした保険料の3%を支払いの翌年から一生涯に渡り受け取れる終身年金です。所定の条件を満たせば確定年金などの他の種類の年金方法も選択可能のようです。最低保険料は300万円で契約(被保険者年齢)は60歳~80歳の方です。◯◯さんが検討されている保険料3,000万円を一括でお支払いすると、その翌年から90万円を毎年、生きている限り受取ることができます。受取方法は公的年金の支給のない奇数月に年6回で受取る方法と、年に1回、一括で受取る方法が選択可能。

また、この90万円は最低保証されており、運用が良ければ90万円以上の年金額になります。「ラチェット方式」と呼ばれ、一度年金額が増える(例えば年金額が95万円)になると、以降は増える(95万円以上の年金額になる)ことがあっても、減ること(95万円以下の年金額)はありません。これが一生涯続きます。

◯◯さんの計算の通り、年金額3%であれば33年以上年金を受取れば元本回収となります。

(保険料3,000万:年金額90万円✕33年=2,970万円)

現在ご主人が62歳、◯◯さんが61歳でいらっしゃいますから、元本回収は96、95歳超です。

しかし、運用が良ければこの年金額は増えるので元本回収は早まりますが、ご指摘の通り運用先は

・国内債券45%

・外国債券30%

・国内株式15%

・外国株式10%

現在の10年国債の利回りはなんとマイナス、恐らく殖えることは「あまり」ではなく「限りなく」期待はできなさそうですね。

ですから◯◯さんご自身にとっては、この商品に加入しても恐らく元本を取り崩しているだけで、「得」になるようこともなく終わってしまう可能性が大きいと思います。お気を悪くなさらずにお聞き頂きたいのですが、◯◯さんご自身でこの保険に加入してメリットが出るのは95、96歳以降長生きできた時、またはよほど運用が良かった場合です。

 

一方、海外商品では低リスクで3%/年や8%/年という商品がありますので、一度そちらも検討されてはいかがでしょうか?

例えば、わずか5年で約115%(日本円換算で3,000万円→約3,450万円)まで殖やすことのできる確定保証された商品があります。

イメージ的には5年定期貯金のような商品です。

*元本確保・固定金利3.0%の商品

 

Point

残念ながら、この商品に加入するくらいでしたら

「ご自宅の金庫にでも入れて取り崩した方がよっぽど良い」

と、言わざるを得ませんね。

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

相談事例:しきりに海外積立を紹介なさってますが、そんなに良いでしょうか?(36歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:子供も小さいので+5,000万程の死亡保障を検討、返戻率・経費割合も気になります(49歳 会社経営)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

これが事実なら「このFPは懲戒解雇」あるご相談者からのメール

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は実際にご相談を頂いている方との事例で、”とても

記事を読む

相談事例:元本割れせず一般の学資保険よりも率が良いものがあれば教えてください(42歳 会社員 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:定期預金に入れている400万円を運用したいと考えています(50歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:死亡保障が必要で、かつ子供の大学資金、老後の資金を貯めたいと考えています。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:「リタイアメント・インカム」「ユニット・リンク」を契約しました。増えるのか、損をしないのか、不安になって・・・(女性 36歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:学資保険か財形貯蓄?どちらが良く貯まりますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:医療保険は貯蓄で対応しようと考えていますが、死亡保障や老後資金をどうしようか困っているところです

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:FPに相談し提示頂いている商品がありますが、そのまま鵜呑みにしても良いのか不安なので内容の精査をして頂ければと思います(主婦 35歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑