オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

相談事例:積立利率変動型終身保険に入っていますが、海外の生命保険に変更出来ないか模索中です。

公開日: : 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

やはり、日本の終身保険に比べると圧倒的に安く、利回りの高い海外の生命保険は魅力的ですね。

ただし、海外生命保険加入にあたっては、ある一定の条件があります。

 

【質問】

現在 、積立利率変動型終身保険に入っていますが、海外の生命保険に変更出来ないか模索中です。

月々の支払額は2万円、終身保険金額は500万です。

検討する情報いただきたく、メールしました。

 

【回答】

現在 、積立利率変動型終身保険に入っていますが、海外の生命保険に変更出来ないか模索中です。

米国生命保険に日本人が加入する場合は、最低死亡保険金が100万USD(約1.2億円)からとなります。保険の種類にもよりますが、40歳男性が保険料を50歳迄支払う契約で、毎年の保険料は約300万円~400万円前後となりますが、いかがでしょうか?ブログに詳しく書いていますのでこちら参考にして下さい。

*こんなに安い!米国生命保険「一時払保険料の比較」

*究極の相続対策「米国生命保険・設計書」公開

*終身保険を”タダ”にする「米国生命保険・設計書」公開

 

月々の支払額は2万円、終身保険金額は500万です。

実は約15年前から現在まで、日本の保険会社の商品は史上最低の予定利率で、このような超低利率の時代に終身保険や学資保険、個人年金保険など貯蓄性のある保険に、特に長期契約で加入してはいけません。15年~30年の期間を超低金利の利率で縛られた上に、途中で見直そうと思っても支払中のほとんどの期間で元本割れとなってしまうからです。また日本は現在、インフレ方向へシフトしようとしています。仮にインフレ率を2%だとすると、20年後には最低でも30%くらい増えていなければ実質、元本割れです。

*インフレ対応していなければ、あなたの保険は吹き飛びます

 

もし、死亡保障が必要で日本の保険商品で準備するのであれば、終身保険に加入するのではなく、保険料の割安な「収入保障保険」などで用意し、「保険は保険」「貯蓄は貯蓄」で、老後準備や学資資金などの”お金を殖やす”という目的とは分けて考えましょう。

こうすることでムダを省き、効率よく殖やしていくことが出来ます。

*「収入保障保険」とは?

 

また、保険に関してより詳しくアドバイスをご希望の場合、◯◯さんのお考えや状況をもう少し伺えますと、より具体的にお答えできるかと思いますので、以下の保険ヒアリングシート(リンク先)よりお答えください。

 

Point

海外の生命保険、日本の生命保険、状況に応じてそれぞれ最も良い方法は何かをアドバイスします。

ご希望の方は、保険ヒアリングシートに回答頂くか、無料相談からお気軽にご相談に下さい。

※保険ヒアリングシート

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

無料直接相談はこちらから

海外生命保険入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の金利が低く、手数料が高く(保険マンや接待費に支払っている)、利便性も低い保険に入っている方のために、米国生命保険をわかりやすくまとめました。

  • 解約返戻金が高い
  • 死亡保険金も高い
  • 手数料が低い
  • 利便性が高い(保険料が支払えない時はスキップできる)

生命保険に入りたい方はぜひご覧ください

ちなみに私(現35歳)が保険に100万円加入すると、私が死亡した時に1.1億円出てきます。明日にでも。

関連記事

相談事例:現在妊娠中、不妊治療で授かることができましました。かんぽ生命学資保険加入を検討しています。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:2年4か月で仕事は退職するつもり。その後は妻と国内をのんびり旅でもしてみたい(61歳 男性 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:貧乏なため、月10,000~12,000円くらいで個人年金保険への加入を検討中。どこの個人年金保険にするべきでしょうか?(34歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:社員の福利厚生で利用する方法についてご相談させて下さい

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:見直しのため2社と面談中。損だけはしたくないと考えております(35歳 男性 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:主人が忙しくしているため私一人で色々調べすぎて途方にくれている状況です(夫48歳・妻31歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:6つの保険に加入されている方からのご相談です(女性 43歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:アリコの円建保険金額保証特約付新終身保険(ドル建)に入っているのですが、最後まで払い続けた方が有益でしょうか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼頂いた方の事例を紹介したいと思い

記事を読む

相談事例:リスクがないか、少なく、25年で年利4-5%の商品はありますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:自殺した場合保険金って出ますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑