ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

あなたが「変額商品」を嫌いなのはなぜ?あなたの周りに”儲かった人”がいないから?

公開日: : ライフプランニング, my life, 裏話

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は「変額商品」について少しお話したいと思います。

 

日本人の多くが、将来の受取金額が不確定な「変額商品」を好まない傾向があります。

変額商品の代表と言えば

 

・変額個人年金保険

・変額終身保険(定期保険)

・確定拠出年金(401K)

・投資信託

 

などがそうです。

確かに”元本保証”され、さらに確実に殖える金額がわかっていれば将来設計もしやすいですし、何より安心なのも事実です。

しかし、現在日本の保険会社で販売されている保険は史上最低の利回りですから、20年〜30年かけてわずか10〜20%程度しか殖えないものを「確実に殖える」と錯覚してはいけません。

また、”元本保証”の意味合いとは少し違いますが、私達が当初「もらえるはずだった年金」はどうなりましたか?

あれよ、あれよと先延ばしとなり、この期に及んでは「60、65歳は老人じゃない」などという屁理屈まで飛び出す始末で、

「いったい、いつまで働かせる気だ?」

「いったい、いつからもらえんるんだ?」

「そもそも、払った分すらもらえない?」(既に若者たちの多くは諦めているようですが)

 

そんな状況の中、それでも「変額商品」が敬遠されるのは何故でしょう?

まず、

「リスク」を正しく理解していないから

以前ブログにも書きましたが、残念ながら日本人の金融リテラシーは諸外国に比べて大変”お粗末”と言わざるを得ないものとなっています。

*日本人の「金融リテラシー」

 

その結果として、これまでに「変額商品」を契約したことのある方は

「銀行員に言われるがまま」

「保険セールスに言われるがまま」

「証券マンに言われるがまま」

 

に、加入し”損をした人”しか周りにいないせいかもしれません。

恐らく、あなたの両親、または身近な方が「変額商品」で、ギャンブル的ではなくリスクと正しく付き合いながら、ちゃんと資産を殖やしていれば、あなたもそれを聞いて同じように資産を殖やる可能性が高いでしょう。また、あなた自身が資産を殖やすことができれば、お子さんや大切な身近な方に、それを教えるのではないでしょうか。

「資産運用は変額商品を組入れるように」

 

しかし、残念ながら日本人ではこのような方はほとんどいないはずです。逆に皆さんの周りで「変額商品」を経験した方の多数は損をしていますね?それもそのはずで、多くの方が”投資”ではなく”投機”として「変額商品」を購入し、それを表すデータの一つとして、投資信託の保有期間2〜3年というのを見ればうなずけます。

*これがわからない人は「積立投資」をしてはいけない!投資信託の平均保有期間2~3年という事実

 

これでは”丁半博打”です。

「変額商品」は「投資」ですからすべては運用次第となり、元本保証はされていません。ご存知のように「投資」と呼ばれるものにはすべて「リスク」があり、これは日本国内の商品、海外の商品問いません。この「リスク」に関して正しい知識を持ち、できるだけ「リスク」を減らして安定的にリターンを出すために

 

・長期

・分散

・継続

 

が必要で、それが「ドルコスト平均法」と呼ばれるものです。

*毎月同じ金額を積み立てる「ドルコスト平均法」とは?

*クイズ「ドルコスト平均法」

 

そして、これをわかっていても尚、わずか数年の運用成績で「損した」と決めつけてしまう方も多くいます。

これは国内海外の商品どちらでも言えることですが、特に積立型商品の初期段階においては保険会社や運用会社の手数料(会社で程度の差はありますが)、また複利効果を得られていない状況で、利益が出にくいという事実があります。そのため、最初の数年は”元本割れ”の状況が続くかもしれません。

そんな時にはこの言葉を思い出して下さい。

セブン&アイホールディングス 鈴木敏文会長の名言

株価は上がり続けることもなければ、下がり続けることもない

 

有名な格言ですね。すべての投資商品に通じるものです。短期間の上げ下げに一喜一憂せず、わずか数年で”失敗した”と決めつけずに「長期、分散、継続」で資産形成をしていきましょう。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

「確定拠出年金(401K)」の税効果を利用した「海外積立年金プラン」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「確定拠出年金(401K)」の税効果を利用した

記事を読む

そもそも「生命保険」って?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。これから生命保険を語っていく上で、そもそも保険という商

記事を読む

「貯蓄」は全ての”万能薬”

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「貯蓄はすべての万能薬」についてお話したいと思い

記事を読む

社長さんやその家族の方「保証人」と「連帯保証人」は違うって知ってますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「保証人」と「連帯保証人」の違いについてお話を

記事を読む

「預金金利しか受取っていない人」「信じれるのは預貯金のみの人」の末路

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日「預金金利しか受取っていない人」「信じれるのは預

記事を読む

まだどこにもない情報〜アクサ生命「ユニット・リンク」パンフレット内容変更の意味するもの

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はアクサ生命「ユニット・リンク」のパンフレット内容

記事を読む

2016年を振り返って

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は2016年最後のブログとなりますので、この一年を

記事を読む

クイズ:「差額ベッド代」がかかるのはどのケースでしょう?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「差額ベッド代」に関するお話です。 ま

記事を読む

「生活設計に関するデータ」〜生活編②【教育・結婚・マイホーム】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 シリーズ「生活設計に関するデータ」 今日は生

記事を読む

「医療保険」や「がん保険」は”終身払”が良い。アフラックの「がん保険」のあゆみ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「医療保険やがん保険は終身払が良い」その理由に

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑