オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

相談事例:利率が高い物をさがしてます。定年後、毎月60万は欲しいです(37歳 男性)

公開日: : 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

定年後のプランを具体的にお持ちの方です。

具体的であればあるほど「どのように準備」するか、しなければいけねいのか、が明確になりますね。

 

【質問】

現在、米ドル建て 年金支払型特殊養老保険がきになり、さがしてます。基本、利率が高い物をさがしてます。勿論リスクは最低限。定年後、毎月60万は欲しいです。現在はドルで給料をもらっています。手取りで8000ドル、生活費は基本食費だけです。

 

【回答】

現在、米ドル建て 年金支払型特殊養老保険がきになり、さがしてます。

米ドル建ての年金支払型特殊養老ですと、プルデンシャル生命かジブラルタ生命の「リタイアメント・インカム」ですね?

*プルデンシャル生命とジブラルタ生命の「リタイアメント・インカム」とは?

 

基本、利率が高い物をさがしてます。

現在、日本の保険会社の商品は史上最低の予定利率となっていて、日本の保険会社が販売する商品であれば多少の差はあれ、でれも似たり寄ったりの利率になってしまいます。これは円建でも米ドル建でも同じです。

こちらのランキングを見て頂いてもお分かりのように20年~30年近くの期間を掛けて数%の違いを競い合うことになります。

*国内生命保険ランキング

 

定年後、毎月60万は欲しいです。

仮に◯◯さんが65歳から85歳まで「毎月60万円」で暮らしていくには

【60万円✕12ヶ月✕20年=14,400万円】が必要ですね。

この「14,400万円」の為の過不足額を計算すると、今から「28年掛けて、何%で、毎月いくらの金額を」積立てければいけないのかがわかりますので、計算してみて下さい。

*「老後」について~その3【老後の必要保障額の考え方】

*「生活設計に関するデータ」~老後編【生活設計・必要資金・年金】

*つまりは”「いつまで」に「いくら」貯めたいのか?”という発想で考えてみると良い

 

もし、「リタイアメント・インカム」で「払済」の方法ではなく、37歳から65歳まで毎月保険料を支払い、65歳から85歳まで月額5,000USD(約60万円)を受取る設計(20年受取総額1,200,000USD:約14,400万円)であれば、毎月の支払保険料は2,450USD(約294,000円)となります(*1USD=120円)

【リタイアメント・インカム】

・月払保険料:2,450USD(約294,000円)

・支払保険料総額:823,200USD(約9,878万円)

・受取総額:1,200,000USD(約14,400万円)

・返戻率:145.8%

 

もし、「海外積立年金」で用意する場合はこちらのシミュレーションとなります。シミュレーションの関係で期間は下記でご案内します。

「海外積立年金」には2種類あります。

 

【変額年金プラン】

ボーナス金利を積立額に応じて1~5%/年必ずもらいながら、世界にある200本ほどあるファンドからポートフォリオを組んで積立投資するものです。ご自身でポートフォリオを組み、運用することもできますが、弊社の推奨するポートフォリオで運用することも可能です。

仮に月々1,000USD(約120,000円)を積立られる場合、海外積立年金ではボーナス金利(固定金利)5%が満期まで必ずついてきます。弊社でご紹介しているご参考ポートフォリオで積立をする場合には過去10.2%/年の運用ができているので、過去のパフォーマンスで殖やしていければ、積立最大年数の25年後満期時には、複利運用やボーナス金利によって以下のようなパフォーマンスシミュレーションとなります。(*1USD=120円)

・月払保険料:1,000USD(約120,000円)

・25年積立総額:1,000USD(約120,000円)✕12✕25=300,000USD(約3,600,000円)

・25年後満期想定額(10%運用):1,244,990.75USD(約14,940万円)

・返戻率:415.0%

 

【140%元本確保型年金プラン】

15年後に積立た金額の+40%を最低保証した上で、米国の株式に連動し更に殖えて受けとれることができるものです。

仮に月々2,500USD(約300,000円)を15年間積立た場合は(*1USD=120円)

・月払保険料:2,500USD(約300,000円)

・2,500USD12✕15=450,000USD(約54,000,000円)

・15年後:450,000✕140%=630,000USD(約75,600,000:最低保証)

・最低保証返戻率140%

 

勿論リスクは最低限。

「投資」と呼ばれるものには「リスク」があります。これは日本国内の商品、海外の商品問いません。この「リスク」に関して正しい知識を持ち、できるだけリスクを減らして安定的にリターンを出すために

・長期

・分散

・継続

が必要で、それが「ドルコスト平均法」と呼ばれるものです。こちらブログに書いていますので参考にして下さい。

*これがわからない人は「積立投資」をしてはいけない!投資信託の平均保有期間2~3年という事実

*毎月同じ金額を積み立てる「ドルコスト平均法」とは?

*クイズ「ドルコスト平均法」

 

また、老後資金のための「プレミアムプレミアムファイナンス」を活用すればであれば、低リスクで10年後に元本が2倍、20年後に4倍となって受取れるようなものもあります。

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

無料直接相談はこちらから

プレミアムファイナンス入門書(マニュアル)を
無料進呈します

1億円の資金で10億円の保険金(死亡保障)を掛けられる方法です。

  • 銀行ローンで預金の3倍にレバレッジ
  • 海外生命保険で3億円の保険料が10億円ぼ死亡保険金にレバレッジ
  • これがプライベートバンクが相続税対策で最も使っているスキーム

銀行ローンを使うのですが、預金担保の最低額は1億円(100万ドル)。

それ以上の資産がある方はこの入門書をご一読ください。

関連記事

相談実践事例:和田式「これがわかれば〈国内・海外〉の中から、今あなたにBESTな保険のアドバイス」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受け、私の質問に回答頂いた事例を

記事を読む

相談事例:税金対策で保険を検討。サラリーマンの時は控除上限がありましたが法人ではどうですか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:2人目の子どもが生まれ保険の見直しを図りたいと思っています(夫39歳会社経営/妻35歳会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:検討中の終身、養老保険について(33歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:今は終身保険(死亡保障)を買うタイミングでないですか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。この問題意識があ

記事を読む

相談事例:現在独身で子供もおらず、今後の予定も有りません。そもそも保険は不要と思っています(37歳 派遣社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:個人年金に入りたいのですが、保険会社が潰れるとどうなりますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

相談事例:貯蓄を増やしたいとFPに相談をし「リタイアメントインカム」を勧められました(25歳 女性 事務員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:社員の福利厚生で利用する方法についてご相談させて下さい

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:「今入るのが得」と言われ、かんぽ生命【新フリープラン 】に契約。貯蓄目的で勧められましたがいかがなものでしょう?(65歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑