K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

相談事例:シングルマザーなので、私に何かあった時でも娘には最低限の生活はさせたいと思い(女性 38歳 会社員)

公開日: : 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

最近はシングルマザーの方も多くいらっしゃいますが、万が一の時はお子さんにきちんと遺してあげたいですね。

お子さんのため、そして長生きした時のご自身のためにも「ムダ」のない保険加入が大切です。

 

【質問】

□ご年齢

38歳

 

□家族構成(ご家族、それぞれの年齢)

長女:0歳

 

□職業

会社員

 

□年収(税引き前)

200万円

 

□預貯金額(含む投資商品)

400万円

 

□現在加入中の保険

第一生命 ブライトWAY 5年毎利差配当付 終身保険 10,698円/月   

 

□保険に加入した理由

何かあった時に、周りに迷惑かけないように

 

□その他、人生においてどのようなことを目標としているか、何が不安か、などあればなんでもお聞かせください。

昨年8月に娘が生まれて、シングルマザーなので、私に何かあった時でも娘には最低限の生活はさせたいと思い、教育費と私に何かあった時の保障の追加、今の生命保険も合わせて巷の無料相談を2つしてみました。

提案されたもので、これ入ったほうがいいとか悪いとか、他の選択などあれば教えてもらえたら嬉しいです。

・ソニー終身保険 バリアブルライフ 60歳払込 保険金200万(死亡整理金)5,245円/月

・あいおい生命 収入保障保険 月10万 60歳まで 払込免除付 2,014円/月

・ライフネット生命 就業不能保険 月20万 65歳まで 3,818円/月

・医療保険 ネオファースト生命 終身払 日額5000円、入院給付金10万、払込免除付 3747円/月

・チューリッヒがん保険 終身払 月10万、診断金50万 1,575円/月

・教育費 メットライフ外貨建 10年払込 保険金3万$ 102.39$/月

 

ブログなどでを読んで教育費の事はなんとなくわかりました。(海外積立の中身の理解はまだできてませんが)

あと、不安なのが老後資金です。

会社員ですが(今は育休中)、厚生年金ではなく国民年金なので公的年金のアテがないに等しいかと思います。

海外積立とか海外生命保険とか今回初めて聞いて、全く知識がないので単語の意味もわからずで、そんな私でも大丈夫なのかと不安はあります。

よろしくお願いします。

 

【回答】

ではまず、提案されている商品に関して簡単にコメントします。

ソニー終身保険 バリアブルライフ 60歳払込 保険金200万(死亡整理金)5,245円/月

死亡保障は下記の、あいおい生命 収入保障保険で用意すれば良いと思いますので不要です。

これはあくまでも「保険」です。年齢にもよりますが、毎月の保険料の約30%~40%程度は保障としてのコストとして差引かれ、残りの約60~70%が貯蓄・運用に回ります。「保障は保障」「貯蓄は貯蓄」で分けてお入りになる方が良いですね。何故、保障と貯蓄を分けて考えるべきなのか?ブログで詳しく書いていますので参考にして下さい。

*”保険は保険・貯蓄は貯蓄” なぜ「ユニット・リンク」や「バリアブルライフ」に加入してはいけないのか?【保険は貯蓄も兼ねません】

*「ユニット・リンク」や「バリアブルライフ」検討の皆さんのニーズはほぼこちら~ソニー生命「変額個人年金保険」とは?

 

あいおい生命 収入保障保険 月10万 60歳まで 払込免除付 2,014円/月

38歳の女性で、月額10万円であればこの収入保障保険が一番良いですね。

 

ライフネット生命 就業不能保険 月20万 65歳まで 3,818円/月

必要優先順位によっては良い保険でもありますし、不要かも知れません。

 

医療保険 ネオファースト生命 終身払 日額5000円、入院給付金10万、払込免除付 3747円/月

恐らく一時金も給付されるような保障内容ですね、詳細がわからないので同一条件で比較するのが難しいですが、オリックスの「新CURE」か、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の「新健康のお守り」で月額2,500円くらいのものでも良いかもしれません。

*10月2日リニューアル~オリックス生命 医療保険「新CURE」

*損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の終身医療保険「新・健康のお守り」~30歳女性ランキング1位

 

チューリッヒがん保険 終身払 月10万、診断金50万 1,575円/月

がん保険ではこの保険は良い商品だと思います。

*手数料も高いので売れてます!チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアム」「3大疾病保険プレミアム」とは?

 

教育費 メットライフ外貨建 10年払込 保険金3万$ 102.39$/月

この保険に学資資金を目的としては加入してはいけません。死亡保障は「収入保障保険」で用意し、学資資金はちゃんと殖えるものに加入したほうが良いですね。

*メットライフ生命の「米ドル建IS終身保険」~30歳男性ランキング3位

 

提案されたもので、これ入ったほうがいいとか悪いとか、他の選択などあれば教えてもらえたら嬉しいです。

提案されている商品が、どんなに良い商品であっても、◯◯さんにとってあまり必要ではない部分は「ムダ」になっていまします。生命保険加入の際はできるだけ「ムダ」を少なくした方が、より効率的に「老後資金」や「教育費」を殖やすことができます。その為には、◯◯さんがどの保険に加入するべきか?どれを優先するべきか?もう少し状況を伺いませんと正しくお答えできません。より具体的なアドバイスするためには、以下の4つの項目もお答え頂けるとより正確にアドバイスすることが出来ます。

*FPと名乗る「ポジショントーク」に振り回されではダメ!~「ポジショントーク」とは?

*あなたの申込んだ「保険無料相談」の情報は◯◯万円でFPに買われている〜だから保険を売りつけられる

 

1.)必要保障額をザックリで構わないので計算してみて下さい。これは遺族年金や死亡退職金、現在の預貯金や不動産含む資産がどれ位あるのかで大きく違ってきます。◯◯さんに万が一のことがあった際に「誰がどれだけ金銭的リスクがあるのか?」を知る上でとても重要です。これを省略してしまうと、「そもそも何故、◯◯◯◯万円の死亡保障が必要なの?」ということになります。

*「万が一の必要保障額」ってどれくらい?

 

2.)老後資金の必要額をこちらもザックリで構わないので計算してみて下さい。一言に「老後」と言っても皆さんそれぞれ希望される老後生活は違います。毎月20万円の生活でも良いと考える方もいれば、毎月50万円の生活をお考えの方もいます。その為にはいくら準備しておく必要があるのかがわかります。また、それには今から「何年掛けて、何%で、毎月いくらの金額を」積立てなければいけないのかもわかります。

*「老後」について~その3【老後の必要保障額の考え方】

*「生活設計に関するデータ」~老後編【生活設計・必要資金・年金】

*つまりは”「いつまで」に「いくら」貯めたいのか?”という発想で考えてみると良い

 

3.)ご自身で、下記のリスクに対して保険加入の優先順が高いのかを決めてみて下さい。

・死亡保障

・医療保障

・老後資金

・学資資金

・3大疾病(がん・心筋梗塞・脳卒中)

・介護

・就業不能

・相続対策(相続税納税対策)

 

4.)毎月の支払に充てられる上限金額をお知らせ下さい。

これらがわかれば、かなり具体的にアドバイスが出来ると思います。先程もお伝えした通り「お金を殖やす」には、できるだけムダな保険に加入しないのが一番良い方法です。そんなに時間の掛かることではありませんから、是非一度行ってみて下さい。

 

海外積立とか海外生命保険とか今回初めて聞いて、全く知識がないので単語の意味もわからずで、そんな私でも大丈夫なのかと不安はあります。

実は非常に多くの方が勧められるままに「なんとなく」生命保険に加入していますが、一般的に生命保険はマイホームに次ぐ高額な買い物と言われ、サラリーマン家庭でも総額で数千万円にもなりますから、よくわからないまま加入してはいけませんね。何かわからないことがあれば、遠慮なく何度でも結構ですのでご質問下さい。

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

相談事例:87歳の母がマスミューチュアル生命保険「エムソリューション 年金型(米ドル建) 」を勧めらました

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:現在加入中の保険について(55歳男性)

あなたの生命保険を無料診断(所要3分) ↓↓↓ 皆さんこんにちは「保険アドバイ

記事を読む

相談事例:現在加入している保険について(サラリーマン 45歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:保険料控除等を利用するため、少額払いで「ユニット・リンク」を利用するのはアリですか?(女性 43歳 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:口座開設から保険加入までお手伝いいただく場合、費用はどう考えればいいですか(73歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:子供に何も保険を掛けていないのでプルデンシャルの終身保険に入ろうかと思っています

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

相談事例:今年結婚しました。生命保険に入るのが普通でしょうか?(20代夫婦)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:自営業をしてますが、休業保障?けが?病気?働けなくなった時の保険ありませんか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:現在の貯金額は保険の返戻金が殆どなので、保険より貯蓄にシフトしたい(46歳 公務員 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:『ほけんの窓口』で見直したがこれでいいのか?不安です(33歳 女性 会社員)

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思いま

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑