ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

相談事例:投資家でもないし、預貯金もたくさんないですが相談して良いものかと思いつつ、思い切って問合わせしてみました(シングルマザー 38歳 会社員)

公開日: : 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

シングルマザーの方からですが、ご相談頂いて良かったです。お金を殖やすための大事な資金に金額の大小など関係ありませんからね。

 

【質問】

少し前に子供が生まれたので保険の見直しで2件相談したのですが、今の自分にあってるのかが判断できずにいます。

ここにたどり着いたのは、学資をドル建保険を勧められた時に、資産の分散と言われたのですが、ちゃんと学資金を確保できるのか心配になって、調べてたらたどり着きました。

投資家でもないし、預貯金もたくさんないですが相談して良いものかと思いつつ、思い切って問合わせしてみました。 よろしくお願い致します。

 

【回答】

少し前に子供が生まれたので保険の見直しで2件相談したのですが、今の自分にあってるのかが判断できずにいます。

残念ながら多くの保険セールス(FP)はより手数料の高い商品をススメる傾向にありますから、無理もありません。

特に学資保険は「手数料の悪い保険」の代表ですから、あまりススメしないセールスも多いと思います。

*FPと名乗る「ポジショントーク」に振り回されではダメ!~「ポジショントーク」とは?

ここにたどり着いたのは、学資をドル建保険を勧められた時に、資産の分散と言われたのですが

学資資金としてだけではなく、今後は日本円だけを持つことのほうがリスクであると考えていますので、資産の一部を外貨、特に世界の基軸通貨である米ドルを持つことは、通貨分散においても非常に大切なことです。また、日本国内だけではなく海外に一部の資産を持つことも、リスク分散のためにはとても重要です。

*「預金封鎖」と「デノミネーション」

*それでも”円”だけを持ち続けますか?【外貨を持ったほうが良い理由】①

 

ちゃんと学資金を確保できるのか心配になって、調べてたらたどり着きました。

「通貨分散すること」と「ちゃんと学資金を確保できること」の両方が出来なければ意味がありませんね。

日本で販売している外貨建の保険商品は「通貨分散」としては多少有効ですが「殖やすこと」においては残念ながらほとんど期待できません。

「通貨分散」と「確実に殖やす」この2つを両立するには「海外積立年金」がオススメです。

特に確実に殖やすことができる「140%元本確保型年金プラン」は◯◯さんのニーズに合っていると思います。

 

「海外積立年金」は2種類あります。

1)「変額年金プラン」

ボーナス金利を積立額に応じて1~5%/年必ずもらいながら、世界にある200本ほどあるファンドからポートフォリオを組んで積立投資するものです。ご自身でポートフォリオを組み、運用することもできますが、弊社の推奨するポートフォリオで運用することも可能です。

仮に月々250USD(約30,000円)を積立られる場合、海外積立年金ではボーナス金利(固定金利)1%が満期まで必ずついてきます。弊社でご紹介しているご参考ポートフォリオで積立をする場合には過去10.2%/年の運用ができているので、過去のパフォーマンスで殖やしていければ、積立最大年数の25年後満期時には、複利運用やボーナス金利によって以下のようなパフォーマンスシミュレーションとなります。(*1USD=120円)

・25年積立総額:250USD(約30,000円)✕12✕25=75,000USD(約9,000,000円)

・25年後満期想定額(10%運用):295,397.40USD(約35,448,000円)

・返戻率:393.9%

 

2}「140%元本確保型年金プラン」

15年後に積立た金額の+40%を最低保証した上で、米国の株式に連動し更に殖えて受けとれることができるものです。

お子さんが高校~大学を私立に通うと考えると約1,000万円ほどは用意しておきたいところだと思います。

*「生活設計に関するデータ」~生活編②【教育・結婚・マイホーム】

 

仮に、約1,000万円を15年後に確保するためには、月々約40,000円を積立ていけば可能です。(*1USD=120円)

・330USD(約40,000円)✕15年=59,400USD(約7,128,000円)

・15年後:59,400✕140%=83,160USD(最低保証 約9,979,200円)

・返戻率:140%最低保証

 

投資家でもないし、預貯金もたくさんないですが相談して良いものかと思いつつ、思い切って問合わせしてみました。

ご不明な点などありましたら、またいつでも遠慮なくご連絡ください。

 

Point

大事な資金に金額の大小は関係ありません。皆さんもぜひご相談下さい。

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

少子高齢化、インフレ、財政赤字、年金破綻、老後破綻。更に日本の年金保険は低金利で増えないので、海外で、外貨で自分年金を準備しましょう。

  • 積立額に応じてもらえるボーナス金利(最大5%)
  • 15年で140%、20年で160%保証
  • 最低年3.5%の金利保証

更に現状8.73%(2017年8月現在)で運用が続けば、将来充実した年金を準備することができます。

関連記事

相談事例:年齢的に学費と老後資金の準備を平行して進めていきたいところです(36歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:小学生と保育園生の子供がいます。学資保険に加入すべきでしょうか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は実際に診断依頼を受けたお客様の事例を紹介

記事を読む

相談事例:三井住友海上プタイマリー生命「かがやきつづく」を購入してますが不安です(女性 75歳)

皆さんMerry Christmas「保険アドバイザー和田」です。ご家族と、恋人と、お友達と、最近は

記事を読む

相談事例:「ユニット・リンク」についての助言ありがとうございました。「ユニット・リンク」には入らないことにしました(35歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:「ユニット・リンク」をやるなら「投資信託」の方がいいという動画を見て不安になりました(

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思いま

記事を読む

相談事例:500万の投資(生命保険)は何がいいでしょうか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

相談事例:検討中の終身、養老保険について(33歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:老後資金目標金額は最低1,200万円以上。余裕をみると3,000万円以上必要かもしれません(39歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:自律神経の薬を呑んでいると薬をやめて一年経たないと先進医療がつけられません(55歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:貧乏なため、月10,000~12,000円くらいで個人年金保険への加入を検討中。どこの個人年金保険にするべきでしょうか?(34歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑