K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

相談事例:2人目の子どもが生まれ保険の見直しを図りたいと思っています(夫39歳会社経営/妻35歳会社員)

公開日: : 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

二人目のお子さんが産まれたのを機に保険見直しの相談を頂きました。非常に良い事ですね!

ただ、頂く情報だけではなかなか具体的なアドバイスが出来ないので、ぜひ証券分析をされることをオススメします。

 

【質問】

□ご年齢

35歳

 

□家族構成

夫:39歳

長男:3歳

次男:0歳

 

□職業

妻:会社員  夫:会社経営者

 

□年収(税引き前)

1,650万円

 

□預貯金額(含む投資商品)

3,500万円

 

□現在加入中の保険

夫:プルデンシャル(米国ドル建終身保険10年払込済)・都民共済(医療保険 5000円/日)

妻:ジブラルタ(米国ドル建リタイアメント・インカム)・ジブラルタ(通貨指定型個人年金保険 米国ドル)・Aflac(医療保険EVER 女性特約付き 1万円/日)  

 

□保険に加入した理由

妻の保険は独身時代に将来不安により加入したもの、夫の保険は新婚時代に貯蓄目的で加入したものになります。子どもが2人生まれ、見直しを図りたいと思っています。

 

□その他、人生においてどのようなことを目標としているか、何が不安か、などあればなんでもお聞かせください。

子どもの教育資金および夫婦の老後の貯蓄、また夫に万が一のことがあった場合の生命保険の見直しが目的です。

子どもへの教育費用に関しては、小学校~私立に入る可能性があり、また大学は海外留学ができるだけの資金を用意したいです。

夫の年収(税引き前)1200~1500万、妻の年収(税引き前)450万です。

夫のプルデンシャル(米国ドル建終身保険10年払込済):保険料3,365ドル/年で、2010年より加入、死亡時10万ドルです。

妻のジブラルタ(米国ドル建リタイアメント・インカム):保険料130ドル/月で、2008年より加入、65歳から500ドル/月の20年確定年金です。

現在加入しているすべての保険を見直ししたいです。

医療保険に関しては、預貯金も増えてきたため、解約も検討中です。

貯蓄型の米ドル建て保険に関しては追加で加入もしくは乗り換えを検討中です。

ご提案くださると幸いです。宜しくお願いいたします。

 

【回答】

現在加入中の保険 夫:プルデンシャル(米国ドル建終身保険10年払込済)・都民共済(医療保険 5000円/日)妻:ジブラルタ(米国ドル建リタイアメント・インカム)・ジブラルタ(通貨指定型個人年金保険 米国ドル)・Aflac(医療保険EVER 女性特約付き 1万円/日)

一般的な回答は後ほどさせて頂きますが、5つの保険を詳しく分析をご希望の場合は、下記URLから「証券分析」をお申し込み頂き、ご決済後に保険証券や設計書のコピーなどをFAXまたはメールでお送り下さい。私の方で加入契約を一覧表にまとめ、ケースバイケースですが見直しの代替え案をご提案します。

※国内生命保険の保険証券分析はこちら(3000円/回)

(いくつ保険に加入していても、すべてまとめて3000円で診断します。いつでもメール回答。面談不要。)

*【第42回】合計16個の生命保険に加入されていた方の証券分析の結果です。【岐阜県 主婦 40代前半 女性】

 

私の経験では、今まで同様の保険証券分析を行ってきて、見直しをしなくてよかったケースは全体の10%程度しかありません。

ですから、弊社も3000円だけ費用として頂戴しますが、このままご自身にBESTではない保険を続けるよりも、後悔をしない結果を提示できるかと思います。

 

では、一般的なアドバイスを簡単にコメント致します。

子どもの教育資金および夫婦の老後の貯蓄、また夫に万が一のことがあった場合の生命保険の見直しが目的です。子どもへの教育費用に関しては、小学校~私立に入る可能性があり、また大学は海外留学ができるだけの資金を用意したいです。

現在の日本の借金事情などから考えても通貨分散として一部の資産を外貨、特に米ドルで持つことは非常に良いことです。その意味でも、お二人共に米ドル建の保険に加入されていたのは良い選択だったと思います。また、お子さんの海外留学等もお考えでしたら尚更のこと、外貨で資産をお持ちになるのが良いですね。

*「預金封鎖」と「デノミネーション」

*それでも”円”だけを持ち続けますか?【外貨を持ったほうが良い理由】①

 

万が一の場合の必要保障額の考え方や、学費についてはこちらを参考にしてみて下さい。

*「万が一の必要保障額」ってどれくらい?

*「生活設計に関するデータ」〜生活編②【教育・結婚・マイホーム】

 

夫のプルデンシャル(米国ドル建終身保険10年払込済):保険料3,365ドル/年で、2010年より加入、死亡時10万ドルです。妻のジブラルタ(米国ドル建リタイアメント・インカム):保険料130ドル/月で、2008年より加入、65歳から500ドル/月の20年確定年金です。現在加入しているすべての保険を見直ししたいです。貯蓄型の米ドル建て保険に関しては追加で加入もしくは乗り換えを検討中です。

先程の話の通り、米ドル建商品を持つこと自体は良い選択です。米ドル建商品ですから円建ての保険に比べますと利率(正確には予定利率と言います)が良いのですが、「米国生命保険」とは違い、日本の保険会社の提供する米ドル建の保険商品は、それほど極端に利率が良いわけではありませんので、「死亡保障は死亡保障、積立は積立」で、行った方が良いと思います。

*終身保険を”タダ”にする「米国生命保険・設計書」公開

*『海外生命保険入門書(マニュアル)』(無料)はこちら

 

とは言っても、既に加入されて年数も経っていますので、加入中のプルデンシャル生命「米ドル建終身保険」と、ジブラルタ生命「リタイアメント・インカム」については「払済」にされると良いかと思います。その上で、不足する死亡保障は日本の保険会社が提供する割安な「収入保障保険」などで用意し、老後資金やお子さんの学資資金は「海外積立年金」で用意するのが最も良い選択です。

*保険の見直しはいろいろあります「解約」「減額」「払済」「延長定期」「コンバージョン」

*「収入保障保険」とは?

 

特に◯◯さんの「リタイアメント・インカム」については5~10年程度の間で「払済」にするような提案ではありませんでしたか?

そのほうが、65歳まで払い続けるよりも、満期時の利回りが良くなるからです。

現在はそのような販売方法は禁止されていますが、ほとんどのケースで、当時そのようなセールスをしているはずです。

*プルデンシャル生命とジブラルタ生命の「リタイアメント・インカム」とは?

 

夫:都民共済(医療保険 5000円/日)妻:Aflac(医療保険EVER 女性特約付き 1万円/日)医療保険に関しては、預貯金も増えてきたため、解約も検討中です。

その考え方で合っています。医療保険やがん保険は保険会社の利益率が非常に高い商品です。

本当に必要かどうか?◯◯さんはお勤めのようですすから、会社の福利厚生なども一度ご確認下さい。

特に「1万円/日」の保障に関しては一般的には多いと思います。

*医療保険って必要?「高額療養費制度」とは

 

共済に関しては手軽で良い反面、60~65歳以降で保障が半分になってしまったり、保障期間が最高85歳までとなっていたりしますので、あまりオススメしません。

また、預貯金の3,500万円に関しては、金利のつく商品で運用されてはいかがかと思います。

日本の保険商品にしても、海外の保険商品にしても、毎月積立ていく商品で資金を殖やしていくには、お子さんの小学校入学(6歳)までには期間が短か過ぎます。リスクをそれほど取らなくても、海外には3%/年や8%/年という5年満期の商品がありますから、これをカバーする意味でも現在の預貯金に金利を付けて殖やしておけば、学資費用にあてることができると思います。

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

無料直接相談はこちらから

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

相談事例:「ほけんの窓口」「明治安田生命担当者」どちらかが知識不足?あるいは、嘘をついてる?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:マニュライフの米ドル建終身年金プラン「ライフパートナー」を契約し二日後がクーリング・オフ期限です(71歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:主人が6歳の娘のために三井生命「ドリームフライト」という外貨建個人年金に加入

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談事例を紹介したいと思います。恐らく三井住友銀

記事を読む

相談事例:現状保険未加入ですがどの保険に入るか検討中「マニュライフ生命こだわり終身v2」「オリックス終身保険rise」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:子供を授かったことで保険について検討、複数の保険を取扱っている代理店に資料請求しました(女性 36歳 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:学業資金になるものを探し保険の窓口などに行きましたが必ず薦められるのが「円建終身」「ドル建終身」「ドル建個人年金」死亡保障などはいりません(1)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:ご家族で合計11本の契約をしている方からの相談です(46歳 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:マニュライフの未来を楽しむ終身保険(米ドル)の加入を勧められていますが、どうなのでしょうか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:夫35歳、妻33歳(8月出産予定)のドクター夫婦からのご相談

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:現在4人家族です。私の死亡保障を中心にガン保険や次男の学資保険を考えています(26歳 男性)

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思いま

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑