ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

和田式「これがわかれば〈国内・海外〉の中から、今あなたにBESTな保険のアドバイス」

公開日: : 最終更新日:2016/02/20 ライフプランニング, 裏話

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。

今日のテーマは、和田式「これがわかれば・国内・海外の中から、今あなたにBESTな保険のアドバイス」です。

何だか本のタイトルのようですが、決して出版を目論んでいるわけではありません(でも、どこかの出版社の方、見てたらぜひ…笑)

 

お問合せやご質問の中でも多いのですが、いろいろと保険について検討していると

万が一のことがあった時。。。

入院した時。。。

老後のお金。。。

子どもの学費。。。

働けなくなった時。。。

などなど、次々にリスクが浮かび上がってきて、いったいどれに入ったら良いのだろうと彷徨い始めたりします。

もちろん、FPと名乗る保険屋さんに行こうものなら、あれやこれやと”販売したいもの”を、ススメられます。その結果、ニーズに合っていないような商品に加入している契約も多く見てきました。正に”ネギを背負ったカモ”

それもそのはずで、多くの方は保険や金融に関する知識に乏しい、云わば素人です。ですから、保険のセールスにしても証券マンにしても、自分たちの都合の良いセールストークを作り、皆さんに説明・お話していますので、会って話を聞けば”良い商品”と思わせるようなストーリーに出来上がっています。これを”素人”である皆さん自身で正しく見分け、判断するのは難しいことです。ですから、皆さん自身が本当に信頼できるアドバイザーを見つけるのが一番の方法ですし、目標・目的への近道です。

*日本人の「金融リテラシー」

*大切なのは”信頼できるアドバイザー”を見つけること

 

もし、皆さんが私に相談される際は最低限、以下の質問にお答え下さい。より具体的な保険加入のアドバイスができると思います。

 

・ご年齢
・喫煙の有無
・健康状態
・家族構成(ご家族、それぞれの年齢)
・職業
・年収(税引き前)
・預貯金額(含む投資商品)
・現在加入中の保険(含む年金保険)
・保険に加入した理由
・海外の生命保険も対象とするか?
・その他、人生においてどのようなことを目標としているか、何が不安か、など。
 
 
 
 
次に、以下の4つの項目もお答え頂けると、より正確に、最適な、ムダのない保険加入のアドバイスすることができます。
 

1.)必要保障額をザックリで構わないので計算してみて下さい。

これは遺族年金や死亡退職金、現在の預貯金や不動産含む資産がどれ位あるのかで大きく違ってきます。万が一のことがあった際に「誰がどれだけ金銭的リスクがあるのか?」を知る上でとても重要です。これを省略してしまうと、「そもそも何故、◯◯◯◯万円の死亡保障が必要なの?」ということになります。

2.)老後資金の必要額をこちらもザックリで構わないので計算してみて下さい。

一言に「老後」と言っても皆さんそれぞれ希望される老後生活は違います。毎月20万円の生活でも良いと考える方もいれば、毎月50万円の生活をお考えの方もいます。その為にはいくら準備しておく必要があるのかがわかります。また、それには今から「いくらの金額を、何年掛けて、何%で」運用、または毎月積立てなければいけないのかもわかります。

*「老後」について~その3【老後の必要保障額の考え方】

*「生活設計に関するデータ」〜老後編【生活設計・必要資金・年金】

*つまりは”「いつまで」に「いくら」貯めたいのか?”という発想で考えてみると良い

 

3.)下記のリスクに対して、ご自身ではどれが保険加入の優先順が高いのかを決め、お知らせ下さい。

・死亡保障
・医療保障
・老後資金
・学資資金
・3大疾病(がん・心筋梗塞・脳卒中)
・介護
・就業不能
・相続対策(相続税納税対策)
 

4.)毎月の支払に充てられる上限金額をお知らせ下さい。

 

Point

多くの方が「毎月何となく支払っている保険」という商品は、実はトータルでは数千万円の支払にもなるような高額な買い物です。「お金を殖やす」には、できるだけムダな保険に加入しないのが一番良い方法です。これらの作業は、今後数十年のことを考えれば、それほど手間暇の掛かることではありませんので、是非一度行ってみて下さい。その上でご相談頂ければ「国内・海外の中から、今あなたにBESTな保険のアドバイス」を致します。もちろん無料です。

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

つまりは”「いつまで」に「いくら」貯めたいのか?”という発想で考えてみると良い

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は”「いつまで」に「いくら」貯めたいのか?”とい

記事を読む

「法人で加入する保険」保険を使った節税とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は法人の保険を使った節税について少しお話したいと思

記事を読む

保険を売りたい人の思考回路を理解しておこう

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、先日ご紹介したYahoo知恵袋での相談事例につ

記事を読む

生前贈与〜その3「留意すべきポイント」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。前回に引き続き『生前贈与』についてお話したいと思います

記事を読む

ある保険トップセールスの『マニュライフ生命・こだわり個人年金』へのホンネ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『ある保険トップセールスの『マニュライフ生命・こ

記事を読む

アクサ生命「ユニット・リンク」と、あんしん生命「マーケットリンク」を比較する

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はアクサ生命「ユニット・リンク」と2017年8月2

記事を読む

アクサ生命「ユニット・リンク」の契約理由・第1位【老後資金】・第2位【学資資金】〜それ入っちゃダメです

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日はアクサ生命「ユニット・リンク」の契約理由第1位

記事を読む

「老後」について~その3【老後の必要保障額の考え方】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日も引き続き“老後”をテーマにしたお話し〜その3です

記事を読む

「万が一の必要保障額」ってどれくらい?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日のテーマは昨日のテーマに関連して、“必要保障の考え

記事を読む

皆さん、銀行の利率に不満ですか?「YES」/では、保険の予定利率に不満ですか?「!?」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「利率(利息)」に関するお話。 さて

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑