オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

相談事例:月4万でおすすめプランありますか? 目的は「老後資金」や「学資保険」です

公開日: : 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

奥様が保険加入を検討していたところ、ご主人が「ここに相談したら」と、弊社をススメてくれたそうです。

「Good Job!!ご主人」

 

 

【質問】

お世話になります。

当方、36歳年収450万です。

月額4万で55歳満期の低解約返戻金型生命保険(三大疾病特約付)に入ろうとしたら、夫にこちらに相談するように勧められました。月4万でおすすめプランありますか?

目的は、老後資金や学資保険です。

以上、よろしくお願いいたします。

 

【回答】

月額4万で55歳満期の低解約返戻金型生命保険(三大疾病特約付)に入ろうとしたら、夫にこちらに相談するように勧められました。月4万でおすすめプランありますか?

頂いた情報では、どの保険会社で検討されていたのかわかりませんので、私の調べた限りで一番条件の良い日本の生命保険会社の「低解約返戻金型終身保険」でご案内します。保険料の安さですとメットライフ生命になると思いますが、払込終了後の返戻率の高さはAIG富士生命の方が良いので、まずそちらで試算します。

*「低解約返戻金型保険」とは?

 

低解約返戻金型終身保険【条件】

・女性 36歳

・保険期間:終身

・払込期間:55歳

・保険金額:1,500万円

◯AIG富士生命「E終身」

・月払保険料:44,190円

・保険料総支払額:10,075,320円

・解約返戻金(20年目):11,187,000円

・返戻率:111.0%

*新しい教育費の貯めかた?「低解約返戻金型終身保険 の学資プラン」

 

もし、(三大疾病特約付)というのが「三大疾病保険料免除特約」のことであれば、保険の仕組み上、マニュライフ生命が一番オススメですので、その場合はこちらになります。

◯マニュライフ生命「こだわり終身」非喫煙体

・月払保険料:43,895円

・保険料総支払額:10,008,060円

・解約返戻金(20年目):10,252,500円

・返戻率:102.4%

*マニュライフ生命の終身保険「こだわり終身保険v2」~30歳男性ランキング1位

 

まず、生命保険加入にあたって一般的な考え方ですが、生命保険の死亡保障というのは、万が一があった場合「誰が、金銭的にどれくらいリスクがあるか?」平たく言えば「誰がどれだけ金銭的に困るのか?」で、加入するべきものです。つまり、◯◯さんに万が一があった場合に「どなたが」「どれくらい」金銭的にお困りになるか?ご主人に万が一があった場合に「どなたが」「どれくらい」金銭的にお困りになるか?ということですね。詳しく書いていますのでこちらを参考にして、ザックリで構いませんから一度、試算されてみて下さい。

*生命保険が不必要な人

 

必要保障額の考え方はこちらを参考にして下さい。

*「万が一の必要保障額」ってどれくらい?

 

目的は、老後資金や学資保険です。

老後資金や学資資金などの「貯蓄」を目的にするのであれば、「低解約返戻金型終身保険」はオススメしません。

これは「保険」であり、保険以外の何ものでもありません。「保険」という機能に一部、「運用」という機能が付いているものです。ですから、死亡保障のコストが保険料から差引かれ、その残りが運用にまわっています。つまり、毎月支払う保険料が運用(貯蓄)にダイレクトに回っていません。老後資金や学資資金として「お金を殖やしたい」というニーズであれば余計なコストはなるべく取られすに、運用に回された方が良いのは明らかですね。

上記の試算をみて頂いてお分かりのように、20年かけてわずか10%程度しか殖えていません。今後、日本がインフレとなれば実質は元本割れになっていまいます。保険は保険、貯蓄は貯蓄で分けて考えましょう。もし、保障が必要であれば収入保障保険などの割安な保険で準備し、老後資金や学資資金は「海外積立年金」が最も良い選択肢だと思います。

*インフレ対応していなければ、あなたの保険は吹き飛びます

*「収入保障保険」とは?

 

「海外積立年金」には次の2つの種類があります。

1)「変額年金プラン」

ボーナス金利を積立額に応じて1~5%/年必ずもらいながら、世界にある200本ほどあるファンドからポートフォリオを組んで積立投資するものです。

ご自身でポートフォリオを組み、運用することもできますが、弊社の推奨するポートフォリオで運用することも可能です。

弊社のご案内しているポートフォリオでは年率平均リターンは10.24%となっています。

 

2}「140%元本確保型年金プラン」

15年後に積立た金額の+40%を最低保証した上で、米国の株式に連動し更に殖えて受けとれることができるものです。

真純さんのニーズであれば、こちらで毎月約40,000円を積立てるのがオススメです。

老後資金としても、学資資金としても利用できます。

仮に月々約40,000円を15年間積立た場合は(*1USD=120円)

・330USD(約40,000円)✕15年=59,400USD(約7,128,000円)

・15年後:59,400✕140%=83,160USD(最低保証 約9,979,200円)

・返戻率:140%最低保証

 

Point

現在の日本の生命保険が提供する”史上最低の金利”の下で貯蓄性の商品に入るのは絶対にやめましょう!

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

相談事例:現在妊娠中、不妊治療で授かることができましました。かんぽ生命学資保険加入を検討しています。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:マニュライフ生命「こだわり個人年金保険」アクサ生命「ユニット・リンク」メットライフ生命「USドル建終身保険」で迷っています

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:積立型の保険に加入希望、利率の良い海外積立をご紹介頂ければ幸いです。

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思いま

記事を読む

相談事例:学資保険は入った方がいいですか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

相談事例:大同生命からソニー生命「総合医療保険」を検討しています(43歳 会社員 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:現状保険未加入ですがどの保険に入るか検討中「マニュライフ生命こだわり終身v2」「オリックス終身保険rise」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:スナックの服を営業の服として利用している同期がいるのですが、どうなんでしょう?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。いつもはクライア

記事を読む

相談事例:1歳の息子の「学資保険」色々ありすぎてどこが良いのかわからず中々決まりません。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

相談事例:住友生命の個人年金「たのしみワンダフル」について質問です(36歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

相談事例:未婚です。まだ結婚の予定はありません。老後が不安です。資産形成をしていきたいと思っています。(男性 23歳 公務員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑