K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

相談事例:子供が成人したら妻と二人で海外移住したいねと言っております(男性 28歳 会社員:NKSJひまわり生命加入)

公開日: : 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

「子供が成人したら妻と二人で海外移住したい」と考えていらっしゃるご夫婦からです。

これくらい若いうちから準備すれば、かなり計画的に用意が出来ますね。

後は実行あるのみです!

 

【質問】

□ご年齢

27歳

 

□家族構成

妻:28歳

 

□職業

会社員

 

□年収(税引き前)

400

 

□預貯金額(含む投資商品)

400

 

□現在加入中の保険

私…NKSJひまわり生命低解約返戻金型終身保険「一生のお守り」 月払:4890円  

私…NKSJひまわり生命 医療08 「健康のお守り 」 月払:7941円  

妻…NKSJひまわり生命 医療 10年払込タイプ 月払:25329円  

 

□保険に加入した理由

私は独身時代に加入。

妻は子供が小さい頃に保険を終わらしたいということで10年で払込が終わるものにしました。

 

□その他、人生においてどのようなことを目標としているか、何が不安か、などあればなんでもお聞かせください。

来年、家を建てたいと思っています。

そして、子供が成人したら妻と二人で海外移住したいねと言っております。

今の保険がこのままで良いのか…最近疑問に思ってきました…

よろしくお願いします。

 

【回答】

現在加入中の保険:NKSJひまわり生命低解約返戻金型終身保険「一生のお守り」 月払:4890円・NKSJひまわり生命 医療08 「健康のお守り 」 月払:7941円・NKSJひまわり生命 医療 10年払込タイプ 月払:25329円  

こちらの情報だけですと、いつ加入され、どのような保障内容かはわかりませんのでそれを前提にお話させて頂きます。

ご主人は

・死亡保障

・医療保障(がん、三大疾病保障は?)

 

奥様

・医療保障(がん、三大疾病保障は?)

で、加入されていますね。

 

私は独身時代に加入

終身保険のような貯蓄性のある保険に若い頃に加入するのは賢明です。

ただし、加入時期によります。

ここ数年の日本の保険会社の商品は史上最低の固定利率(正確には予定利率と言います)で終身保険や、学資保険、個人年金保険など貯蓄性のある保険に、特に長期で加入することは得策とは言えません。それは、15年~30年の期間を超低金利の利率で縛られた上に、途中で見直そうと思っても支払中のほとんどの期間で元本割れとなるからです。また日本は現在、円安&インフレ(物価が上がってお金の価値が下がること)方向へシフトしようとしています。仮にインフレ率を2%だとすると、20年後には最低でも30%くらい増えていなければ実質、元本割れです。

*インフレに対応していなければ。あなたの保険は吹き飛びます

 

ただ、NKSJひまわり生命低解約返戻金型終身保険「一生のお守り」は特定疾病保険料払込免除特約を付けているのであれば悪くないですね。

同時期に、マニュライフ生命の「こだわり終身保険」と比較されましたか?非喫煙で健康な男性でしたら、マニュライフ生命の商品の方が保険料や解約返戻率など全体的な条件は有利だったと思います。加入し直したほうが得かどうかは今の情報だけでは判断しかねます。

*マニュライフ生命の終身保険「こだわり終身保険v2」~30歳男性ランキング1位

 

妻は子供が小さい頃に保険を終わらしたいということで10年で払込が終わるものにしました!

まず、医療保険に関しては加入の必要がどの程度あるのか?本当に必要か?

また、お勤めのようですから会社の福利厚生や団体医療保険などもお調べになることをオススメします。

*医療保険って必要?「高額療養費制度」とは

 

その上で、

保険という商品は短期で支払を終えるほど総額で支払う保険料が安くなりますから、良いお考えです。

しかしながら、医療保険やがん保険などに関してはあまりオススメしていません。

それは治療方法の医学的進歩や国の医療制度(点数)の変更などにより、これらの商品は保険商品の中でも一番、時代とともに保障内容が変わってくるからで、その理由から、加入後に一番見直しが行われる保険種類です。お若い時に加入され、短期間で支払をお済ませになりたいお気持ちはわかるのですが、保障内容がその時代の治療と見合っていなければ「ムダ」になってしまう可能性があります。

とは言っても既に数年支払っているのであれば、残りの何年かを支払って一生涯の保障を得るのが◯◯さんにとってはムダにならない方法かもしれません。

 

来年、家を建てたいと思っています。

お子さんが生まれる時と住宅購入時は必要保障額が大きく変わるタイミングです。

おそらく団体信用生命保険に加入される思いますので、その時はまた保障内容の見直しをされると良いでしょう。

*「万が一の必要保障額」ってどれくらい?

*「逓減定期保険」「団体信用生命保険」とは?

 

そして、子供が成人したら妻と二人で海外移住したいねと言っております。今の保険がこのままで良いのか…最近疑問に思ってきました…

拝見する限り、特にお二人ともに準備出来ていないのが「老後資金」だと思います。

奥様と2人で海外移住も視野にいれているのであれば、外貨で積立を行うのが最適です。

 

「海外積立年金」には次の2つの種類があります。

1)「変額年金プラン」

ボーナス金利を積立額に応じて1~5%/年必ずもらいながら、世界にある200本ほどあるファンドからポートフォリオを組んで積立投資するものです。

ご自身でポートフォリオを組み、運用することもできますが、弊社の推奨するポートフォリオで運用することも可能です。

 

2}「140%元本確保型年金プラン」

15年後に積立た金額の+40%を最低保証した上で、米国の株式に連動し更に殖えて受けとれることができるものです。

老後資金としても、お子さんの学資資金としても利用ができます。

 

Point

「積立」は一日でも早く開始するほど有利なものです。
慎重に検討するのはもちろん大切ですが、慎重になり過ぎずて先送りにしてしまうのも良くありません。
「決断したらすぐ実行」これが大事です。

*積立るなら1日でも早いほうが良い

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

相談事例:積立利率変動個人年金保険(レグルスⅢ:米ドル建2005)について教えて下さい

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:アリコの円建保険金額保証特約付新終身保険(ドル建)に入っています。最後まで払い続けた方が有益でしょうか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼を頂いた方の事例を紹介したいと思

記事を読む

相談事例:言われるがまますべてフコク生命の保険に加入しています。保険について見直したい(49歳 夫婦)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:今現在が満69歳、年齢制限が69歳の保険には入ることは可能でしょうか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:自営業をしてますが、休業保障?けが?病気?働けなくなった時の保険ありませんか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:販売方法が完全に”アウト”なFP@アクサ「ユニット・リンク」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談事例を紹介したいと思います。またしても、ヒド

記事を読む

相談事例:0歳の子供がいます。ソニー生命の学資保険三型を検討していますがどうですか?

あなたの生命保険を無料診断(所要3分) ↓↓↓ 皆さんこんにちは「保険アドバイ

記事を読む

相談事例:1,000万円をドル建で老後資金の為に運用するとして,おすすめの商品を知りたいです(40歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。

記事を読む

相談事例:転換の契約をさせに来て、こちらの意向と異なる保険を契約させたことが非常に心外です

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:今、医療保険とガン保険に入ろうと思っているので、その相談をしたいです(30代前半 ご夫婦)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑