K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

相談事例:一番の不安は、国内資産だけで老後生活をまかなえるかということです(男性 61歳)

公開日: : 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

35年間の会社員生活を終えられ、現在は年金で暮らしている方からのご相談です。

35年という月日には、私には分からいような、いろいろなご苦労があったと思います。

ぜひ、ゆっくり、充実したセカンドライフを送られると良いですね。

 

【質問】

□ご年齢

61歳

 

□家族構成

妻:61歳

長男:30歳

二男:27歳

三男:27歳

 

□職業

年金生活者

 

□年収(税引き前)

400

 

□預貯金額(含む投資商品)

7,000

 

□現在加入中の保険

グループ(死亡)保険(5年更新・75歳で終了)

アフラックがん保険(終身・夫婦特約付き)  

メットライフ医療保険(10年更新・夫婦特約付き)  

明治安田「虹色きっぷ」(年金保険?)

アメリカンホームがん保険(診断一時金のみ)  

府民共済  

障害(事故など)保険

火災保険

 

□保険に加入した理由

職場や銀行で薦められてなんとなく。母ががんで命を落とした。

 

□その他、人生においてどのようなことを目標としているか、何が不安か、などあればなんでもお聞かせください。

<人生の目標>

もう還暦を過ぎているので、大きな夢を持っているわけではありませんが、充実した老後を過ごしたいです。

2014年に定年退社。35年間の会社員生活を振り返り、充電してきました。

<不安>

海外資産は◯◯家の財産として、遺してやりたい。

一番の不安は、国内資産だけで老後生活をまかなえるかということです。

 

【回答】

現在加入中の保険・グループ(死亡)保険(5年更新・75歳で終了)・アフラックがん保険(終身・夫婦特約付き)・メットライフ医療保険(10年更新・夫婦特約付き)・明治安田「虹色きっぷ」(年金保険?)・アメリカンホームがん保険(診断一時金のみ)・府民共済・障害(事故など)保険・火災保険

 

頂いた情報の限りでのアドバイスとしましては、一生涯の保障はがん保険のみで、その他は更新型でご契約のようですね。

更新型は当初の支払金額は安く抑えられますが、更新毎に保険料が上がり、総支払額では割高となることが多いので、私はあまりオススメしません。

また、夫婦型の保険もあまりオススメできません。恐らくご加入中のアフラックのがん保険は「スーパーがん保険」「21世紀がん保険」かと思います。ご主人が万が一亡くなった場合でも、保険料を支払えば奥様の保障は継続できると思いますが、保険料は変わりません。保険は「必要な人」に「必要な分(保障額)」をそれぞれで加入する方が結果的には良い場合が多くあります。

 

現在ご加入中の保険をより詳しくアドバイスをご希望の際は、証券分析」お申し込み下さい。

私の方で一覧表にまとめ、ケースバイケースですが見直しの代替え案をご提案します。

※国内生命保険の保険証券分析はこちら(3,000円/回)

(いくつ保険に加入していても、すべてまとめて3,000円で診断します。いつでもメール回答。面談不要。)

 

保険に加入した理由:職場や銀行で薦められてなんとなく。母ががんで命を落とした。

保険はマイホームに次ぐ高い買い物と言われています。これを機に一度見直しをされてはいかがかと思います。

私の経験では、今まで同様の保険証券分析を行ってきて、見直しをしなくてよかったケースは全体の10%程度しかありません。

このままご自身にBESTではない保険を続けるよりも、後悔をしない結果を提示できるかと思います。

*【第42回】合計16個の生命保険に加入されていた方の証券分析の結果です。【岐阜県 主婦 40代前半 女性】

 

<人生の目標>もう還暦を過ぎているので、大きな夢を持っているわけではありませんが、充実した老後を過ごしたいです。2014年に定年退社。35年間の会社員生活を振り返り、充電してきました。<不安>海外資産は小西家の財産として、遺してやりたい。一番の不安は、国内資産だけで老後生活をまかなえるかということです。

◯◯さんにとって「充実した老後」のためにはどれくらいの”老後資金”が必要になるかを把握する必要がありますね?

皆さんそれぞれ、現在の預貯金などの資産、老齢厚生年金、退職金などによって違ってきます。

一般的な計算方法がこちらに詳しく書いてありますので、ザックリで構いませんから一度計算されてみて下さい。

一番ご不安に感じている「老後生活をまかなえるか」が具体的に数字で見えてきます。

*「老後」について~その3【老後の必要保障額の考え方】

*「生活設計に関するデータ」~老後編【生活設計・必要資金・年金】

 

預貯金額(含む投資商品);7,000

こちらに関しては、金利のつく商品で運用されてはいかがかと思います。

リスクをそれほど取らなくても、海外には3%/年や8%/年という5年満期の商品があります。

投資ヒアリングシートにお答え頂ければ、◯◯さんに良いと思われる商品をご案内します。

 

皆さんもお気軽にご相談下さい。もちろん無料です。

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

無料直接相談はこちらから

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

相談事例:保険の窓口みたいなとこに学資保険相談に行ったらアクサのユニットリンク1点のみを勧められました。なぜそれ一択なのか疑問です(35歳 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:言われるがまますべてフコク生命の保険に加入しています。保険について見直したい(49歳 夫婦)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:「マーケットリンク」をFPからススメられている時にこのHPを見ました

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:子供も生まれるので学資保険的(短期貯蓄型)なものと年金的なもの。死亡保険(貯蓄型)があるも(23歳 主婦)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談実践事例:和田式「これがわかれば〈国内・海外〉の中から、今あなたにBESTな保険のアドバイス」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受け、私の質問に回答頂いた事例を

記事を読む

相談事例:以前、医療保険とがん保険のアドバイスをした方からの追加相談(37歳 女性 独身)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:「割高な金額を払っているのでは?」現在『未来デザイン1UP』を契約しております(24歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:今まで都民共済に入っていたが、保障内容が減っていくこと、85歳までしか加入できないことが気になってきた

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:明治安田生命「ベストスタイル」/かんぽ生命「ながいきくん」 保険の見直しを検討(夫42歳/妻35歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:自律神経の薬を呑んでいると薬をやめて一年経たないと先進医療がつけられません(55歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑