ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

相談事例:主人が忙しくしているため私一人で色々調べすぎて途方にくれている状況です(夫48歳・妻31歳)

公開日: : 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

生命保険の加入を「ご主人任せ」「奥さん任せ」にされているご家庭は結構多いもの。

生命保険はご家族の大切な財産です。任せっきりにせず、お二人で確認しましょうね。

この奥様は外国に住んでいたこともあり、広い視野で保険の加入を検討できる方です。

 

【質問】

はじめまして、

私の年齢は31歳(個人事業主)、主人48歳(会社オーナー)の歳の差のある夫婦です。

老後、子供(今後考えております)への資金をどのように貯めていったら良いか考えているところこちらのサイトを見つけました。

私は20代の頃、海外に5年間住んでいまして、保険に無知だったため最近やっと医療保険、がん保険には入ったのですが、特別生命保険には加入しておりません。

主人は国民年金、がん保険、主人のお母さんが加入してくれている個人年金と500万円の死亡保障の保険には入っております。

今後子供が出来たら今やっている仕事をいつまで続けられるかがわからないので少しでも今ある貯金を増やす方法をと思い保険の窓口で話を聞きに行ったのですが、メットライフ生命のUSドル建IS終身保険とアクサ生命のユニットリンクを勧められています。

一部のお金をドルで持っておいた方がいいと思っているのと、積立投資でお金を増やすという部分でこちらの保険を勧められたのですが色々と調べている中で死亡保障は死亡保障で、積立は積立で行って行く方が良いのではと悩んでおります。主人が忙しくしているため私一人で色々調べすぎて途方にくれている状況です。。

自分が納得しないと始められないと思い、投資の経験が全くないのでやっと今本を読んで勉強中なのですが、少しでもご意見を聞かせて頂けますと幸いです。

 

【回答】

私は20代の頃、海外に5年間住んでいまして、保険に無知だったため最近やっと医療保険、がん保険には入ったのですが、特別生命保険には加入しておりません。

まず、生命保険加入にあたって一般的な考え方ですが、生命保険の死亡保障というのは、万が一があった場合「誰が、金銭的にどれくらいリスクがあるか?」平たく言えば「誰がどれだけ金銭的に困るのか?」で、加入するべきものです。◯◯さんに万が一があった場合に「どなたが」「どれくらい」金銭的にお困りになるか?ご主人に万が一があった場合に「どなたが」「どれくらい」金銭的にお困りになるか?ということですね。詳しく書いていますのでこちらご参考にして下さい。

*生命保険が不必要な人

必要保障額の考え方はこちらを参考にして下さい。

*「万が一の必要保障額」ってどれくらい?

 

また、医療保険やがん保険は保険会社の非常に儲かる商品です。確率論ではありませんが、殆どの方が支払うよりも受取る金額の方が少なくなっています。

日本では高額療養費制度という社会保障制度もありますのでそちらも含めて検討、ご確認下さい。

*医療保険って必要?「高額療養費制度」とは

 

一部のお金をドルで持っておいた方がいいと思っているのと、積立投資でお金を増やすという部分でこちらの保険を勧められたのですが色々と調べている中で死亡保障は死亡保障で、積立は積立で行って行く方が良いのではと悩んでおります。

◯◯さんの、この考え方であっています。

なぜ日本円以外に外貨を持つべきか?なぜ「ユニット・リンク」に貯蓄目的で加入してはいけないのか?

特に「死亡保障は死亡保障で、積立は積立で」の理由は具体的な数字を使って解説していますので参考にして下さい。

*「預金封鎖」と「デノミネーション」

*それでも”円”だけを持ち続けますか?【外貨を持ったほうが良い理由】①

*”保険は保険・貯蓄は貯蓄” なぜ「ユニット・リンク」や「バリアブルライフ」に加入してはいけないのか?【保険は貯蓄も兼ねません】

*アクサ生命「ユニット・リンク」の契約理由・第1位【老後資金】・第2位【学資資金】~それ入っちゃダメです

 

ブログにも書いていますが、お金を殖やしたという目的には「海外積立年金」が最もオススメです。

◯◯さんの不安視している日本に対するリスク分散もされますし、もちろん殖やすこともできます。複利運用は早くに開始するほどその効果も大きくなりますので、◯◯さんのようにお若い時から複利で運用し殖やしていきましょう。国民年金もアテになりませんから、老後資金の準備は自助努力以外ありませんね。

*違い知ってますか?「単利」「複利」とは?

 

「海外積立年金」には次の2つの種類があります。

 

1)「変額年金プラン」

ボーナス金利を積立額に応じて1~5%/年必ずもらいながら、世界にある200本ほどあるファンドからポートフォリオを組んで積立投資するものです。

ご自身でポートフォリオを組み、運用することもできますが、弊社の推奨するポートフォリオで運用することも可能です。

 

2}「140%元本確保型年金プラン」

15年後に積立た金額の+40%を最低保証した上で、米国の株式に連動し更に殖えて受けとれることができるものです。

老後資金としても、お子さんがお産まれになった時は学資資金としても利用ができます。

 

主人が忙しくしているため私一人で色々調べすぎて途方にくれている状況です。。自分が納得しないと始められないと思い、投資の経験が全くないのでやっと今本を読んで勉強中なのですが、少しでもご意見を聞かせて頂けますと幸いです。

その通りですね。ご自身で納得されないまま加入してはいけません。

◯◯さんのように、保険を”奥さん任せ”にしている方も多くいらっしゃいますが、特に保険という商品は長期に渡り、また高額な支払になってきますから、本当はちゃんとお二人で納得いく上で加入した方が良いですね。

 

もし、皆さんも何かわからないことがあればいつでもお気軽にご相談下さい。

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

証券分析事例:定年を迎え「国内資産だけで老後生活をまかなえるか不安」ということで保険見直し

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は証券分析事例を紹介したいと思います。(*ご本人か

記事を読む

相談事例:シングルで子育てをするのに、保険の選び方がよくわからなくなっております

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:無料相談の会社のプランナーさんに医療保険「メディカルキットNEO」、年金保険「こだわり個人年金」を勧められています(女性 46歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:主人(38歳)の収入保障の保険を検討中です。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:保険の見直しを検討しています(30歳男性 独身)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:明治安田「NewグランドスラムEタイプ」保険見直し中でいろいろと見ています(45歳 男性 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:出産前に医療保険含め、全てを見直したいです(38歳 非常勤講師)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:高血圧と高コレステロールのため現在服薬中。持病があっても加入出来ますか?(60歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:未婚です。まだ結婚の予定はありません。老後が不安です。資産形成をしていきたいと思っています。(男性 23歳 公務員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:52歳から個人年金に入りたい!お薦めの個人年金はどこ?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑