K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

相談事例:子供(男子12歳)の将来のことを考え、子供を被保険者にして、ソニー生命の変額保険を契約しようか検討しています

公開日: : 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

お子さんのためにソニー生命の変額保険「バリアブルライフ」を検討されている方からの相談です。

親御さんの思いをきちんとお子さんに残してあげたいですね。

 

【質問】

初めましてよろしくお願いします。
子供(男子12歳)の将来のことを考え、子供を被保険者にして、ソニー生命のバリアブル変額保険終身型に60歳払込で1,000万円を契約しようかと検討しています。現時点で契約すれば保険料が安く抑えられること、この保険がインフレ対応であること、子供への資産移転の意味合いにもなることを理由に契約してもよいかなと考えていますが、ご意見頂けませんでしょうか?
なお、月々の保険料支払いについては、子供が成人したタイミング等で子供に変更するか、もしくは全額払済にして子供に渡すことを考えています。

 

【回答】

子供(男子12歳)の将来のことを考え、子供を被保険者にして、ソニー生命のバリアブル変額保険終身型に60歳払込で1000万円を契約しようかと検討しています。現時点で契約すれば保険料が安く抑えられること、この保険がインフレ対応であること、子供への資産移転の意味合いにもなることを理由に契約してもよいかなと考えていますが、ご意見頂けませんでしょうか?


お子さんの将来のことを思いご両親としてはいろいろ考えられるものですよね。
私も一人の子の親としてお気持ちはよくわかるつもりです。
 
検討されているソニー生命の「バリアブルライフ」のような変額保険はある程度インフレ対応しますので、これからはこのような保険を選択するのは正しいお考えです。保険料の安さであればジブラルタ生命の「米ドル建終身保険(低解約返戻金型)」の方が安くなります。

*8月からファンド規制・ソニー生命の変額終身保険「バリアブルライフ」

*ジブラルタ生命の「米ドル建終身保険(低解約返戻金型)」~30歳男性ランキング1位

 

しかしながら今回、加入を検討されている保険の契約形態には少し疑問符がつきます。
 
・契約者:親
・被保険者:子
・保険金受取人:親
 
一般的にこの契約形態は親が健康上の理由などで保険加入ができない場合に、相続対策として用いる契約方法です。
(資産移転であれば親が保険料を子に贈与して契約者を子とする方が、より良い方法です)
 
生命保険の死亡保障というのは、万が一があった場合「誰が、金銭的にどれくらいリスクがあるか?」平たく言えば「誰がどれだけ金銭的に困るのか?」で、加入するべきものです。◯◯さんが金銭的にお子さんに依存している、つまり、お子さんに食べさてもらっているような状態であれば、お子さんに保険を掛ける意味はあるかと思いますが、そうではないでしょうから今のところお子さんに生命保険を掛ける必要はありません。契約するのであれば被保険者を◯◯さんご本人とし、保険金受取人をお子さんとする一般的な契約が良いでしょう。
 
ただし、お金を殖やすという目的ではこのソニー生命「バリアブルライフ」はオススメできません。
この”保険”はあくまでも”保険”であって、”保険”という機能に一部、”運用”という機能が付いているだけで、支払う保険料には”死亡保障”、ここでは1,000万円の死亡保障のためのコストが掛かっています。死亡保障のコストを差引き、その残りが運用にまわっているわけです。ですから「お金を殖やす」という目的であれば余計なコストはなるべく取られすに、貯蓄や運用にまわした方が良いのは明らかですね。

*”保険は保険・貯蓄は貯蓄” なぜ「ユニット・リンク」や「バリアブルライフ」に加入してはいけないのか?【保険は貯蓄も兼ねません】

 
死亡保障は割安な保険料の「収入保障保険」などで準備し、殖やす目的には「海外積立年金」をオススメします。
ソニー生命の「バリアブルライフ」では運用先の選択はわずか8種類しかなく、しかも8月からは株式系の運用は50%以下という制限付きですが、「海外積立年金」では約200種類のファンドの中から選択し、もちろん制限などもありません。積立金額によって最低でも1~5%の金利が毎年つき、投資先が日本の積立商品よりも良いので、毎年殖やしていけるようなインフレにも対応したポートフォリオを設定することができます。現在ご案内しているポートフォリオでは毎年約10%での運用成績となっていますので、複利で運用されると非常に有利だと思います。

*違い知ってますか?「単利」「複利」とは?

 

なお、月々の保険料支払いについては、子供が成人したタイミング等で子供に変更するか、もしくは全額払済にして子供に渡すことを考えています。

一般的な生命保険契約として参考までに申し上げますと、お子さんが成人して契約者を変更しますと、その後の解約返戻金などの受取時に贈与対象になってしまいますのでお辞めになったほうが良いです。その時点で払済にするか、60歳までお支払いになり、◯◯さんがお亡くなりになった時点で契約者変更を行ったほうが良いですですね。

*「お子さんのために」ご両親が保険料を支払う契約はご注意下さい

*保険の見直しはいろいろあります「解約」「減額」「払済」「延長定期」「コンバージョン」

 

皆さんも、もし検討している保険で質問などがあればお気軽にご相談下さい。

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

相談事例:保険はアフラック「終身」とAIG「ガン保険」貯金として「ユニットリンク」を勧められています(45歳 女性 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:マニュライフ生命「こだわり個人年金」に加入したが疑問を感じwebで調べていたところ御社記事を拝見しました

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:本当?保険設計する上で既契約を知らずに設計すると法律違反になると言われました

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:子供が成人したら妻と二人で海外移住したいねと言っております(男性 28歳 会社員:NKSJひまわり生命加入)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:海外生命保険に興味を持ちましたが 有名な会社なのでしょうか?日本のように倒産する可能性はあるのでしょうか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:ブログを拝読させていただき、ご意見とご提案をいただければと(30歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:ユニット・リンクに入りましたが「補償は補償」「投資は投資」で分けるべきか悩み中

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:ドル建保険は為替の変動により確実ではないのですか?元本割れはしないのでしょうか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:三井生命の個人年金「ドリームフライト(豪ドル建)」加入を検討中。デメリットを把握したいです。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:学資保険か財形貯蓄?どちらが良く貯まりますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑