K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

自分たちで保険会社を作る「キャプティブ」とは?

公開日: : 最終更新日:2016/02/12 保険・特約種類, 保険用語集

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。

今日は「キャプティブ」についてお話したいと思います。

 

恐らくほとんどの皆さんが「キャプティブ」と聞いて?だと思います。

まだ、日本ではあまり馴染みがありませんからね。

正確には「キャプティブ保険会社」と言って「親会社が所有する専属の保険子会社のことで、一般の損害保険会社のように不特定多数の顧客を対象にするのではなく、保険業を営んでいない特定の企業(あるいは企業グループ)に属し、その企業のリスクのみを専門に引受ける保険会社のことです。

会社といってもバミューダ、シンガポール、ケイマンなどといったオフショアの地域やハワイ、ミクロネシアなどの地域にペーパーカンパニーを作り、自社グループの保険を引き受けた元受保険会社から再保険に出してもらい、そこからまた一般の保険会社などに再々保険に出して、自社グループが支払う莫大な保険料をこのキャプティブ経由により自社に還流させるシステムとして活用します。仕組みは非常に複雑で自社契約を引き受けている元受保険会社の協力が必要不可欠です。日本では国内にキャプティブ法が無いため国内に設立はできません。

 

ん〜おわかり頂けましたか?

もっとザックリ、簡単に言うと”大企業”は、自らが保険会社の業を営まなくとも(そもそも簡単に銀行や保険会社は作れませんし)保険会社の協力の下、自分たちが保険会社のような役割の会社を持てれば、保険代理店に支払う手数料が圧縮できたり、有名なタレントさんを使ってCMを作る必要もなければ、パンフレット類にお金を掛ける必要はありませんよね。また、加入者が自社のグループ=不特定多数ではないのでリスク算定もしやすいため、余計なリスク保険料も節約できます。保険会社としてみても、大きな企業しか相手にしないので、ビジネススケールとしてはそれなりに大きなものとなるので、決して悪い話ではないわけです。

そのため、欧米では今や当たり前の仕組みとなっていて、フォーチュン・トップ500社の約80%以上がキャプティブ保険会社を設立しているなど、その総数は米国だけでも2,000社以上、全世界では約6,200社以上に達していますが、最近は日本でも大手電機・医薬メーカー、総合商社、海運会社等100社以上の大手企業がこのキャプティブを持っています。

キャプティブ

これに似たようなもので、「自家保険」というものがありますが、これはあくまで保険をかけずに自社でその分の保険料を積み立てているだけで、充分な積立金が貯まる前に事故が発生すれば、その仕組自体も崩壊しますし、最悪の場合は倒産もあり得ます。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

「定期特約付終身保険」とは?

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「定期付き終身保険」のお話です。 定

記事を読む

「乗合代理店」「専属代理店」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「乗合代理店」「専属代理店」についてお話

記事を読む

「払込」に関する用語【保険料払込期間・一時払・有期払・終身払・全期払・短払・月払・半年払・年払・前納・全期前納・平準払込方式】

  皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「払込」に関する用語についてご説明し

記事を読む

「告知義務」「解除」「不告知教唆」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「告知義務」「解除」「不告知教唆」につい

記事を読む

あれ?違うの?「平均寿命」「平均余命」とは?

  皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「平均寿命」「平均余命」について簡単

記事を読む

「責任開始日」「契約日」「始期指定」とは?

  皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「責任開始日」「契約日」「始期指定」について

記事を読む

「生命保険募集人・募集人資格」「トータル・ライフ・コンサルタントTLC」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「生命保険募集人・募集人資格」「トータル

記事を読む

「養老保険」とは?

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。生命保険の基本形である「定期保険」「養老保険」「終身

記事を読む

「保険証券」「約款」とは?保険証券は親族の間でシェアして下さい

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険証券」と「約款」についてご説明したいと思い

記事を読む

「三大疾病保険・特定疾病保険」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「三大疾病保険・特定疾病保険」についてお

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑