オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

11月2日販売開始〜東京海上日動あんしん生命の医療保険「メディカルKit NEO」

公開日: : 最終更新日:2015/11/12 保険商品

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は11月2日から販売開始、東京海上日動あんしん生命「メディカルKit NEO」につてお話したいと思います。

メディカルKitNEO

 

この商品はこれまで販売していた医療保険「メディカルキットKit」の後継商品となります。正直、今までの「メディカルKit」はヒドかった(笑)です。

あまり他社の商品に惑わされることなく、流されることなく、独自路線を歩む「あんしん生命」でしたので、それはそれで「メディカルKit R」のような少し他社とは違ったユニークな商品があり、

*医療保険を「とりあえずタダ」にする?東京海上日動あんしん生命「メディカルキットR」

 

個人的には割りと好きな保険会社のひとつですが「メディカルKit」に関してはそれが逆にアダとなり、悪い方向で他社とは違った路線を歩んでいました。とにかく、他社と比較すると保険料が高い、その割には他社では付けることができるような特約が用意されていない。

今回に限ってはかなりプライドを捨て、他社の”イイトコ取り”で勝負してきたみたいです。契約者の側から見ればそれも”アリ”ですね。

では今回、あるべき方向に向かった「メディカルKit NEO」

まず、スタンダードな保障内容のイメージをご覧下さい。

スクリーンショット 2015-11-06 15.17.51

 

通常の掛捨ての医療保険ですから、これは割りとフツーですね。

では、次に気になる主な変更(改善)点です。

 

入院給付金通算支払限度額730日→1,095日に拡大

他社では当たり前

 

手術給付金(Ⅰ型5・10倍/Ⅱ型5倍)→5・10・20・40倍

充実しました。損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の「新・健康のお守り」と同じです。

*損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の終身医療保険「新・健康のお守り」〜30歳女性ランキング1位

 

特定疾病払込免除特則が”やっと”付けられるようになりました

やっとです(笑)

*「保険料払込免除・P免」とは?

 

初期入院保障特則により入院日数が9日以内の場合は10日分の入院給付金を支払います

これは三井住友あいおい生命の「新医療A」やアフラックの「ちゃんとこたえるEVER」などで”5日分”として扱っています。来月、AIG富士生命でも同じようなタイプが販売されます。

*6月22日商品改定〜アフラックの「ちゃんと応える医療保険EVER」

 

3大疾病の入院支払日数を無制限にできる特約ができました

これも他社では当たり前。どうせならオリックス生命「新CURE」のように七大疾病無制限にして欲しいところです、残念。

*10月2日リニューアル〜オリックス生命 医療保険「新CURE」

 

通院特約

入院前:60日以内

入院後:180日以内(3大疾病は730日以内)

の通院を1入院で30日を限度に保障します。入院前後の通院保障はアフラックの「ちゃんとこたえるEVER」と、入院後の通院ではメットライフ生命の「フレキシィ」などで取扱っていましたが、最近では通院保障が付けられる会社は少なくなっていますので、これも”イイトコ取り”したようです。

 

特定治療支援特約

これは他社よりも良いポイントとして差別化されているところです。

イメージはこちらです。

スクリーンショット 2015-11-06 15.15.15

通常”3大疾病”による給付金の支払ですが、「メディカルKit NEO」では支払回数が無制限ではなく、最大で5回までなどの条件はありますが、3大疾病に加え6大疾病を給付対象にしています。

また”3大疾病”の支払事由を「がん、”急性心筋梗塞”、脳卒中」にしている会社が多い中、「メディカルKit NEO」では”心疾患”にその対象を広げています。これはメットライフ生命の「フレキシィ」と三井住友あいおい生命の「新医療A」などと同じです。

 

5疾病就業不能特約

これも他社よりも良いポイントとして差別化されているところです。これまで同社の収入保障保険に付けることのできた(あんしん生命では家計保障定期保険就業不能保障プランと言います)内容を「メディカルKit NEO」にも応用したんですね。

この特約では「がん、心疾患、脳血管疾患、肝硬変、慢性腎不全」により就業不能状態になった場合、保険期間中(10年更新)は1年に1回、何度でも支払われる保障です。

イメージはこちらです。

スクリーンショット 2015-11-06 15.16.32

 

保険料が大幅に引き下がりました

せっかく新商品になって保障内容が充実し、他社並み又はそれ以上になっていても、今までのように保険料が高くては意味がありませんね。

今回はそこも、他社と”勝負”できるまで十分に見直されたようですから、医療保険に加入の際は比較・検討していてはいかがでしょうか。保障内容と保険料は非常にバランスの良い医療保険だと思います。

 

しかし、その前に・・・

何度もお話していますが、医療保険というのはほとんどの契約者の方は払うよりも、受取る金額のほうが少ない商品で、保険会社にとって非常に利益率の高い保険です。その一例ですが、85歳に亡くなった方の生涯平均入院日数は約40日、90歳に亡くなった方の生涯平均入院日数は55日です。ほとんどの方が「払ったよりも貰っていません」

保険は損得だけのことではありませんので、医療保険やがん保険に加入していたことで“本当に良かった”という方もいらっしゃいますが、ただでさえ、国の制度によって強制的に毎月保険料を支払っているわけですから、更にこれに加えて民間の保険会社の医療保険に加入するのであれば、本当に加入が必要かどうか?日本は高額療養費制度という社会保障制度もあり、お勤めの方でしたら会社の福利厚生などが充実している場合もありますので、そちらも確認してからにして下さいね。

*医療保険って必要?「高額療養費制度」とは

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

お金を銀行に預けておいただけで相続税がタダになる!?「プレミアムファイナンス」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日のテーマは、海外生命保険を活用した相続対策「プレ

記事を読む

オリックス生命の死亡保障付医療保険「Relief W(リリーフ・ダブル)」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はオリックス生命の死亡保障付医療保険「Relief

記事を読む

チューリッヒ生命の終身医療保険「終身医療保険プレミアムDX」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日はチューリッヒ生命の終身医療保険「終身医療保険プ

記事を読む

アフラックの終身保険「WAYS」〜30歳男性ランキング2位

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。2015年11月現在で、30歳男性が最も返戻率(年金総

記事を読む

自由診療でも自己負担0円!?セコム損保のがん保険「自由診療保険メディコム」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日はセコム損害保険のがん保険「自由診療保険メディコ

記事を読む

ヒドイ商品だなこれも@住友生命「未来デザイン1UP」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は2015年9月から発売されている「住友生命 未来

記事を読む

SMBC日興証券5月11日販売開始・第一フロンティア生命「外貨建個人年金ダブル・フロンティア」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はSMBC日興証券から5月11日に販売開始された第

記事を読む

疑われたらすぐに弁護士へ電話「痴漢冤罪保険(?)」9月10日発売開始

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は「痴漢冤罪保険」についてお話したいと思います。&

記事を読む

全額損金の保険はまだまだあります

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『全額損金(全損)の保険』についてお話したいと思

記事を読む

7月2日販売開始〜メットライフ生命の終身医療保険「Flexi(フレキシィ)S」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、メットライフ生命のリニューアルした終身医療保険

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑